1. 分け目の薄毛が気になってきた!薄毛の理由チェックリスト【ビューティQ&A】

2016.12.07

分け目の薄毛が気になってきた!薄毛の理由チェックリスト【ビューティQ&A】

鏡で頭を覗き込むと、なんだか分け目が大きくなってきた気が……。最近増えている女性の薄毛の悩み。原因を知って、自分に合った対策を早めに行いましょう!

分け目の薄毛が気になってきた!薄毛の理由チェックリスト【ビューティQ&A】

Q.薄毛の原因って何?

A.薄毛は、下記の4つの原因によって引き起こされることが多いと言われています。
①遺伝
②ホルモン
③頭皮環境の乱れ
④出産

あなたの薄毛の原因はどれに当てはまりますか? それぞれを詳しくご説明しましょう。

1.遺伝

Image title

両親や祖父母の中に薄毛の人がいる場合、薄毛になりやすい体質が遺伝し、薄毛になることがあると言われています。薄毛になりやすい体質は、薄毛を引き起こすと言われるさまざまな因子(生活習慣など)の影響を受けやすい体質のことです。どんなに髪や頭皮に悪い生活を送っていても、薄毛にならない人がいたとしたら、それは家系的に薄毛になりにくい体質である可能性が高いのです。

また、育った家庭環境も影響していると言われています。一緒に生活している家族は、生活習慣が同じになり、親子で食べ物の好みが似ることが多いため、薄毛の親の元で生活した子どもは、薄毛になりやすくなることがあります。

【遺伝による薄毛の特徴】
両親や祖父母に薄毛の人がいる

2.ホルモン

Image title

ホルモンが原因となって起こる薄毛は一般的に、男性は、「AGA(男性型脱毛症)」、女性は「FAGA(女性男性型脱毛症)」と呼ばれています。この2つの薄毛は、男性ホルモンが変異し、薄毛を引き起こす物質が発生することで起こります。この原因物質は、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれ、生活習慣やストレスなどで生成されると言われています。しかし、DHTが生成されると必ず薄毛になるのではなく、その影響を受けるかどうかは、体質によって変わってきます。

ちなみに、男性ホルモンというと、女性にはあまり関係がないと思われがちですが、女性の体にも男性ホルモンは存在します。そして、加齢により女性ホルモンの分泌が減少したとき、男性ホルモンによる影響が出ることがあるのです。女性が男性に比べて薄毛になりにくいのは、女性ホルモンが健康な髪の成長を支えているためです。

【ホルモンが原因の薄毛の特徴(女性)】
全体的に薄い

3.頭皮環境の乱れ

Image title

頭皮環境が乱れ、分泌される皮脂が多かったり、逆に乾燥によってフケが出ていたりすることが原因で毛根がふさがって髪が生えてこられず、薄毛になることがあります。頭皮環境は、頭皮に合わないシャンプーを使うことや、生活習慣などによって乱れることがあると言われています。

また、紫外線や、パーマやカラーリングを繰り返すことによる、頭皮への刺激が関係しているとも考えられています。

【頭皮環境の乱れが原因の薄毛の特徴】
徐々に毛が薄くなる
頭皮がベタベタする、またはフケが出る

4.出産

Image title

出産が原因で、薄毛になることがあります。産後の女性は、ホルモンのバランスの乱れ、睡眠不足、育児のストレスなどが関係して、薄毛が引き起こされると言われています。妊娠中は、女性ホルモンの分泌がとても活発ですが、産後急激に分泌量が減ることが、深くかかわっているようです。出産後、2~3カ月後に髪が薄くなりはじめ、ホルモンバランスが整う、産後半年~1年後には薄毛の症状が治まると言われています。しかし、まれに長引くこともあるようなので、不安な方や、薄毛の程度がひどいと感じる方は、皮膚科や心療内科などを受診することをおすすめします。

最近は医療機関でも女性専門の薄毛相談を行うクリニックも増えています。薄毛治療として、投薬治療があります。血行を促進する、抜け毛の原因となる物質を押さえるなど、薬ごとに効果が違ってきますので、気になるなら1度受診してみましょう。

でもまずはその前に、薄毛の原因となりうる頭皮環境を整えて、ホルモンバランスを乱さないように規則正しい生活を整えること。白髪予防と同様に加齢が原因でなければ、バランスのいい食事と深い睡眠で髪の健康が保たれれば、薄毛の悩みも改善してくると思いますよ。