1. 美人ほど幻滅されちゃう!足のイヤなにおいをモトから断つ方法

2017.02.04

美人ほど幻滅されちゃう!足のイヤなにおいをモトから断つ方法

冬こそ足のにおいが気になる……。ブーツのせいと思いきや「パンプスでもヤバいんだけど」という人も少なくないようです。消臭スプレーなどに頼らず、できればお座敷でも躊躇なく靴を脱げる足でいたいもの。足のニオイをモトから断つ方法、見ていきましょう。

美人ほど幻滅されちゃう!足のイヤなにおいをモトから断つ方法
中野 亜希
ライター
by 中野 亜希

明日はデート!
それなら今すぐ効くのは「角質オフ」

Image title

即効性があるのが「足の角質を取る」こと。ヒールをよくはく人、足をホールドする面積の少ない華奢な靴が好きな人は要注意。脚に負担をかけることは角質がすくすく育つ原因だったりします。角質をそのままにしておくと、溜まった角質が汗でふやけ、雑菌の繁殖をまねきます。角質ケアで細菌の巣を取り除くことが大切です。また、足の爪は手の爪に比べて、爪の間に汚れが溜まりやすいもの。たとえ少量でもこの汚れが残っていると足の強烈なにおいの原因に。爪ブラシで爪の隙間までよく洗えばにおいが気にならなくなることが多いです。また、サロンでのケアもオススメ。プロの手で足の角質や爪回りの甘皮までも定期的にケアできるため、爪の健康や美しさの他、間接的ににおいケアにもなります。手のついでにフットケアもサロンにお任せしちゃうのもひとつの手です。

ブーツじゃなくてもヘビロテはNG
「靴を乾燥させる」

Image title

毎日同じ靴を履かないのもにおい対策には大切なこと。ついヘビロテしたくなる靴もありますが、靴に残った湿気はにおいのもとになります。足は汗をかいた感覚が分かりにくいですが、一日に足からかく汗はコップ一杯分にもなります。何日も履き続けた靴を修理に出そうとしたら「靴が湿っていて直せない。雨の日は履いちゃダメだよ」と注意された人も。一度履いた靴は、最低1日は間を空けて履きたいもの。それだけでもイヤなにおいの発生率は下がります。特に、合皮のパンプスは本革のものに比べて蒸れやすいという特徴が。合皮の靴は雨でもダメージを気にせずはけるなどのメリットもありますが、あまりヘビロテせず、その都度乾燥させてから履きたいものです。

汗をかかないとくさくなる!?
「きちんと汗をかく」

Image title

においが気になったり、べたつくなど、何かと悪者にされがちなのが汗。できればかかずにすませたいと思う人も多いのでは?しかし、汗をかかないことによって、かえって、足のにおいを含む体のイヤなにおいが強くなってしまうことも。一日中エアコンの効いた部屋で過ごしたり、汗をかかないように運動しない、というライフスタイルは避けましょう。普段体を動かすことが少ない人も、夜は季節を問わず湯船につかって汗をかき、どばっとデトックスしたいもの。飲み物をジュースやお茶ではなくお水にすることで、血液の巡りがよくなり、さらさらした汗をかけるようになります。こうなるとより老廃物が排出されるので、合わせ技で臨みましょう。

がんばってるのにくさくなるなんて!
「疲れをためない」

Image title

働く女子にはショックな話ですが、疲れているだけで足のにおいが強くなるのです!体が疲れると、体内に乳酸とアンモニアが発生します。さらに、疲労で肝機能が低下することで、それらが分解されきらず、汗腺に放出されてしまうことに。そうなると、かいた汗がにおいやすくなってしまうのです。仕事でもプライベートでも、予定は詰め込みすぎず、ゆっくり休養を取ることもにおい対策には大切です。


どんな女性でも発生する可能性のある「足のニオイ」。ブーツの時期だから仕方ないなんてことはありません。徹底ケアでいつでも脱げる足を手に入れたいですね。

中野 亜希
中野 亜希
コスメ大好き!美人大好き!なライター。スキあらばコスメカウンターとドラッグストアを徘徊し、芸能人のメイク分析や美容にイイ食べ物&ギアを試すのが至福の時。365日違うメイクをするため、ポーチの中身は毎日総取替え!本誌で一番好きなのは「実験VOCE」。