1. 【憧れのモデルの顔に変身】克服すべきは下まぶたのメイク&チーク

2016.12.21

【憧れのモデルの顔に変身】克服すべきは下まぶたのメイク&チーク

「BeauTV~VOCE」で人気コーナー"メイクで憧れの顔に生まれ変わる"「Beauty Book」。先週金曜日はVOCE公式インフルエンサーVOCEST!の酒井ありささんがお悩みを相談。資生堂トップヘア&メーキャップアーティストの岡元美也子さんがお悩みを解決しました。

【憧れのモデルの顔に変身】克服すべきは下まぶたのメイク&チーク

普段から美意識の高い
酒井ありささんのお悩みは……?

アイメイクを少しやりすぎてしまう
チークの入れ方が分からず、大人風にしたいのに色をのせすぎてしまう

そんな酒井さんの憧れの顔はモデルの宮田聡子さん。愛されるようなメイクと親近感のある親しみやすいメイクに憧れるのだそう。

酒井さんが苦手なチークの入れ方を克服して、ふんわりやわらかい雰囲気を出すメイクテクを早速、岡元美也子さんが伝授していきます!

POINT1:ビューラー

Image title

目力を出すには、"アイライン"を使う方法もありますが、今回は"ふんわりとした印象"にするために、アイラインは使わず、かわりにまつ毛の上下をしっかりカールしていきます。下まつ毛をカールすることで、アイラインよりも自然に目のタテ幅が大きく見えるんです

POINT2:アイシャドウ→マスカラ

Image title

「ポイントはアイメイクの色選びと、アイカラーを広げる幅」と、岡元さん。そこで岡元さんが手にしたのは、赤みがかった、紫ニュアンスのクリームタイプのシャドウ。大人っぽい&色っぽい雰囲気もありつつ、やわらかい雰囲気がだせるカラーですね。

のせる位置は、上まぶたからまぶたのキワの中央寄りで、のせたら上にぼかしていきます。輪郭は指でぼかすのがオススメ。さらに、下まぶたのシャドウはライン状にならないように広くぼかすことでふんわりとした印象に。マスカラは上下にぬります。

POINT3:チーク

Image title

今回はクリームタイプのピンクチークを使用。骨格のしっかりしている酒井さんの場合、
やわらかく見えるように、頬の一番高い位置を中心に丸くぼかしていきます。アイメイクとチークが一体になっているように仕上げることで全体のふんわり感アップするので、チークは濃いところがポイントになるように、まわりをきれいになじませるのがポイントです。

POINT4:リップ

Image title

仕上げのリップはバーム状のものを使って、唇の内側から塗っていきます。輪郭をくっきりさせすぎないのがポイント。リップカラーを塗ったら、これでメイクの完成です。

今回お悩みを相談した酒井さんは、完成したメイクを見て、「アイメイクとチークでこんなにふんわりとした印象に変わることにビックリ」、「憧れの宮田聡子さんの顔に少し近づけたのではないかな♡」ととっても嬉しそうでした。

みなさんも是非試してみてください♪放送で使用されたコスメの詳細は、関連コスメでチェックしてくださいね。

もっと詳しくメイクテクを知りたい方はこちらをチェック!

次回のOAは12/23(金)深夜1時50分放送!

Image title

占星術研究家の鏡リュウジさんをゲストに迎え、12星座別恋の攻略法や欧米でトレンドのカード占いで恋愛運を上げて心からキレイになれる占いを大特集します。その他にも、セルフでできるミラーネイルやこの冬オススメの最新ビューティトリップ情報をお届けします。お見逃しなく!!