1. “モテ”ない自分と決別して、 “モテる”自分をイメージしよう

2016.11.07

“モテ”ない自分と決別して、 “モテる”自分をイメージしよう

クリスマスまであと2カ月“モテ活”スタートしよう!! 前回は“モテ”を妨げている潜在意識の思い込み=メンタルブロックを2つ紹介しました。PART2では残りの2つ。どれかに当てはまれば、それがあなたのモテない原因。その壁を打ち破って、モテ道を邁進しましょう!

“モテ”ない自分と決別して、
“モテる”自分をイメージしよう

モテを妨げるメンタルブロック1、2はコチラ!→http://i-voce.jp/feed/4805/

モテを妨げるメンタルブロック3
”過去の失恋で心が傷ついて、本当の愛を見失っている”

Image title

「彼に振られた後、「次は彼以上の男性を見つけてやる!」と思ったことはありませんか? その時の“彼以上”って、何が以上なのでしょうか? ルックス、お金、育ち? 失恋で心が傷つくと、「彼以上」という条件に縛られて、本当にあなたが望んでいる男性像を見失ってしまい、理想の男性が現れません。イケメンよりも、ツラい時になぐさめてくれたり、ハグしてくれたり、そばにいてくれたり、そんな男性からの愛情を望んでいませんか? お金、ルックスなど条件に縛られていると「その人の年収は? 顔は?」と、つい口をついて質問してしまいます。そんな打算的な女性に男性は寄ってこないですよね? 「いつもそばにいれくれる人がいい、ツラい時になぐさめてくれる人がいい」。理想の彼との関係を具体的に挙げてみましょう。あなたがこうして欲しいという愛情表現をしてくれる男性を選ぶように潜在意識が変わると、その通りの男性が現れます」

モテを妨げるメンタルブロック4
”女性としての、か弱い自分を受け入れらない”

Image title

「バリキャリ系の女性に多いのがこのタイプ。素直に甘えたい、自分は弱いから守って欲しいというのは女性特有の望みです。男性と同等に仕事をする立場の人は特に、こういう女性らしい感情をシャットアウトしています。すると男性から近寄りがたい強い女と思われてしまうのです。そこで、「自分は頑張って仕事をしているけど、弱いし守って欲しいんだ」と、素直に認めること。そして認めたらそれを実行! 男性に限らず自分一人で抱えないで人にお願いしてみましょう。「一人でちょっとさみしいから話を聞いて」と男性に連絡してみたり……。誰にでも遠慮せずに「ヘルプ!」信号を出してみて。そのうち「彼女って仕事を頑張っているけど、女性らしくてかわいい」という評価を得られずはず。男性、女性に限らず、弱みを見せる。練習第一です!」

自分はこのままで最高!と信じて、
幸せなクリスマスをイメージしよう

Image title

「どうですか? どれかにあてはまっていませんか? どれかにあてはまったら、それこそあなたが男性を遠ざけている理由です。4つのメンタルブロックをはずしてマイナスの潜在意識をプラスに変えるだけで、男性が寄って来ます。
潜在意識を変えるためには、これまで否定していた自分を認めてあげること。最初は「地味……」「人より幸せになるのはダメ」「元彼以上の人と付き合わなきゃ」「女の弱みを見せたら負け」とネガティブな潜在意識に引っ張られてしまうかもしれません。そんな時は頭を振って「自分はこのままで最高!」と信じてみて。そして幸せになった自分になりきって、具体的にその未来を手に入れた自分をイメージしましょう。今なら2カ月後のクリスマスの幸せなシーンをイメージ! あなたから発するプラスのオーラが、あなたを幸せにしてくれる男性を引き寄せますよ」

Profile
斎藤芳乃

Image title

マリアージュカウンセラー。女性の恋愛・結婚問題を解決する心の花嫁学校マリアージュスクール主宰。全国で開催される講座には13000人以上の女性が参加。講座を受けた女性から続々と「元彼と復活した」「彼氏ができた」「2カ月で結婚が決まった」など、幸せな報告が届いている。著者に、モテない女子がモテ女子になる奇跡が詰まった恋愛指南本『「愛されて当然」と思うだけで、自分史上最高の彼がやってくる』(大和出版)ほか多数。

Image title

http://saitoyoshino.net/

取材・文/山本美和