美白&UVケア2021

永久保存版【どこよりも詳しい日傘ガイド】傘ソムリエが伝授!“焼けない日傘”の選び方・おすすめ日傘・お手入れ方法!

2021.04.03

永久保存版【どこよりも詳しい日傘ガイド】傘ソムリエが伝授!〝焼けない日傘″の選び方・おすすめ日傘・お手入れ方法!

春の温かさとともに、紫外線が一気に強くなる4月に突入。紫外線ダメージから肌を守るためには、日焼け止めはもちろん、日傘を賢く活用したいもの。とは言え、改めて購入するなら、どんな基準で選ぶべき? そこで、焼けない日傘を選ぶとき、押さえておくべきポイントやコツを、傘への愛と知識があふれる傘ソムリエ・土屋さんに伺いました。日傘選びの参考に!

永久保存版【どこよりも詳しい日傘ガイド】傘ソムリエが伝授!〝焼けない日傘″の選び方・おすすめ日傘・お手入れ方法!

春の温かさとともに、紫外線が一気に強くなる4月に突入。紫外線ダメージから肌を守るためには、日焼け止めはもちろん、日傘を賢く活用したいもの。とは言え、改めて購入するなら、どんな基準で選ぶべき? そこで、焼けない日傘を選ぶとき、押さえておくべきポイントやコツを、傘への愛と知識があふれる傘ソムリエ・土屋さんに伺いました。日傘選びの参考に!

教えてくれたのは…
土屋さん

傘ソムリエ

土屋さん

自宅での傘コレクションはまもなく200本! 傘をこよなく愛する土屋さんは22歳から大手ホームセンターでレイングッズを担当し、それぞれの傘にまつわるストーリーを知るうちに、傘の虜に。現在は、傘メーカー、㈱シューズセレクションWaterfrontで仕入れや売り場の責任者を務めながら、傘の魅力を広く伝える世界初の「傘ソムリエ」としても活躍中。

ソムリエ流・“焼けない日傘”の選び方

Q. この時期、たくさんの日傘が売られていて迷っちゃいます。ズバリ、“焼けない”日傘の選び方、教えてください!

A. まずタグをチェック! <UV99%以上カット><遮光><遮熱>の3拍子揃ったものがベスト。大きさも重要なので、鏡を見ながらしっかりチェック!

名前
土屋さん

傘には機能を表記したタグがついていますから、購入する際には、必ずタグのチェックを。その際は、<UV99%以上カット>の効果に加え、紫外線だけでなく太陽光を遮る<遮光効果>、体感で約3~7度涼しく感じられる<遮熱効果>があるものを選んでいただくと、真夏でも快適に使っていただけるのでオススメです。最近増えているオールウェザーアンブレラや、全天候傘と呼ばれるタイプは、表面か裏面にコーティングがされていて、雨の日ももちろんOKですし、上記の3つの特長を備えるものも豊富です。

従来は、傘の親骨(※傘生地に密着し、支えている主要な骨部分)が50cmというのが日傘の標準サイズでしたが、最近は荷物が多いなどの事情で、大きめの傘をお探しの方も多く、55cm以上のサイズも豊富。とは言え、体格には個人差がありますので、大きすぎれば風に煽られて危険ですし、小さすぎると、荷物が濡れてしまうことも。購入の前には、傘をさして鏡を確認し、自分と普段の荷物がしっかり入る“マイサイズ”をぜひ見つけてください。


Q. タグで見かける<一級遮光>や<UPF50+>という用語、どういう意味

A. どちらも共通基準ではないものの、遮光率やUVカット効果の高さを証明する表示です。

名前
土屋さん

<一級遮光>という表示はJUPA. (日本洋傘振興協議会)基準。JUPA. の会員企業の製品の中で、遮光率が99.99%以上の生地を使用している傘に<一級遮光>と、99%以上のものには<遮光傘>と表示できます。ですから、市場には<一級遮光>の表記がなくても、同等の効果があるものももちろん存在します。覚えておきたいのは、布地を傘の形に加工すると、縫い目から紫外線が入ってしまうので100%遮光はなく、99.99%という表示になること。<UPF>はニュージーランドの基準なので、日本製の傘で表記があるものは少数です


Q. 折り畳み傘と長傘、“日焼けしない”のはどっち

A. 最近は機能がアップしているのでどちらでも◎

名前
土屋さん

最近の折り畳み傘は、陽射しから全身をしっかり守れる55cm以上の大きめサイズも多く、耐久性もあります。コーティングがされているタイプも多いので、機能的には差はありません。長傘は開いたときのフォルムが美しく、中棒が長いので熱がこもりにくく涼しく使える。一方、折り畳み傘は軽量でコンパクトなので、携帯に便利。それぞれ長所があるので、自分にとって使いやすいほうを選べばOKです。


Q. 日傘は、内側にコーティングが施されているものが多いイメージですが、コーティングの色でUVカット率が変わるのでしょうか?

A. コーティングの色で、UVカット率は変わりません。照り返しを防ぐ意味で最強なのは、黒です。

名前
土屋さん

今はコーティング技術がすごく進化していて、黒でも、シルバーでも、そのほかのカラーでも効果はほぼ同じ。ただ、黒には路面からの照り返しを吸収してくれるメリットがあり、その反面、どうしても顔色が暗くなるデメリットがあるので、顔色を明るく見せたいなら、白やグレーなどほかのカラーを。小物やアクセサリーと同じ感覚で、ファッションとのコーディネートをぜひ楽しんでください


次ページ
ソムリエセレクト・絶対焼けない日傘7選