1. マスクした時のメイクはどうすべき?……冬メイクのお悩み解決

2016.12.13

マスクした時のメイクはどうすべき?……冬メイクのお悩み解決

美容を愛するひとりとして、健やかな肌で越冬できるかは毎年の大きな課題。保湿が大事ということはわかっても“それだけでいいの?”“どれだけうるおいを与えればいいの?”etc.と疑問が尽きないからこそ、各分野のプロフェッショナルが応えます!

マスクした時のメイクはどうすべき?……冬メイクのお悩み解決

メイクをすると、カサつきやしわっぽさがかえって目立ち、室内外の激しい環境の変化でくずれも深刻。ゆえにメイクテクも冬仕様に。

Q. カッサカサでファンデがのりません!

“オイルinファンデが正解!”
「オイルを混ぜたくなるけど油分過多になるので最初からオイル入りを選んで。カバー力が足りないならコンシーラーを」(小田切さん)

Image title

【A】マエストロ グロー ファンデーション SPF30 全6色 30ml ¥7200/ジョルジオ アルマーニ ビューティ【B】キッカ フローレスグロウ ソリッドファンデーション SPF43・PA+++ 全8色 ¥8000(セット価格)/カネボウ化粧品

Q. 冬はフェイスパウダーを使うと乾く気が……。

“乾燥しないパーツだけにオン”
「お粉はマストではないと認識をあらためて。テカリや皮脂くずれが気になるなら額や鼻まわりにだけ少量を」(小田切さん)

Q. キメのめくれを目立たせずに肌を仕上げるには?

“クッションのスタンプ塗り”

Image title

「スポンジをすべらせると、肌が引っ張られ、余計にキメがめくれて目立つのでNG。ポンポンとスタンプを押すようにオン」(小田切さん)

Image title

均一な透明肌に。お直しにも便利。カプチュール トータル ドリームスキン クッション SPF50・PA+++ 全3色 ¥8500/パルファン・クリスチャン・ディオール

Q. まぶたがシワっぽくてシャドウがのらない!

“硬めの固形クリームが◎”
「パウダーだとシワ感が際立つのでNG。アイケアなどで保湿してから練りシャドウのみオン。ミニマムにするのが秘訣」(小田切さん)

Image title

【A】A小田切さんの溺愛コスメ。最強の持久力。rms beauty アイポリッシュ マグネティック ¥3800/アルファネット【B】ピタッとフィットし、濡れたようなツヤをオン。AQ MW アイグロウ ジェム BR380 ¥2700/コスメデコルテ

Q. マスクしたとき、メイクはどうすべき?

“眉をキリッとさせて!”

Image title

「マスクで隠れる部分より眉に注力。眉頭側1㎝をコームマスカラで毛流れにそってとかし、立たせると旬顔」(小田切さん)

Image title

イチオシは、透明よりもボリュームが出て黒より自然なグレーのマスカラ下地。ラッシュバージョンアップ ¥1000/エテュセ

Q. 地割れさせないためには?

“下地のW使いで、ファンデ、お粉は塗らない”
「下地だけならくずれようがない!トリートメント下地でうるおしてから色つきシリコン系で凹凸をならして色も均一化」(小田切さん)

Image title

【A】オイル入り。トリートメント プライマー SPF20・PA++ 30g ¥6000/SUQQU【B】つるサラに。ステージ パフォーマー ブロック:ブースターナチュラル ベージュ SPF50・PA+++ 30ml ¥4500/シュウ ウエムラ

Q. ダークトーンのメイクや服で顔の印象が沈みがちです。

“顔の中心ハイライトでパッと明るく”

Image title

「鼻根や目頭の下、唇の山の上とあご先といったセンターにハイライトをなじませるだけで肌も印象も全体的に明るく」(小田切さん)

Q. 色白なので旬のくすみシャドウが似合いません。

“先にいつものベージュシャドウを仕込んで”
「定番ベージュを塗ってから重ねれば不思議と解決。チークにも応用でき、その場合はベージュピンクを」(小田切さん)

Q. 唇が荒れているときのリップメイクは?

“グロスを指でトントン塗り”

Image title

「ケアする時間がないときは厚みのあるグロスやリキッドルージュを指にとり、めくれを上からおさえつけるようになじませて」(小田切さん)

お話をうかがったのはコチラの方々!

松倉 HEBE DAIKANYAMA 院長 草野貴子先生
形成外科、美容皮膚科を専門とし、頭脳明晰、容姿端麗を体現するスーパードクター。明快な説明と的確なケア&施術の提案に定評あり。

美容家 山本未奈子さん
MNC New York代表取締役。NY州認定ビューティーセラピスト資格を持つ。「シンプリス」を手掛け、美容本の著書も多数。

美容ジャーナリスト 永富千晴さん
常に第一線で美容情報を発信するスペシャリスト。ユニークな切り口でコスメを分析し、豊かな発想力を活かした目ウロコテクを考案。

ヘア&メイクアップ アーティスト 小田切ヒロさん
美肌と抜け感のあるメイクが得意。基本からニッチな情報まで精通するビューティマニアでもあり、つるつる肌はモデルの憧れの的。

撮影:当瀬真衣/TRIVAL(人物),伊藤泰寛(商品)、ヘア&メイク:小田切ヒロ/LA DONNA、スタイリスト:川崎加織、モデル:田辺かほ、取材・文:楢崎裕美、構成:芦田夏子