1. 末端パーツのトラブル解決ワザ【クマ、目のシワ、唇のガサガサ】

2016.12.13

末端パーツのトラブル解決ワザ【クマ、目のシワ、唇のガサガサ】

美容を愛するひとりとして、健やかな肌で越冬できるかは毎年の大きな課題。保湿が大事ということはわかっても“それだけでいいの?”“どれだけうるおいを与えればいいの?”etc.と疑問が尽きないからこそ、各分野のプロフェッショナルが応えます!

末端パーツのトラブル解決ワザ【クマ、目のシワ、唇のガサガサ】

頭のてっぺんからつま先まで同じケアでOKならいいけど、肌の構造や皮脂の分泌量が違うから、適切な方法はそれぞれ異なるんです!

Q1.目元や口元がひきつるのはなぜ?

“もともと皮脂腺がなく乾きやすいから”
「肌のバリア機能である皮脂膜を形成できず、水分の蒸散を防げない。ひきつるのは当然!」(草野先生)
「まばたきの回数は一日1万5000回にもなり、負担はかなりのもの」(山本さん)

Q2.冬は目元のクマが深刻化!

“冷えや血流低下が原因。炭酸風呂で温めて”
「寒さの影響で血液循環が悪くなっているので温める必要あり。炭酸入浴剤を使えば効率よく温まります。そのほか適度な運動や、冷えにも繋がる鉄不足の解消を」(草野先生)

きき湯 ファインヒート スマートモデル,プロージョン バイカーボタブレット

A.約4倍に炭酸を増量し、トウガラシエキスや塩もイン。
きき湯 ファインヒート スマートモデル〈医薬部外品〉 400g ¥933(編集部調べ)/バスクリン 
B.高濃度炭酸浴を24時間可能に。
プロージョン バイカーボタブレット 20錠 ¥1980/MTG

Q3.目元の乾燥がひどく、シワが目立ちます……。

“油分多めで留まる専用ケアを”
「頰などと肌構造が異なるため、停滞性の高い専用アイテムがベター」(草野先生)
「こすらないことも大切で、負担なくポイントメイクを落とせる専用リムーバーを」(山本さん)

THE アイクリーム,エピステーム アイパーフェクトショット

A.酷使する目元のこわばりをゆるめ、うるおいを密閉。
THE アイクリーム 7.5g ¥2500/フローフシ 

B.まぶたの皮膚と筋肉に着目。パッチリと力強い目元に。
エピステーム アイパーフェクトショット 18g ¥11000/ロート製薬

Q4.風邪予防のマスクでメイクがくずれる!

“のどスプレーして、マスクをしない”
「のどに直接スプレーして殺菌&免疫力をアップする“見えないマスク”がオススメ」(永富さん)
メイクの上から使うフィックスミストやメイクをつきにくくしたマスクもあり!

メイド オブ オーガニクス マヌカハニー+アズレンスプレー

強力に抗酸化。
メイド オブ オーガニクス マヌカハニー+アズレンスプレー オレンジ味 25ml ¥1400/たかくら新産業

Q5.唇がガサガサになったら?

“めくれをやさしくオフしてラップパック”

Image title

「ホットタオルでふやかし、リップケアを多めに塗ってラップし、10分放置」(永富さん)
「リップケアはスティックよりチューブの方が摩擦レスで◎」(草野先生)

バランシングクリアリップローション,ウカリップ&ネイルバーム メロウトーク,

A.ホットタオルの代わりに。唇のふき取り用化粧水。
バランシングクリアリップローション 30ml ¥3800/THREE 

B.口に入れても安全。なめらかに。
ウカリップ&ネイルバーム メロウトーク 15ml ¥3500/uka

Q6.ひじやヒザがガッサガサ!

“角質ケアジェルでパック&温め”

Image title

「冬は代謝が下がるため、ボディも古い角質がたまりがち。負担の少ないピーリング系美容液やジェルを塗ってラップし、上からホットタオルでおさえ、約1分温めて」(山本さん)

タカミスキンピールボディ

人気の角質ケア美容液のボディ版。すっと浸透してシルク肌に。
タカミスキンピールボディ 220g ¥7778/タカミ

お話をうかがったのはコチラの方々!

松倉 HEBE DAIKANYAMA 院長 草野貴子先生

Image title

形成外科、美容皮膚科を専門とし、頭脳明晰、容姿端麗を体現するスーパードクター。明快な説明と的確なケア&施術の提案に定評あり。

美容家 山本未奈子さん

Image title

MNC New York代表取締役。NY州認定ビューティーセラピスト資格を持つ。「シンプリス」を手掛け、美容本の著書も多数。

美容ジャーナリスト 永富千晴さん

Image title

常に第一線で美容情報を発信するスペシャリスト。ユニークな切り口でコスメを分析し、豊かな発想力を活かした目ウロコテクを考案。

撮影:当瀬真衣/TRIVAL(人物),伊藤泰寛(商品)、ヘア&メイク:小田切ヒロ/LA DONNA、スタイリスト:川崎加織、モデル:田辺かほ、取材・文:楢崎裕美、構成:芦田夏子