1. 「眉が一部生えてこない!」無い眉尻を自然に見せるレスキュー法【ビューティQ&A】

2016.12.05

「眉が一部生えてこない!」無い眉尻を自然に見せるレスキュー法【ビューティQ&A】

月曜日の【ビューティQ&A】は眉! 今回の講師は美眉アドバイザーの玉村 麻衣子さん。VOCE読者の眉に関するお悩みを解決するテクニックをアドバイスしていただきました!

「眉が一部生えてこない!」無い眉尻を自然に見せるレスキュー法【ビューティQ&A】

20代後半~40代の女性に多い眉のお悩み「抜きすぎて眉尻が生えてこなくなった」というもの。そこで今回は、生えてこなくなってしまった眉尻を自然に描き足す眉メイク方法をご紹介します。

眉の下ラインが鍵!眉尻を自然に描き足すポイント

まず、無い眉尻を描き足すには、アイブロウペンシルの使用がおすすめ。アイブロウパウダーだけでは色がのりづらくペンシルと比べてメイクが落ちやすいので、この場合はペンシルを使用するのがポイント。以下の手順で描き足していきます。

1.眉下ラインを描き足す

眉下頭の毛が生えている部分からつなげるように、眉の下ラインをペンシルで描きます。このときに参考にしたいのが目の角度。目頭と目尻を結んだラインと平行になるように下ラインを描きます。眉尻はやや斜め下に下げるのがポイント。

Image title

下ラインを描くときは、線を何度も描き足すのではなく、思い切って一度で描くとキレイに描けます。イメージと違うところにラインを引いてしまった場合は、綿棒で不要なラインを取り去るとキレイなラインに仕上がります。

Image title

2.眉山から眉尻をつなげる

下ラインが描けたら、眉山~眉尻までをペンシルでつなげます。直線でつなげるのではなく、ややアーチ型を意識してラインを描くと自然に仕上がります。

Image title

眉尻のアウトラインが描けたら、内側を塗りつぶすようにペンシルで色をのせていきます。パウダーだと色がのりづらいので、毛が生えていない部分はペンシルで色をのせるのがポイント。

3.パウダーで境目をなじませる

もともと毛が生えている眉中部分はアイブロウパウダーを使用して色をのせます。描き足した眉尻部分との境目をアイブロウブラシでなじませてあげると自然につながります。

Image title

これで完成です!

Image title

無い眉尻を描き足すときは、まず下ラインをキレイに描けるように意識すると上手く描けます。是非試してみてください。

また、眉は毛抜きで抜き続けると生えてこなくなってしまう可能性があるので、セルフケアのときは毛抜きを使用せず、眉ハサミや電動シェーバー、安全カミソリ等を使用してくださいね!