1. 【ピコハラ対策】カラオケ処世術を伝授【苦手な人のために】

2016.12.31

【ピコハラ対策】カラオケ処世術を伝授【苦手な人のために】

忘年会シーズン。いつもよりもカラオケに行く機会も多いのでは?でも、正直カラオケって苦手。そんな人のための処世術エピソードを1000人ネット調査からご紹介。

【ピコハラ対策】カラオケ処世術を伝授【苦手な人のために】

カラオケ処世術

★マイクパス
メンバーの中で一番歌好きな人の得意曲を入れて、「あなたの歌が聴きたくて入れたの。お願い、聴かせて」と懇願。(24歳・主婦)

★ヘビーローテーション的な
誰もが知っているノリノリの曲を選び、かならず誰かを指名して一緒に歌ってもらう。そして、口を大きく開けて熱唱しているふりしつつ、実は極小の声しか出さない。(27歳・営業)

★4本使い
「歌え」と言われたときに、「盛り上げ役の方が好きだから」という理由が通用するように、1曲目からマラカス4本持ち、全力で振りまくり、時には、タンバリンも脚で回
し、パフォーマーに徹する。(32歳・銀行員)

★う○こ
曲を選んでいるふりをしながら、つぎの人にリモコンをパス。それでも逃げ切れなくなっ
たら、森山直太朗の『うんこ』という曲を入れる。1分23秒くらいと超短いので、タイトルを見て周囲の人がざわつき、その後、歌詞を見て「これ意外と感動的な曲!!」とザワついている間に終了する。(39歳・ライター)

★カラオケ好きの歌嫌い
入り口付近を陣取り、ひたすら食べものや飲み物のオーダー係に専念する。お酒をたくさ
ん飲むメンバーだと、重宝されて、歌うことを免除されることも。(34歳・医療事務)

★脅しのような宣言
歌わなければいけない雰囲気になったら「先に言っておきますが、音痴ですよ。ひかない
で盛り上げると約束してくれますか?」と言ってから一曲限定で歌う。(31歳・IT関連)

それはさすがに辛い……という他人のエピソードからも処世術を学んで。

★カラオケ奉行
前奏が始まり、さぁ歌うぞというところで曲がブツッと切れた。振り返ると女上司がリモコンを持っていて「ごめん。これ、私があとで歌う予定だから」と。さらに、トイレに行こうとすると「つぎ私だから、その後にしてもらっていいかな」と睨まれた。そんな人と二度と一緒に行きたくないのに、毎週末誘われるのが辛い。(26歳・会社員)

★下半身強化
上司が「どうしてもスタンドマイクで歌いたい」とワガママなことを言い出し、そのお店に用意がないとわかると、若手を自分の前にしゃがませて、マイクを持たせて、“人間スタンドマイク”に。しかも、ロックスターのライブ気取りで激しく右に左に動くため、マイク係も一緒にうさぎ跳びしながら移動しなければならない。(35歳・看護師)

★断る!
人の歌にのせて、かならずヴォイパで乱入してくる友人がいる。実力がないため、「ヴォヴォヴォヴォ~」と騒音が聞こえるだけで、キレイな伴奏が掻き消されて迷惑。(30歳・ソフトウェア開発)

★リピート地獄
100点を出すことを目的に、ひたすら同じ歌だけを繰り返していた友人。3時間が経過しても最高得点は98.45だった。「何度やっても無理なら違う曲にしてみたら」と提案すると、「この曲、難しいんだから。そんなこというなら歌ってみなよ」と、なぜか私にマイクが。それで100点が出てしまうという悲劇が起き、号泣された。(24歳・飲食)

★独唱
ゼミの仲間は、カラオケルームに入室した途端、十八番ソングを8曲入れ、マイクをひとり占め。それが終わると、すっきりしたような顔で、「私はこれで」と帰っていった。しかも、払ったお金も30分ぶんだけだし……。(26歳・大学生)

★カラハラ
「歌え」と強制する人! 歌がヘタな人は、人前で音痴を披露したくないだけなのに、強引に曲を入れるなどして歌わせたがって困る。新聞に“カラオケハラスメント”という文字が! その記事を拡大して、歌を強制する人のデスクに置いておいたら、無理強いしなくなった。(28歳・営業)

★地獄の1/4Hour
1曲15分もある歌を選曲する上司。しかも、音程をわざとはずしながらしゃくり上げるオリジナルバージョンがお教のようにしか聞こえず、夢に出てきた。(38歳・サービス業)

★耳栓プリーズ
耳が壊れそうなほどの声量(しかも、裏声)で、オペラ調に歌い上げる女友達。(29歳・製造)

★最新DAM命
金曜の夜、カラオケに行ったら、最後の一部屋に滑り込めた。が、喜んだのも束の間、「俺が歌いたいのはこの機種じゃない」とマシーンを選り好みした一人の男のせいで、すぐに出て別のカラオケへ。次の店でも希望の機種が空いてないと判明したが、周りの人に説得され、入店。しかし、納得が行かない男は、ほかの部屋をまわり、「部屋を替えてくれ」と交渉しはじめた。(38歳・調理師)

Image title

こちらもチェック♪→忘年会シーズンあるある・事件はカラオケルームで起きている

文:金子優子、構成:与儀昇平