1. ドライヤーVS自然乾燥、本当に髪にいいのはどっち?【ビューティQ&A】

2017.01.18

ドライヤーVS自然乾燥、本当に髪にいいのはどっち?【ビューティQ&A】

お風呂に入った後、髪を乾かさずに濡れたまま眠っていませんか?正しいシャンプーの仕方をしても、トリートメントでヘアケアしても、髪が濡れたままでは手入れの効果も半減してしまいます。

ドライヤーVS自然乾燥、本当に髪にいいのはどっち?【ビューティQ&A】

自然乾燥の悪いところ

Image title

臭いやかゆみの元になる

髪が濡れている状態が続くと、雑菌が繁殖しやすくなります。雑菌は、臭いやかゆみの元です。髪には常在菌が潜んでいるため濡れた状態だと菌が繁殖してしまい、臭いの原因になります。髪が濡れたまま寝てしまうと、枕と髪が接触している部分はさらに湿度が高まるため、より菌が繁殖しやすくなるのです。

髪が傷みやすくなる

髪は、濡れているとキューティクルが開いていて弱い状態になります。そんな時に半乾きの状態でブラッシングや、そのまま寝て枕に頭をあててしまうと、摩擦によりキューティクルが剥がれて傷ついてしまうことがあります。パサつきや枝毛の原因にも!

寝癖がつきやすくなる

Image title

髪には、タンパク質の「水素結合」というものがあり、乾いた時に結合されて髪の形が決まります。そのため、中途半端に濡れた状態で寝てしまうと、朝起きた時に変な寝癖がついてしまうというわけです。

薄毛の原因を誘発

髪が濡れたままだと、頭が冷えてしまい頭皮の血行が悪くなります。発毛には、頭皮の血行が重要。血行が悪くなると薄毛の原因になる可能性があります。

次は、髪をドライヤーで乾かすメリットについて……

  • 1
  • 2