1. 一度塗ったら赤リップがやめられない⇒ベージュリップでマニッシュに変身!

2017.02.03

一度塗ったら赤リップがやめられない⇒ベージュリップでマニッシュに変身!

メイクは、顔を変えることができる強力な武器。なのに、思ったような変化がでないという人は、重点を置くポイントが間違っているのかも!?そこで、メイク効果を最大限に発揮。パーツの悩みを魅力に変える秘訣をヘアメイクアップアーティストのAYAさんに教えてもらいました!

一度塗ったら赤リップがやめられない⇒ベージュリップでマニッシュに変身!
河津 美咲
VOCEエディター&ライター
by 河津 美咲

お悩みを相談するのは…

Image title

VOCEST!096 八木夏穂さん
「モテそうな顔!」とAYAさんも認定するほど可愛い顔をしているのに、色を多用した気合をいれすぎたメイクのせいで、派手っぽくなっている様子。肌のテリ感も、その一因。

Q.顔の印象がボヤけそうで……赤リップ以外つけられません!

A.脱赤リップ。ボヤけ感はコントラストづけで解決。

寒色を効かせて、膨張感のない引き締まった目もとに

Image title

「八木さんは暖色のシャドウを使っていたけど、本当は寒色系をポイントにしたほうが似合う顔。カジュアルな服にもマッチするので、上まぶたにはネイビーを効かせて。色とパールを控えた質感の相乗効果で目もとが引き締まり、ボヤッと見せたくない顔も、きゅっとした印象に」

使ったのはコレ!

デザイニング カラー アイズ,SUQQU,グランディオーズ ライナー,ランコム,

a:アイホール2/3に1をなじませ、立体感を。上まつ毛ギワ全体に、カジュアルさに不可欠な軽さもでる2を。
デザイニング カラー アイズ 05 ¥6800/SUQQU
b:黒より締まりすぎず、ヌケ感もでるブラウンを、上まつ毛ギワに細く。
グランディオーズ ライナー 09 ¥4200(限定)/ランコム

発光感のないうるツヤ肌に、赤唇の代役、影色で小顔化

Image title

「実は、いちばんの問題点だったのがベースメイク。肌がキレイな印象を与えてくれる頰の上に逆三角形にツヤを仕込むことで、輪郭にシャープさをプラスすれば今っぽい肌に。シェーディングは、かみあわせから真上、斜め上、真横に入れて、赤唇に頼らなくてもいい引き締まったメリハリ顔に」

使ったのはコレ!

クチュールコントゥーリング,イヴ・サンローラン・ボーテ,フレッシュグロウ ルミナス フルイドベース,バーバリー,フェイスステュディオ V フェイス デュオスティック,メイベリン ニューヨーク,

a:シャープにしすぎると顔にきつさがでるので、cを塗った後、女らしさを足す左の色を重ねて。眉頭下と、涙袋にも加えて顔のタテ幅を引き締める。
クチュールコントゥーリング No.2 ¥7000/イヴ・サンローラン・ボーテ
b:透明感もでるベースは、上まぶたと眉間、鼻先をのぞくTゾーンにも。
フレッシュグロウ ルミナス フルイドベース ¥5400/バーバリー 
c:強力な引き締め効果のある茶を使用。
フェイスステュディオ V フェイス デュオスティック 02 ¥1400/メイベリン ニューヨーク

赤でなくても顔がボヤけないことをベージュで証明

Image title

「唇は、赤からもっとも雰囲気が変わるベージュピンク系に。おしゃれ度がグッと増し、洗練されて見えるヴェルヴェット質感で今っぽく。マニッシュさもでるからカジュアル服にも合うし、ちょっと唇がふんわりするので色は控えても印象的に」

使ったのはコレ!

ブラッシュ,ベルベット リップグライド,NARS JAPAN,

a:唇がヌーディなので、頰には肌の彩度をあげるピンクを。頰の真ん中に逆三角形に。
ブラッシュ 4068 ¥3400/NARS JAPAN(2/17発売)
b:コンシーラーをなじませたスポンジで唇の色素を抑えてから、輪郭通りに。
ベルベット リップグライド 2710 ¥3300/NARS JAPAN

メイクに必要なのは潔さ。色を削ぎ落とすほど、顔は引き締まる。キレイを阻むのは思い込み。新しい色は、新しい魅力の源です。

教えてくれたのは

Image title

ヘア&メイクアップ アティスト AYAさん
その人を美しく見せる、メイクで活かすべきパーツを見極める審美眼で、誰でも理想の顔にする、メイク界随一の変身テクニシャン!透明感を引き出すワザにも定評があり、モデルや女優などのファンも多数。「LA DONNA」所属。

撮影:メノナオミ/Iizumi Office(人物)、伊藤泰寛(商品)、ヘアメイク:AYA/LA DONNA、スタイリスト:金山礼子、取材・文:橋本日登美、構成:河津美咲

河津 美咲
河津 美咲
すぐにゆらぐ肌質で、疲れやストレスがトラブルとして表れがちだけど、どんなコスメも臆さずトライするのがモットー。メイク、スキンケア、インナービューティまで美容全般が大好きで、最新コスメを試す瞬間が至福。読書と運動、そして寝ることが趣味の編集部最年少です!