1. ムダなカロリーは摂らない!空腹感・食べすぎ撃退テク4つ

2016.11.08

ムダなカロリーは摂らない!空腹感・食べすぎ撃退テク4つ

食欲の秋。無性にお腹がすく……という人はいませんか?実は、本当の「空腹」と、おなかがすいた気がする「空腹感」は別もの。しっかり食べたのに何か食べたい気分は偽の食欲=空腹感かもしれません。食べすぎを招く空腹感が起きる理由と撃退テク、教えます。

ムダなカロリーは摂らない!空腹感・食べすぎ撃退テク4つ

意識高い系はお腹がすく!?
まさかの「気のせい」に注意

Image title

「炭水化物はダメ」「体にいい食材じゃなきゃダメ」と意識を高く持つのも大事ですが、食事制限を意識しすぎると空腹感が顔を出します。アレはダメ、コレはダメと制限を設けると、いつも食べ物の事が頭から離れない状態に。食べ物のことばかり考えていたら食欲がわいてくるのは自然な流れです。これはまさに気のせい!食べ物の事を考えれば考えるほど、脳からの空腹指令が強くなるので、趣味や散歩などで気分転換をしましょう。「体が欲するものはその時の自分に必要なもの」と割り切って、食べたいものを食べるのも実は効果的。適度に自分を満たしてあげることも、空腹感撃退テクのひとつです。

「水じゃおなかは満たせない」はウソ!
水分不足は空腹感のモト

Image title

ちゃんと食べているのにすぐおなかがすく!というあなたは、こまめな水分補給を試してみて。体内に十分な水分がないと、その渇きが空腹感として表れることがあります。飲み会の後にシメのラーメンがほしくなるのも、アルコールの利尿作用で体内の水分と塩分が抜けてしまうのが原因のひとつです。「こんな時間におなかがすくの、ちょっと早くない?」と思ったら水分補給をすると余計なカロリーを摂らずに済むでしょう。そんな時飲むべきは「ただの水」。アルコールはもちろん、お茶やコーヒーもパス。利尿作用があるので体の脱水を促してしまいます。一気飲みではなく少量の水をちょこちょこ飲むのが空腹感を押さえ、体内から潤うコツです。

鼻の利きすぎも利かなすぎもデブのモト?
嗅覚と食欲の関係

Image title

焼肉の美味しそうな匂いを嗅ぐと反射的に「お肉食べたい?」と感じるように、嗅覚と食欲の関係は密接。それだけに「甘い香りのリップバームなどで甘いものへの欲求を満たす」ようなテクニックはかえって食欲を刺激してしまうかも。食欲を押さえたいならベルガモットやグレープフルーツ、ホワイトシダーやサンダルウッドなど、シトラス系やウッド系のアロマが効果的です。ルームフレグランスやネイルオイルなどで取り入れましょう。香水よりも香害になりにくく、さわやかな香りはリフレッシュ効果もあります。なんとなく口さみしくてお菓子をつまんでしまうのを抑えられるはず。また、鼻が利かないと、バナナとサツマイモを食べても区別がつかなくなることもあるといいます。食事の満足感は匂いも十分に味わってこそ。鼻づまり、花粉症、鼻毛など、鼻周りのケアで嗅覚を鋭く保つのも大事です。

満腹感とカロリーは関係ない!
栄養バランスに注目

Image title

カロリーと満腹感は別もの。ボリューミィでハイカロリーなメニューでも、栄養のバランスがイマイチだと満腹感が続かず、間食しがちに。量は少なくてもバランスの良い食事をするのが空腹感を制するポイントです。パスタや丼物のようなずっと同じ味が続くメニューは、栄養バランスが偏りがちです。そんな単品メニューを避けて定食系メニューをチョイスしたり、ラーメンの前には野菜ジュースを摂るなど、地道に栄養バランスを整えていきましょう。

食べる必要のないタイミングで「食べたい!」と感じさせる空腹感は美の大敵。ここを制すればダイエットも体型キープも格段に楽になるはず。上手に抑えて食欲の秋を乗り切りましょう。