アラサーのシミ徹底対策

頑固なシミを集中ケア!いつものケアにプラスする最新コスメ

2021.04.11

HAKU,エピステーム,アスタリフト,immuno

頑固なシミには、美白美容液をしっかり効かせることが大切。いつものケアに最新コスメによるスペシャルケアで対抗! 

HAKU,エピステーム,アスタリフト,immuno

頑固なシミには、美白美容液をしっかり効かせることが大切。いつものケアに最新コスメによるスペシャルケアで対抗! 

頑固なシミは、いつものケアに最新美白コスメをプラス

頑固なぶん、美容液をきっちり効かせる必要があり、浸透力アップが得策。今までの美白で消えなかったシミは新作に期待!

①洗顔後にプラスする美白系導入美容液

ゴワついた肌には、美容成分が浸透しにくいので、まずは土台をほぐす導入美容液から。美白成分入りのタイプなら、よりベター!

メラニンを一掃してセラミド補給も。あとに続くコスメも効きやすく。

ビタミンC誘導体を配合。サラッとなじんで美白。

②化粧水の後にさらにシミ部分に美白化粧水パック

柔らかい肌=美容成分が浸透するので、さらに効かせるために、シミ部分は、化粧水をひたひたに含ませたコットンで3分パック。

コットンをシミ部分に貼る

③美白美容液をシミ部分に塗り、ラップで密閉

美白美容液をシミ部分に塗り、塗った範囲を覆えるサイズに切ったラップを上から貼って密閉する。今までの美白で効果がいまいちならHAKUの血管領域ように新アプローチを搭載したものや、美容医療発想のハイドロキノン系が○

シミができる要因を追究。血管アプローチも追加して進化。

医療機関で用いられる美白剤、ハイドロキノンを安定配合し、シミを狙い撃ち。

④週一でスペシャルケア。美白のマスクを投入

シートマスクで肌全体に集中的に美白成分を大量投下することで、肌全体の排出力をアップ。日々の美白ケアの効果を高められる!

名美白美容液のマスク版肌に密着して10分で濁りを撲滅。

撮影/伊藤泰寛(静物) イラスト/ちばあやか 取材・文/楢﨑裕美

Edited by 並原 綾