1. 【憧れのハーフ顔に変身】変えるべきはチークだった!

2017.01.17

【憧れのハーフ顔に変身】変えるべきはチークだった!

「BeauTV~VOCE」で人気コーナー"メイクで憧れの顔に生まれ変わる"「Beauty Book」。先週金曜日はVOCE公式インフルエンサーVOCEST!の小林花織さんがお悩みを相談。トップヘア&メーキャップアーティストの岡元美也子さんがお悩みを解決しました。

【憧れのハーフ顔に変身】変えるべきはチークだった!

目がぱっちりした、お人形のようなハーフ顔に憧れて、アイメイクを濃くしてみたり、ノーズシャドウを入れてみた経験、ありませんか?でも、自己流のメイクだと”ただメイクが濃い”印象になりがち。

プロの技を使えば、自然なハーフ顔に、しかも小顔効果まで手に入れることができちゃいます。早速、中条あやみさんのような”透明感があって、お人形のような可愛い顔”になる方法をチェックしていきましょう!

HOW TO MAKE-UP:憧れのハーフ顔に変身

POINT1:
眉を直線的に描く

Image title

眉を描くのって苦手な人が多いのでは?今回意識するポイントは”直線的”&”ソフト”に描くこと。

そのためには、いきなり眉頭からではなく、薄くなりがちな眉尻や眉山から描くことです。そして、軽いタッチで、眉と眉の間を埋めていくような感じで描きます。時々ブラシでなじませるのがポイント。眉頭は強くなりすぎないようにソフトに描きましょう。

POINT2:
黒いアイライン&マスカラで目元をパッチリ見せる

Image title

中条さんのようなシンプルな目元に仕上げるには、アイシャドウは2色使い(ハイライト&ベージュ)でOKです。まず、ハイライトカラーをアイホールに広げ、ベージュを二重の幅程度に目の際からのせていきます。ベージュは下まぶたにもふんわりのせて、丸い目の印象に近づけます。

続いて、アイラインはまつ毛とまつ毛の間を埋めるように入れて、目のフレームをはっきりさせる効果をアップさせましょう。さらに、目力をアップさせるべく、マスカラはまつ毛の根元からしっかりつけて。もちろん、上まつ毛だけでなく、下まつ毛にもつけることで、目が丸い印象になるので丁寧につけていきましょう。

このように眉をまっすぐにして、目を丸くすることで目と眉の距離が短くなって、アイシャドウのカラーを濃くのせていなくても彫りの深い印象に。

POINT3:
チークを横長に入れる

Image title

今回の変身メイクの最大のポイントはチークなんです。中条さんのように顔を短く見せるには、チークを横に入れて、ぼかすときも縦にならにように気をつけましょう!横長を意識してぼかしていくと、横に顔がひっぱられる効果があるので、小顔効果もアップしちゃいますよ。

まず、色をのせるのはニコっと笑って高くなるところ。そして、チークを縦ではなく、横に伸ばしましょう。ぼかす際はブラシを立てるのではなく、寝かすことで、よりキレイなグラデーションをつくることができます。グラデーションが完成すれば、メイクの完成です!!

さらに岡元さんからアドバイス

頬は顔の中で一番広い部分なので、メイクの仕方で印象がガラッと変わります。

可愛く見せたかったら→短く丸く、横長に。
大人っぽくしたかったら→頬骨に沿ってぼかす。

みなさんも是非試してみてください♪放送で使用されたコスメの詳細は、関連コスメでチェックしてくださいね。

もっと詳しくメイクテクを知りたい方はこちらをチェック!

次回のOAは1/20(金)深夜1時50分放送!

Image title

メイクレッスンは、美容界のトップランナー嶋田ちあきさんがベースメイク術に引き続き、ワンランク上のプロのアイメイク術をレッスン。使いがちなブラウンをあえて使わないテクニックは必見です!