1. 実は男も演技してる!?エッチが気持ちよくないときの男子の行動

2016.12.18

実は男も演技してる!?エッチが気持ちよくないときの男子の行動

なんとなく女性だけがしていると思ってませんでしたか、「エッチ中の演技」。元女探偵が耳にした男性の本音、そこには女子が聞くだに恐ろしい真実が……!

実は男も演技してる!?エッチが気持ちよくないときの男子の行動

探偵という仕事は恋愛におけるお医者さんのようなもの。人の裏の面を見る機会が多いゆえに男性からも女性からもストレートな本音を耳にする機会の多い筆者ですが、「エッチのときの不満」って男性もけっこう抱えている人が多いんです。


実はエッチが気持ちよくなかったときに男子がしている演技について本音を聞いてまとめてみました。

イッたフリをする

Image title

「あまりにもイケなくて疲れてきたときに、『イッちゃった』と嘘をついて終わらせたことがあります」(25歳/ジムインストラクター)
「彼女の中がゆるすぎて全然刺激がなく、どうしてもイケそうもなかったときにイッたフリをして誤魔化したことがあります」(30歳/百貨店勤務)

女子の専売特許のように思われている「イッたフリ」ですが、男性が演技ですることもあるようです。イッたフリをしたときは、そそくさと彼女に見られないようにゴムを捨てるのだとか……。バレやすい分男性のほうが演技が大変だといえるのかもしれませんね。

やたら「気持ち良い」と褒める

Image title

「あまり気持ちよくないときに声に出したほうが気持ちが高まるかなと思って『◯◯ちゃんの中、すっごい気持ちいいよ。イッちゃいそう』みたいな言い方で自分のテンションを上げて奮い立たせたことはあります」(28歳/アパレル関係)
「なんかエッチがイマイチで『次はないな』と思った相手のときこそ肌や胸、アソコの感触など褒め倒しておきます」(29歳/広告代理店)

ちょっと怖い意見ですが、男性は「相性が悪いな」と思ったときにこそ相手を褒めちぎって恨まれないように消えることを考えるそうです。エッチの最中に物凄く「気持ち良い」と褒めてくれたのに2回めのお誘いがなかったら、それは男性の演技だったと思ったほうがいいのかもしれませんね。

さりげなく違う場所に誘導する

Image title

「彼女が頑張ってアソコを舐めてくれようとするんですが、ワンパターンだし歯が当たって痛いんですよね。『下手』とは言えないのでさりげなく彼女の頭をずらしたり『疲れたでしょ、もう大丈夫だよ』とねぎらってやめてもらうことも」(33歳/Webサイトプロデューサー)
「騎乗位で腰を振られるときに、乱暴にされたり動かし方が下手だったりすると男性器が折れそうになって大変なんです。そんなときはすぐに「イキそう」って嘘ついて体位を替えたりしますね」(35歳/出版関係)

女性が男性から乱暴に触られると嫌なように、男性もアソコを乱暴に扱われると涙が出そうになるくらい大変なのだとか。といっても触られ方の強弱は人によって好みがあるので「もっと強くしたほうがいい?」など具体的に聞いてあげると彼も嬉しいはずです。

わざとらしい興奮は演技を疑ってみて

Image title

男性の意見をまとめてみると、女性と同じように「相手を傷つけたくない」という思いで演技をしている人が殆どでした。「なんかわざとらしいな」「褒めすぎじゃない?」と感じたらそれは演技だと疑ってみてもいいかもしれません。


多くの男性にとっては、エッチはとても大事な行為です。そのため彼女に言えないエッチの不満が募ると、いつの間にか他の女性との浮気につながってしまうことも……。思いやりがすれ違いを招いてしまわないように、エッチについて話し合えるような信頼関係が築けるのが理想ですね。