1. キラキラ質感の目頭ハイライトで”あか抜けEYE”

2015.04.13

キラキラ質感の目頭ハイライトで”あか抜けEYE”

春到来! 服の素材が軽くなり、肌の露出も増える今時期、メイクだけ冬仕様ではイタすぎる。春トレンド”目頭ハイライト”で記憶に残る旬美人を目指して。

キラキラ質感の目頭ハイライトで”あか抜けEYE”

Image title

春到来! 服の素材が軽くなり、肌の露出も増える今時期、メイクだけ冬仕様ではイタすぎる。春トレンド”目頭ハイライト”で記憶に残る旬美人を目指して。

春が来たのに、アイメイクが冬のままでは、どうしたってあか抜けない印象に……。すぐにでも春メイクに切り替えたいところ。

そこでおすすめしたいのが、この春、話題をさらっているアイメイク”目頭ハイライト”。 キラキラ質感のコスメを駆使した凹凸アイメイクは、とっても簡単で誰がやっても”イマドキ感”がググッと出るという。

気になるこの話題をビューティ誌『VOCE』5月号で語っているのは、最旬メイクを発信し続けているヘアメイクの犬木愛さんだ。

イチオシの春メイク“目頭ハイライト”とは、目頭や上下のまぶたにサッとキラキラのハイライトを仕込み、立体感をつくるというワザ。さらにアイラインは、まつげの間を埋め込むだけというナチュラルさで、ヌケ感たっぷりのメイクになるという。


Image title

犬木流”目頭ハイライト”をまとったモデルの市川さやちゃんを見てもわかる通り、このメイクは、自然なのに、どこか記憶に残るような魅力がある。絶対にマネしたいこの”目頭ハイライト”のくわしいメイクプロセスを特別に公開。

Image title

まずは、目もとに凹凸をつくるひと手間から。

A: ローラ メルシエ フェアリー ダスト アイシマー クラッシュドコッパー ¥3200

このゴールドの微粒子パウダーが秀逸。目頭のくぼみや眼球の立体感を強調させて、離れたところから見ても印象的な顔立ちを仕上げてくれるという。

塗り方は、目頭を外したアイホール全体に、指先を使ってラフになじませるだけでOK。

つぎは、アイライン。

B: エスティ ローダー ダブル ウェア ステイ イン プレイス アイペンシル 12 ¥2500

まつげの隙間を埋めるように、上まぶたの目頭から目尻に引く。

最後は、目頭にハイライトを!

C: エレガンス クルーズ ファインカラー S14 ¥1800

上品なゴールドカラーのキラキラを目頭に。指先をつかい、目頭のくぼみに”くの字”を描くように入れる。

チークやリップは、血色感をプラスするようなナチュラルカラーを選ぶのがポイント。

Image title

このさり気ない目もとのキラキラ感は、大人女子にもうってつけ。”目頭ハイライト”は、春らしい自分へのアップデートをお手伝いできるはず。


model:Saya Ichikawa
photographs:Shohei Kanaya(model)、Kazuteru Takahashi(still)
hair&make-up:Ai Inuki/Agee
styling:Kaori Kawasaki
text for magazine:Miho Maeda
web writing:Yuko Kaneko