1. 絶対に落ちないアイブロウ徹底比較!|プチプラからデパコスまでおすすめ10本比べました【ペンシル・リキッド】

2018.08.08

絶対に落ちないアイブロウ徹底比較!|プチプラからデパコスまでおすすめ10本比べました【ペンシル・リキッド】

太めの薄眉も無造作なボサ眉も、使いやすいアイブロウツールなくして完成しない。顔の印象を大きく左右するパーツだけに、色のつき具合や落ちにくさを厳しくチェックして!

絶対に落ちないアイブロウ徹底比較!|プチプラからデパコスまでおすすめ10本比べました【ペンシル・リキッド】

実験したのはこの10本!

アナ スイ アイブロウ ライナー N  全5色 各¥2200/アナ スイ コスメティックス

アナ スイ アイブロウ ライナー N

ペンシルの面を使い分ければ、細くも太くも、濃くも淡くも自由自在!

エクセル ロングラスティングアイブロウ 全3色 各¥1400/常盤薬品工業

エクセル ロングラスティングアイブロウ

リキッド&パウダーのダブルエンド。合わせワザで自然な眉が完成する。

エスプリーク W アイブロウ(リキッド&パウダー) 全3色 各¥2100(編集部調べ)/コーセー

エスプリーク W アイブロウ(リキッド&パウダー)

リキッドとパウダー、ブラシがついた便利な1本。メイクもちも抜群!

キャンメイク アイブロウペンシル  全5色 各¥400/井田ラボラトリーズ

キャンメイク アイブロウペンシル

大人気のアイブロウペンシルに、シックなチャコールグレーが新色追加。

ケイト ラスティングデザイン アイブロウW(LQ)全2種 各¥1400/カネボウ化粧品

ケイト ラスティングデザイン アイブロウW(LQ)

薄づきのリキッドと、ボカシが簡単なパウダー。落ちにくい点も優秀!

資生堂 アイブロー スタイリング デュオ 全4色 各¥3000/資生堂インターナショナル

資生堂 アイブロー スタイリング デュオ

約φ1.5mmの極細芯で、眉尻までキレイに描ける。パウダーも使いやすい。

ノエビア レイセラ アイブロウペンシル WP 全3色 各¥1900

ノエビア レイセラ アイブロウペンシル WP

ウォータープルーフなので、朝つくった眉毛が長時間キープできる。

ジバンシイ アイブロウ・ペンシル 全3色 各¥3500/パルファム ジバンシイ

ジバンシイ アイブロウ・ペンシル

色素含有量が高いので、濃淡の調整が簡単。パウダーみたいな仕上がりに。

ポール & ジョー リキッド アイブロウ ペン 全3色 各¥2200/ポール & ジョー ボーテ

ポール & ジョー リキッド アイブロウ ペン

速乾性の高い化粧膜が肌に密着。にじみやこすれに強く、均一な仕上がり。

メイベリン ファッションブロウ パウダーインペンシル 全4色 各¥1000/メイベリンニューヨーク

メイベリン ファッションブロウ パウダーインペンシル

ぼかしも細ラインも思いのままの三角カット芯。面を活かして美眉完成。

この10本の「描き心地」、「こするとどうなる?」、「汗や皮脂には強い?」などを実験!

Image title

気になる総合評価は!?

Image title

繊細なラインもラクラク描けるなめらかタイプのペンシル
やや硬くしっかりとした芯は、薄型の楕円形。細い線も描けるし、部位を選べば面で塗りつぶすこともできるので、太さ細さの調整がしやすい。ペンシルの中ではもっともなめらかに描けるから、肌に刺激を与えることなく、スルスルと眉メイクできるはず。でも摩擦などにより色が薄れがちなので、眉尻などが消えないよう、描き足した方がよさそうだ。

Image title

眉尻の細かい部分もOK! 自然に仕上がるリキッド
リキッドタイプならではのやわらかなタッチ。色がくっきりしすぎないので、自然な仕上がりになるだろう。ただ極細のラインなので、眉尻はいいけど眉全体を埋めるとなると時間がかかるかも。何度も重ねるうちに濃くなるが、重ねすぎるとムラになりやすいので注意が必要だ。肌にはピタッと密着し、薄れることもないので、お直しできない日に最適。

Image title

肌なじみのいいブラウンで時間が経っても美眉が続く
しなやかでなめらかなタッチのリキッドタイプ。薄づきだけど、重ねてもムラにならないので、好みの濃さになるまで調整することができる。極細筆なので細い線を描いたり、隙間を少し埋めたりするにはいいけれど、広い面を塗りつぶすのは大変かも。密着度が高く、こすっても落ちにくいから、メイク直しできない日でもきちんと眉キープできそう。

Image title

しっかり眉に最適な硬め&太めの楕円芯
細い線も描けるけれど、太い線で塗りつぶすのも簡単な楕円芯。順位は6位だけど、ペンシルの中では2番目になめらかに描ける。新色での実験となったが、こちらは黒に近いグレーなので、髪色や肌色などを選ぶかもしれない。ただ似合えばボカシは簡単なので自然な仕上がりになりそうだ。時間が経つと色が薄れるが、元が濃いので目立ちにくい。

Image title

しなやかな筆先で好みの濃さに調整して
リキッドタイプの中では太く、しなやかな筆先。細い線は描きやすいけれど、少しずつ色づくので広い範囲を埋めるには時間がかかりそうだ。でもリキッドの中では色がのるほうで、重ねるほどにフィットし、濃く発色していく。時間が経っても薄れたりしないので、化粧直しなしでも長時間、くずれない眉メイクが可能である。赤みブラウンも今っぽい!

Image title

ナチュラルに仕上がる肌なじみ抜群のブラウン
硬めの極細芯だけど、力を入れなくても華奢な線が描けるタイプ。線がかなり細いので、広い範囲を塗りつぶすには時間がかかりそうだ。深みのあるブラウンだから、日本人の肌色や髪色にしっくりなじむだろう。描きやすくぼかしやすいけれど、摩擦に弱いため時間が経つと薄れてしまうので、眉尻などをキープしたいなら、お直しはしたほうがいい。

Image title

太眉をサッと描くのに便利なねっとりタイプのやわらか芯
肌なじみのいいブラウン。一気に色がつくのではなく、少しずつ色づいていくので、好みの濃さに調整しやすいタイプ。ただ重ねすぎるとダマになったり、眉毛が張り付いたりすることがあるので、付属ブラシでぼかしつつ整えよう。広い面を埋めるのは簡単なので、サッと眉メイクしたいときに重宝しそう。時間が経つと薄れがちなので、お直しは必須!

Image title

ソフトタッチで発色よし!赤みブラウンで太眉に
硬めの太芯で発色がよく、なめらかに描けるうえにしっかり色づくタイプ。でも芯先がすぐに太く丸くなるので、細い線を描くならこまめに削ったほうがいい。全体を手早く埋めるには最適なペンシルだ。ボカシも簡単なので、カジュアルな太眉にしたいなら、かなり活躍しそう。ただ汗や皮脂、こすれに弱いので、眉尻などを維持したいならお直しを。

Image title

なめらかタッチNo.1で繊細なラインも自由自在
細くやわらかな筆ペンタイプ。薄づきで発色も淡く、何度も重ねづけが必要だけど、そのぶんナチュラルに仕上がりそう。乾いてから重ねるとムラづきするので、手早く仕上げたほうがいい。眉尻はいいけれど、広い面を埋めるには少し時間がかかるかもしれない。肌に密着する感じでつくので、こすれてもびくともしない強さが。お直しできない日に最適!

Image title

ユニークな三角カット芯に慣れれば使い勝手よし!
太くて硬い芯で、三角カットされているのが珍しい。上手に調整すれば、太い線も細い線もラクラク描けるけれど、慣れるまでには時間がかかるかもしれない。色みは暗いブラウンで、発色がいいため、調整しないとベッタリした感じになるかも。でもしっかり太眉にするなら、クッキリ仕上がるので便利だ。ボカしやすいけれど薄れもあるので注意。

撮影:石田健一、木村元明 協力:FCG Research Institute.inc. 取材・文:穴沢玲子 構成:佐野桐子