1. 温活は全身浴におまかせ♡頼れる相棒は「バスピロー」で決まり!

2017.01.31

温活は全身浴におまかせ♡頼れる相棒は「バスピロー」で決まり!

冷えは万病&ブスのモト!本格的に寒いこのごろ、お風呂での温活にいそしむ人も多いはず。冬なら半身浴よりしっかり肩までお湯に浸かる全身浴が効果的。そんな全身浴の頼れる相棒はバスピロー!バスタイムが待ち遠しくなる逸品&使い方を見ていきましょう。

温活は全身浴におまかせ♡頼れる相棒は「バスピロー」で決まり!

全身浴って何がいいの?
より温まるコツは?

Image title

下半身を温めることで全身の循環を良くするのが半身浴。しっかり汗をかくこともできますが、冬場は全身が温まる前に上半身が冷えてしまうこともあり、寒い時期にはちょっと億劫に感じることもありますよね。一方、肩までお湯に浸かる全身浴は、水圧がかかることで全身の血流を高め、むくみをオフする効果があります。お風呂に浸かった瞬間から温かく、お湯はぬるめでも芯から温まるのでリラックス効果も高く、深い眠りを呼びます。そのため眠活にもなり一石二鳥です。そして、入浴剤の効果を満喫できるのも全身浴の魅力の一つ。特に、炭酸系の入浴剤は皮膚を酸欠状態にすることで血管を拡張させ、血の巡りを良くします。巡らせ温めるための冬の入浴にはもってこいのアイテムです。

さらに、のんびりお風呂で温まるために是非投入したいプラスワンアイテムが「バスピロー」。お風呂で使う防水タイプの枕です。昔ながらの深い浴槽はあまり見かけず、浅いバスタブが主流のこの頃。肩までしっかりお湯につかるには、自然とバスタブの縁に頭や肩をもたれる姿勢になります。そんなとき、バスピローがあればごつごつ感ともバスタブの縁の冷たさとも無縁。だら~んとリラックスしてお湯にしっかりつかるためのサポートアイテムです。

スマホタイムやマッサージまで!
至福のバスタイムを作るバスピロー3選

「お風呂用の枕なんてどれでも同じでしょ?」そんなことはありません!どうせ買うならお風呂タイムを楽しくしてくれるものを選びたいですよね。“リラックスしすぎて寝落ち注意!”な、おすすめバスピローを紹介します。

”スマホタイムは肩が冷える”を解決!
「お風呂でもちょっと持って手!」

Image title

http://www.thanko.jp/product/7110.html

長風呂のおともと言えばスマホ。とはいえ、スマホを見やすい位置にキープしていると、お湯から出た腕や肩が冷え冷えに。コレではせっかくの全身浴も効果が半減してしまいます。このバスピローは、肩だけじゃなく、あなたのスマホも支えてくれる、できるコなんです。空気を入れてふくらませれば、枕とスマホを支えるアームに。顔の前でスマホをホールドしておいてくれるので、腕も肩もお湯の中、目の前にはスマホ……そんな至福のバスタイムを堪能できます。

”あの高級ホテルにもある♡
初めて買うなら「Croydex」

Image title

http://www.jicworld.co.jp/croydex/index.php#cdx_bathpillow

ホテルオークラなど、高級ホテルにもおかれているクロイデックスのバスピロー。薄めなのにしっかりくつろげる大きさ&ほどよい固さ。吸盤で固定でき、使用後は水洗いできるのも嬉しいポイントです。見た目は薄いですが、初めてのバスピローならヘタに角度がつくよりリラックスできます。バスタブに頭をもたれかければ、自然と肩までお湯に浸かれるし、バスタブに触れる肩や首が冷たくないのは思った以上のリラックス感が。バスピローデビューの人におすすめです。

お風呂タイムが至福のマッサージタイムに
「ルルド バスピロー」

Image title

http://www.atexdirect.jp/fs/atexdirect/ax-kxl520

どうせ買うならただの枕じゃつまらない!そんなあなたは完全防水×振動でリフレッシュできるバスピローが狙いめ。首・肩・腰はもちろん、脚にも使えるので「お風呂に枕?いる?」という人にこそチェックしてほしい一品です。お風呂での脚マッサージは意外に重労働。本気でやるとぼーっとリラックスするどころではありません。マッサージはこの枕に任せてのんびりしてみては?


一度使えばお風呂タイムが楽しみになり、全身リラックスできるのがバスピローの魅力です。冬のお風呂の小さな贅沢アイテムとして、ぜひ投入してみて。