1. モデル市川紗椰が何年も通い続ける“三つ星ハンバーグ”

2015.07.17

モデル市川紗椰が何年も通い続ける“三つ星ハンバーグ”

「1日1バーグ」をモットーに、全国のハンバーグを食べ歩く市川紗椰。イチオシのレストラン紹介を皮切りに、“肉愛”が炸裂した!!

モデル市川紗椰が何年も通い続ける“三つ星ハンバーグ”
金子 優子
美容ライター
by 金子 優子

透明感ある美貌を持ち、多くの女性誌で活躍するモデル市川紗椰。肉料理や鉄道、相撲などに注ぐディープな愛がスゴすぎると、その“ガチオタ”ぶりで、いまやバラエティ番組からもひっぱりだこ状態なのである。

そんな彼女は、大のハンバーグ好き。北は北海道から南は九州まで、おいしいと評判の店があれば、訪れ、自らの舌で堪能する。お店のオシャレさや盛りつけのうんぬんにはこだわらず、むしろ大衆的な雰囲気をこよなく愛しているという。

そんな彼女が愛する、昔ながらの洋食屋さんがあるのは、横浜の野毛。昭和13年創業の『洋食キムラ』だ。

洋食キムラ,voce,

ハンバーグセット 1320円
住所:神奈川県横浜市中区野毛町1丁目3
電話:045・231・8706

実は、このハンバーグ、美食雑誌『おとなの週末』でも三つ星をゲットしている洋食の名店。開業当時から変わらないつくり方で仕上げるハンバーグは、“ふわもち触感”であり、熱を逃しにくいという特注の南部鉄器で焼かれると、肉の旨味がギュッと凝縮するという。この味を求めて遠方から訪れる人も多く、行列ができることも。

紗椰ちゃんは、幼いころから何度も足を運び、ときには飲みに行く前の腹ごしらえに立ち寄るなど、かなり通い詰めているという。

市川沙耶,

「私が出会ったデミグラスソースの中で、もっとも美味しいと断言できます。深いコクと甘過ぎない味は、何度食べても飽きません。私は白米に合わせるのが好き」と目がハート❤

実は、この市川紗椰がハンバーグについて熱弁をするユニークな企画は、ビューティ誌『VOCE』と『おとなの週末』がコラボした特別企画。『VOCE』8月号についている別冊では、市川紗椰が厳選する激ウマ肉料理がたんま~りと紹介されているのだ。

おとなの週末,voce8月号,

もちろん、それだけではない。肉をこよなく愛し、よく食べ(しかも、お酒もよく飲む)のに、なぜ市川紗椰は美しく、プロポーションもすばらしいのか。その秘訣までがっちり探れるという、まさにビューティ誌と美食雑誌のコラボだからこそできる充実内容になっている。

市川沙耶,voce,

旨い肉が食べたい! キレイになりたい! 市川紗椰のようになりたい! そんな欲張りな願いをまとめて叶えてくれるのが『VOCE』8月号。これは熟読するしかない♪

photographs:Yasuyuki Emori、Kosuke Akikura,Shinya Nishizaki
hair&make-up:Yusuke Igari/Three Peace
text for magazine:Chiharu Nakagawa,Yukie Ichimura
web writing:Yuko Kaneko

金子 優子
金子 優子
VOCE本誌ほか、多くの女性誌で活躍する美容ライター。去年まではインナードライ肌だったのに、今年からド級乾燥肌に。サロンの体験取材なども多くこなす実践派。数多くの美容クリニックに、施術写真が飾られているというウワサも。プライベートでは2歳の女のコママ。