SHOCK EYEの神社習慣

なくなってしまった後に再会し、その最期に感銘を受けた話

2021.04.15

「歩くパワースポット」と呼ばれるSHOCK EYEさん(湘南乃風)が、神社参拝を通して心をクリアにする方法を伝授する好評連載。鶴岡八幡宮で、かつてあった大銀杏に思いを馳せるSHOCK EYEさん。ある日突然失われてしまったモノから気づかされたこととは?

「歩くパワースポット」と呼ばれるSHOCK EYEさん(湘南乃風)が、神社参拝を通して心をクリアにする方法を伝授する好評連載。鶴岡八幡宮で、かつてあった大銀杏に思いを馳せるSHOCK EYEさん。ある日突然失われてしまったモノから気づかされたこととは?

倒れた御神木から教わったこと

見どころがたくさんある鶴岡八幡宮の中でも特に思い入れが深いのは、かつて大階段の脇にあった「大銀杏」だ。高さおよそ25m、幹の直径が7〜8mもあった大木で、鎌倉といえば鶴岡八幡宮、鶴岡八幡宮といえば大銀杏と言ってもいいくらいの街のシンボル的存在だった。僕は今でも鶴岡八幡宮と聞けば、大銀杏があった頃の景色を思い出す。

それが、2010年の暴風雨で倒れてしまった。ニュースで知った時は本当にショックで、まるで古い友人を亡くしたような気持ちというか……。同じく鎌倉が地元のHAN−KUNと二人、ずいぶん悲しんだのを覚えている。

あれはきっと、昔から当たり前にあって、これからもずっとあると思っていたものが突然失われてしまったことへの喪失感だったんだと思う。例えば、地元の街に久しぶりに帰ったら街の景色がすっかり変わっていて、便利になったはずなのに何ともいえない寂しさに襲われる、あの感じに近い。大銀杏が倒れたニュースはショックだった。でも同時に、「それくらい、自分はちゃんと鎌倉を好きなんだ。誇れているんだな」という確認にもなったんだ。

街が変わっていくのは仕方のないことだし、鎌倉の街も行くたびに変わっていっている。その中で、鶴岡八幡宮のようにいつでも自分の原点に立ち戻れる場所があることは、すごくありがたいと思った。

みんなも、こういう場所を一つは持っていた方がいいと思う。

次ページ
急な変化の中では、絶対に変わらないものも必要

Brand News

VOCEタイアップ

Serial Stories

連載・シリーズ