EXITりんたろー。美容道

筋肉にも、肌にも効く、作り置きできるレバー料理に挑戦!【連載第35回】

2021.05.26

オートミール、美活スープ、サラダチキン……今回の料理企画のラストを飾るメニューは、レバー! 「レバー大好き♡」なりんたろー。さんに作り置きしておけるレシピを伝授します。

オートミール、美活スープ、サラダチキン……今回の料理企画のラストを飾るメニューは、レバー! 「レバー大好き♡」なりんたろー。さんに作り置きしておけるレシピを伝授します。

貧血気味で、「レバーを食べなさい!」と言われたことがある人は多いはず。りんたろー。さんは、血液検査の結果を受け、美容師匠である皮膚科医・貴子先生から「積極的にレバーを食べて」と言われたひとり。その話を聞いた栄養士でもある牛尾理恵先生が、自身の筋トレ食として常備しているレバー料理を教えてくれました。

筋肉サプリメント!? レバーを味方に

牛尾先生(以下、敬称略)「今回紹介するレバー料理は、本気でトレーニングをするときの私の常備菜です。『筋肉サプリメント』としてよく作るんですよ」

りんたろー。さん(以下、敬称略)「『筋肉サプリメント』! うける! そんなの手作りできるんですか?」

牛尾「レバーで作れるんですよ。苦手な人も多いですけど、りんたろー。さんはレバーは大丈夫でしたよね?」

りんたろー。 EXIT 

りんたろー。「大好きです♡ 焼肉屋さんに行った時は必ずオーダーしちゃうくらい」

牛尾レバーは高たんぱく、低カロリーで、ビタミン類も豊富で栄養の宝庫。その配合バランスもよくて、たんぱく質の代謝に必要なビタミンB6やB12が含まれるので、体内で効率よく吸収されやすいんです。鉄分も豊富なので貧血気味の人にとてもおすすめ」

りんたろー。「やるな、レバー。血液検査をしてもらった貴子先生にも、『とりあえずレバーを食べたほうがいいよ』って」

牛尾「独特な風味で苦手な人も多いけど、レバーをよく洗ってから牛乳に10分ほど浸し、また洗って水けをふき取ると、臭みがとれます

りんたろー。「へえー、それはいいこと聞いた! レバー苦手な方は試してみてほしいですね」

牛尾「レバーはサプリメントだと思って、ぜひみなさんに食べてほしいんです。今日はレバーが苦手な人でも食べやすいレシピを紹介したいと思います。今回は、豚レバーと比べて少しだけですが低カロリーで栄養価が高く、何より臭みが少なく、なめらかな仕上がりになる鶏レバーを使いますね!」

りんたろー。「鶏のほうがスーパーでも購入しやすいかも! 楽しみでしかないっ!」

映えも完璧♡ カロリー抑えめの最強レバーペースト

牛尾「ひとつめはレバーペースト。今回はフードプロセッサーを持っていない人のために、ビニールに入れて手でつぶします」

りんたろー。 EXIT 

りんたろー。「小さいのなら持ってるけど、洗うのが面倒くさいから、ありがたいっ!」

牛尾「フードプロセッサーで混ぜると早いんですけど、なければいったんゆでた材料をビニールの中でつぶして混ぜるだけでOK。では、材料をジッパー付きのビニール袋に入れたら口を締めて、手でつぶしながら混ぜましょう」

りんたろー。「チーズも入れるんですか? カロリーやばくない?」

牛尾普通のレストランとかで出てくるレバーペーストは、バターやチーズなど、結構脂質が多いんですね。でもこれは脂質の少ないカッテージチーズを使っているので、コクを出しながらもカロリーを抑えられるので、ダイエットにおすすめです」

りんたろー。「カッテージチーズすごっ! じゃ、つぶしますよ。も~みもみ~♪」

りんたろー。 EXIT 

牛尾「なんとなく大きな塊がなくなればいいですよ」

りんたろー。「まだいるな…」

りんたろー。 EXIT 

牛尾「少しくらい残っても大丈夫。ちょっとごろっとした食感があってもおいしいんです。そのペーストをパンにのせてください」

りんたろー。「パンはやっぱり全粒粉♡」

りんたろー。 EXIT 

牛尾「白いパンより少しでも体にいい栄養素が入った全粒粉のパンにしました。栄養をとればストレスに強い体づくりに役立ちますから!」

りんたろー。「ストレスに強い体、大事! 先生、どれくらいのせればいいすか?」

牛尾「好きなだけのせちゃっていいですよ」

りんたろー。「全粒粉のパンに、筋肉サプリのせちゃいまーす♡」

次ページ
筋肉サプリ、レバーペースト

Brand News

VOCEタイアップ

Serial Stories

連載・シリーズ