1. 【トランプ美容】トランプファミリーの美について考えてみた

2017.01.24

【トランプ美容】トランプファミリーの美について考えてみた

人気連載「辛酸なめ子の妙齢ノート」。鋭い洞察力とクスッと笑える文章が魅力の辛酸さんが、今回はトランプファミリーの美について考察してみました。

【トランプ美容】トランプファミリーの美について考えてみた
藤平 奈那子
VOCEエディター
by 藤平 奈那子

トランプ美容

緑色の正体不明の物体を吐き出したり何かと不安要素が多かったヒラリー・クリントンにドナルド・トランプが勝利。トランプ本人は好感度はいまいちでも、周りの美女や美少年につい心が動かされて投票してしまったアメリカ人は少なくないのではないでしょうか。勝利演説の時は、日本でも息子のバロン君がかわいいと話題になり、メラニア夫人のゴージャス感、イヴァンカさんのレベルの高さも目を引きました。微妙な感じに成長してしまった30代の二人の息子は置いておいて、トランプファミリーの美について考えてみたいです。

Image title

10歳で身長170センチとモデル級に成長しているバロン君。前に海外の雑誌で朝食の風景を見たことがあるのですが、フルーツ盛り合わせとかを食べていて、食生活のレベルは高いです。さらに、バロン君は母親のメラニア夫人がプロデュースしたキャビア入りの美容クリームで全身をケア。ハリを保つ効果があるようです(バロン君より、トランプ氏の緑色のクマをなんとかした方がいいような気もしますが……)。美に対して貪欲なメラニア夫人はスロベニア出身の元モデル。控えめな性格でトランプ氏を支えます。あまり喋らないのでイヴァンカさんなどトランプの子どもたちには「肖像画」と呼ばれているとか。ゴージャスなジュエリーをデザインしたり、コスメをプロデュースしたり、セレブ仕事を手がけています。

メラニア夫人のビューティの秘訣について海外サイトのインタビュー記事を調べると「毎晩クレンジングし、保湿しましょう。決してメイクしたまま就寝しないで。肌が乾燥してしまいます。水はたくさん飲みましょう。毎日フルーツと野菜を食べると顔色が明るくなります。ボディクリームはヒリヒリするので顔には使わないように」と、コンサバなメラニア夫人らしいアドバイスが。おすすめのスムージーのレシピは「ホウレンソウ、セロリ、バナナ、ヨーグルト、ラズベリー、オメガ3脂肪酸」のミックスだそうです。メラニア夫人は「一切美容整形はしていません。all-naturalです」と主張していますが写真を見ると劇的な進化が……。

Image title

そして美と知性と家柄、全てを兼ね備えたイヴァンカさん。両親の離婚や、マスコミに注目される私生活でタフに育ち、先日の安倍首相訪問の時も、同席したイヴァンカさんがピンヒールで足を組んで座っていて、首相にも全く物怖じしない度胸を感じさせました。かわいいのに実はSキャラというギャップがそそり、ピンヒールで踏みつけられたい男性は多いのではないでしょうか。彼女の美容は、毎日のフィットネスと、チキンや魚など低カロリーなタンパク質を適度に摂取する食事。ハーフマラソンにも出たりと、意識が高いです。日々の忙しさを癒やすのに、よくスパでトリートメントを受ける、というのはお金持ちっぽいです。でも抜け目ないイヴァンカさんは庶民アピールも忘れません。いろんなインタビューで「私はドライヤーを持っていません。濡れたまま仕事場に出かけて自然乾燥しています」と語っています。ちょっとズレた庶民アピールですが、それでも髪がパサパサにならないのは普段の美容や食生活の賜物。イヴァンカさんと自分の共通点を探したら「NARSのチークを愛用」くらいでした。久しぶりに憧れの存在が出現したので、生きる気力がわいてきました。

Image title

Profile
辛酸なめ子
漫画家・コラムニスト。この連載をまとめた『妙齢美容修業』(講談社)が好評発売中。ほかにも『なめ単』(朝日新聞出版)、『アイドル処世術』(コア新書)など、著書多数。

文:辛酸なめ子、構成:藤平奈那子

藤平 奈那子
藤平 奈那子
インナードライのオイリー肌なのでスキンケアは保湿と油分のバランスに注力しつつ、根っからの小麦肌ゆえ、健康美肌道を模索&邁進中。メイクはファッションに合わせてリップの色で遊ぶのが好き。海外旅行とアウトドア、街歩きが好きなアクティブ派。