1. 【プチ整形の真実】大人ニキビ・毛穴治療、いくらかかる?どんな治療?

2016.11.27

【プチ整形の真実】大人ニキビ・毛穴治療、いくらかかる?どんな治療?

実際に美容クリニックに行く前に、どんな治療メニューがあるのかを知っておくと、料金や痛みなどの気になる疑問も解消できるし、カウンセリングのときに、先生の話も理解しやすくなります。そこで、VOCE世代の肌悩みに対して、どんな治療があるのか、一部をご紹介します!

【プチ整形の真実】大人ニキビ・毛穴治療、いくらかかる?どんな治療?

大人ニキビの治療

Image title

通常の皮膚科でのニキビ治療は、ニキビがなくなるまでのもので、ニキビ跡が残ったり、色素沈着の予防という手厚いケアは受けられない。ニキビ治療だけではなく、ニキビのない美肌へと治療・ケアするのが美容クリニックでのメニュー。ケミカルピーリングとイオン導入やエレクトロポレーション導入の組み合わせ、フォトフェイシャルなどの光治療がメイン。それ以外では、赤みに反応するレーザーや炭酸ガスレーザーなどでピンポイントにニキビ部分だけを治療するメニューも。

では早速、各メニューを見ていきましょう。

ケミカルピーリング

¥5000〜¥20000(参考価格)
グリコール酸やクエン酸、リンゴ酸などのAHAを塗り、毛穴をふさいでいる角栓や古い角質を落としてターンオーバーが正常になるのを助ける。エステとの大きな違いは、肌の状態を見て、ドクターが濃度を調整できること。ニキビが炎症している場合は、ピリピリと刺激を感じることも。

イオン導入

ビタミンC導入¥5000〜(参考価格)
塗るだけでは浸透しにくい美容成分をイオン化して角質層へ入れ込むもの。ニキビ治療にはビタミンCのイオン導入をピーリングとセットで行うことが多く、より高い美肌効果を狙える。イオン導入器のパワーが強いとピリピリとすることもあるが、ダウンタイムは基本はない。

フォトフェイシャル

顔全体¥20000〜¥50000(参考価格)
いちばん一般的な光治療器。赤に反応する周波の光でニキビの赤みやニキビ跡の赤みにダメージを与えて、健康な皮膚再生へと促す。さらに真皮にも働きかけるのでコラーゲン生成を活性化したり、メラニンにも反応するので、シミがある場合はかさぶたができ、数日ではがれ落ちる。痛みはさほど強くなく、ダウンタイムもほぼない。

炭酸ガスレーザー

1cm¥5000〜(参考価格)
炭酸ガスレーザーをつかって小さな穴をあけ、ニキビの膿を圧出。レーザーがアクネ菌を殺菌し、毛穴につまった皮脂を溶かすので、治療後の回復が早い。

次は、毛穴の治療について実際の施術とともにご紹介していきます。

  • 1
  • 2