1. VOCE編集部員の偏愛ベスト「5つの“すごすぎる”コスメたち」

2016.12.05

VOCE編集部員の偏愛ベスト「5つの“すごすぎる”コスメたち」

2016年下半期ベストコスメの審査が進む中、ひそかに進められた裏プロジェクト―――それが編集部員の偏愛ベストコスメ。

VOCE編集部員の偏愛ベスト「5つの“すごすぎる”コスメたち」

VOCEエディター 芦田の偏愛ベスコス

コスメデコルテ iアイピーP. Sショットhot

コスメデコルテ iP.Shot 20g ¥10000

独自複合成分iP-Solution※を新たに開発。とろりと肌に密着し、瞬時に肌が引き上がるようなハリとつやを与えて、イキイキとした肌へと導く。目元・口元など年齢のサインが刻まれやすい部分にアプローチする美容液。

※トコトリエノール、イブキトラノオ根エキス、ジャニアルベンスエキス、グリセリン(保湿)

VOCE WEB編集長 三好の偏愛ベスコス

資生堂 エリクシール エンリッチド エマルジョン CB II

資生堂 エリクシール エンリッチド エマルジョン CB II 130ml ¥7000(編集部調べ)

エイジングによる肌変化を実感する女性たちのために誕生した、一歩進んだエリクシールがこのエンリッチド。乳液は2種類あり、糸を引くⅡはとてもしっとりタイプ。しっとりタイプのⅠは濃密ながらもよりみずみずしいテクスチャーが。.

VOCEエディター 松尾の偏愛ベスコス

Image title

(右)カネボウ フレッシュ デイ クリーム 40ml ¥6000
(左)ナイト リピッド ウェア 40ml ¥8000/カネボウインターナショナルDiv.

一日のリズムに着目し、日中の紫外線や乾燥から守る昼用と、睡眠中の肌をうるおいで満たす夜用クリームを開発。赤ちゃんの肌を守る胎脂に着想を得た独自のベビーソフトオイル処方が、うるおいの膜を形成。

VOCEエディター 河津の偏愛ベスコス

ロート製薬 オバジC20 セラム

ロート製薬 オバジC20 セラム 15ml ¥8000

2001年に誕生して以来、累計690万本を売り上げるオバジCシリーズの中でも、最も高濃度となる20%のピュアビタミンCを配合。毛穴やくすみ、キメの乱れなど、幅広い肌悩みに対応し、透明感のある肌に導く美容液。

VOCEエディター 大木の偏愛ベスコス

第一三共ヘルスケア ミノン アミノモイスト ぷるぷるしっとり肌マスク

第一三共ヘルスケア ミノン アミノモイスト ぷるぷるしっとり肌マスク 22ml×4枚入り
¥1200(編集部調べ)

保湿成分として、天然保湿因子を構成する9種のアミノ酸配合。製薬会社が皮膚科学に基づき敏感肌・乾燥肌のために開発したミノン アミノモイストシリーズの中でも、記録的大ヒットしたシートマスク。

Image title

VOCEエディター 大木
通称:BOM
数少ない男子編集。名字が大木なだけで→凡人→BOMちゃんと呼ばれるように。「ミノンのマスクは男でも抵抗なく使えるし効く!」

VOCEエディター 芦田
通称:園長
面倒見のいい姉御肌。泣く子も黙って従う統率力から、園長の異名が。「iPS細胞研究を化粧品に応用したコスメデコルテがすごすぎる」

VOCE WEB編集長 三好
通称:アヒル
生まれついての美しきアヒル口がセクシー。とはいえ中身はいたってサバサバ系。「乾燥ヘタリ肌がエリクシールの乳液でふっくら♡」

VOCEエディター 松尾
通称:バブル
小学生の頃に過ぎ去った、バブルの世界に憧れを抱く2児の母。「カネボウの“時間美容”のコンセプトは、忙しい私にうってつけ!」

VOCEエディター 河津
通称:マジメ
化粧品大好きでスキンケア理論も真面目に勉強することからこの通称が。「製薬会社の技術でビタミンCを極めたオバジは信用できる☆」

スキンケア刑事
岡部美代治
通称:みよじ刑事
ビューティサイエンティスト。化粧品愛に満ちたその言動が多くの研究者たちの心に響き、世の中のさまざまな美容の謎を次々と解明。

撮影:伊藤泰寛,金 栄珠,浜村達也、スタイリスト:コギソマナ、取材・文:永田みゆき、構成:松尾友妃