1. 部屋の乾燥が、パサつき広がる髪の原因になるって知ってた!?【ビューティQ&A】

2017.01.04

部屋の乾燥が、パサつき広がる髪の原因になるって知ってた!?【ビューティQ&A】

雨の日や湿気が多いと膨張して広がったまま、まとまらないパサついた髪の毛。おさえようとしてワックスをつけすぎると、べたーっと見えてしまうし……。パサつきがちで広がりやすい髪質はもう変えられないの?

部屋の乾燥が、パサつき広がる髪の原因になるって知ってた!?【ビューティQ&A】

Q.髪が広がってまとまらない! どうすればいいの?

A.髪が広がる原因の多くは、髪自体の水分が少なくなり乾燥していることです。そこで髪の毛がパサつくのは、おもに5つの原因があります。

・頭皮の乾燥
・栄養不足
・ドライヤーによる髪のダメージ
・カラーやパーマによるダメージ
・ストレスや疲労によって

この5つの原因を取り除かないと、髪のパサつきが起こりやすくなり、髪が広がってしまいます。

頭皮の乾燥

Image title

まずは頭皮の乾燥ですが、髪の毛は頭皮が土台となって生えているので頭皮が乾燥すると、当然髪の毛も乾燥してしまいます。髪の毛の洗いすぎや洗浄力の強すぎるシャンプーを使っていないでしょうか? また紫外線を多く浴びて頭皮が乾燥してはいないでしょうか? 実は部屋の乾燥も、頭皮を乾燥しやすくし、血行不良を起こして頭皮のターンオーバーが乱れる原因なので部屋の加湿も大事。頭皮の乾燥は髪の広がりやパサつきだけでなく、頭皮に炎症を起こしてフケの大量発生や頭皮トラブルの元。また抜け毛や切れ毛の原因にもなるので注意しましょう。

栄養不足

Image title

ダイエットなどによる栄養不足で、髪の毛に栄養が届きにくくなると、髪が細くなるのと同じで、頭皮も栄養不足に。特にビタミンが不足してしまうと、乾燥を起こしやすくなるので、頭皮の乾燥予防にはビタミンの摂取が必須です。

ドライヤーによる髪のダメージ

Image title

髪にドライヤーを近づけすぎたり、同じ場所にドライヤーを当て続けると、髪はダメージを受けて、それがパサつきの原因に。ドライヤーをかける前に「洗い流さないトリートメント」をつけ、最低でも髪から10cm離して、ドライヤーを動かしながら髪をかければダメージを防げます。

カラーや、パーマによるダメージ

Image title

カラーやパーマは髪の毛のキューティクルを開いて、そこから髪の内部に薬液を入れ込むことで、髪の色を変えたり形を変えたりします。キューティクルは髪の毛の水分を逃がさないように守る存在。そのキューティクルが開くことによって、そこから水分が蒸発しやすくなり、髪の水分不足を起こします。

ストレスや疲労

Image title

ストレスや疲労がたまり過ぎてしまうと、血行不良や肌のターンオーバーを起こしやすい状態に。ターンオーバーが乱れると、健康な肌を作ることができなくなり、皮膚の老朽化が早くなります。皮膚が老朽化することによって、頭皮も段々と乾燥。働き過ぎで疲労がたまったり、ストレスを多く抱えてしまったりすることも大きな原因です。同時に睡眠不足からくる疲れの回復不足なども大きな影響を与えてしまうので注意しなくてはいけません。