SHOCK EYEの神社習慣

一目惚れした、知る人ぞ知る「黒い神社」

2021.05.06

「歩くパワースポット」と呼ばれるSHOCK EYEさん(湘南乃風)が、神社参拝を通して心をクリアにする方法を伝授する好評連載。SHOCK EYEさんが思わず一目惚れした抜群にかっこいい神社とは。そして鶴岡八幡宮での取材を終えてたどり着いた言葉「思い出のタネ」の意味するものとは?

「歩くパワースポット」と呼ばれるSHOCK EYEさん(湘南乃風)が、神社参拝を通して心をクリアにする方法を伝授する好評連載。SHOCK EYEさんが思わず一目惚れした抜群にかっこいい神社とは。そして鶴岡八幡宮での取材を終えてたどり着いた言葉「思い出のタネ」の意味するものとは?

思い出の神社には、新しい発見と再会が待っていた

鶴岡八幡宮に取材で訪れたのは、実は今回が初めてだ。慣れ親しんだ地元の氏神様を「どうしたら良さを伝えられるか」という視点で見てみると、やっぱり見方が変わってくる。今まで参拝する時は自分の中でコースが決まっていたから、知っているつもりで意外と見落としていたな、というところにも気付けた。改めてすごい神社だなと思ったし、自分の実家の氏神様ということも、本当にありがたいことだと思った。

一番の発見は、本殿向かって東側の参道の途中にある白旗神社だ。真鍮製の黒い柱と近代的な造りが特徴で、僕の中の「かっこいい社殿ランキング」にも堂々ランクイン。前の参道はいつも通っていたはずなのに、なぜ今まで気づかなかったんだろう?! なじみ深い場所ほど、見逃してしまっているものも多いのかもしれない。

全体的に黒がきいた配色。渋めの朱色とゴールドとのバランスがかっこいい

振り返ると、今回は「再会」がテーマだったように思う。大銀杏に『津久井』のご主人、案内してくれた神職の方もそうだし、何より、忘れていたたくさんの記憶と再会することができた。

前回の話もそうだけど、バイト先のお好み焼き屋さんに鶴岡八幡宮の神職の方達が来ていたことはバイトをしていたその日以来忘れていたし、正直、今日の今日まで一度も思い出したことがなかった。でも思い出せたということは、記憶を取り出さなかっただけで自分の中にはずっとあったということ。それが鶴岡八幡宮に着いた瞬間に、記憶のフタが開いたんだ。

懐かしい場所が、心の奥の記憶を蘇らせてくれる

人は道に行き詰まったり、自分を見失ってしまいそうな時、未来を見ようとする。それはもちろん大事だけど、一方で、過去を振り返ることもすごく大事だ。でも人というのは過去にあったことを都合よく覚えていたり、もしくは肝心なことを覚えていなかったりするんだよね。

結局、自分がその時必要な記憶だけを手前に置いていて、それ以外の記憶は奥にしまってあるんだと思う。でも普段は忘れているものの中にこそ、自分を支えてくれる、もう一度立ち上がる力を与えてくれる記憶というのが絶対にあって、でもそれって自力で引っ張り出せないことが多い。

それが、懐かしい人に会ったり、昔よく行っていた場所を訪ねることで、奥にしまい込んだ記憶も一気に思い出すことができるんだ。逆に言えば、この瞬間もいつか過去になるのなら、今からそういう出会いや場所を作っておくことも必要なんだろう。

僕は今住んでいる街に、10年後、20年後も住んでいるかは分からない。でも、もしも違う街へ移り住んだとしても、今の街や氏神様には何度となく訪れると思う。その時に思い出すことがいっぱいあるし、それがまた、将来の自分を支えてくれるはずだ。

人生は何があるか分からない。だからもしも行き詰まってしまった時のために、日頃から、いつか自分の支えとなってくれる思い出のタネを植えておこう。そんなことを改めて思った1日だった。

次ページ
思い出のタネを植える

Brand News

VOCEタイアップ

Serial Stories

連載・シリーズ