ブランドスペシャル

【シミや疲れにも有効ってホント?】皮膚科医・友利新先生に聞く「L-システイン」のこと

2021.06.07

【シミや疲れにも有効ってホント?】皮膚科医・友利新先生に聞く「L-システイン」のこと

「L-システイン」って耳にしたことはあっても、正しい効果を把握している人は少ないのでは? 実は、肌をはじめマルチに作用する、女性にとってすごくうれしい成分なんです。そこで今回、友利新先生が「L-システイン」について詳しく解説。基本知識からSNSの噂まで、とことん深掘りします!

【シミや疲れにも有効ってホント?】皮膚科医・友利新先生に聞く「L-システイン」のこと

「L-システイン」って耳にしたことはあっても、正しい効果を把握している人は少ないのでは? 実は、肌をはじめマルチに作用する、女性にとってすごくうれしい成分なんです。そこで今回、友利新先生が「L-システイン」について詳しく解説。基本知識からSNSの噂まで、とことん深掘りします!

友利新先生&VOCEST!3名で「L-システイン」座談会を開催!

座談会メンバーは……

皮膚科医・内科医 友利新先生

皮膚科医

友利新先生
VOCEST! あさ 宮崎真梨子 美夢ひまり

(左)VOCEST!

あさ

(中)VOCEST!

宮崎真梨子

(右)VOCEST!

美夢ひまり

そもそも「L-システイン」って何? どんな作用が期待できるの?

代謝を助けてくれる「L-システイン」は、加齢で減少します

あさ
あさ

「L-システイン」って聞いたことはありますが、すごくふんわりしたイメージです。


友利先生
友利先生

「L-システイン」はアミノ酸の一種で、代謝をはじめ、体のさまざまな働きをサポートしてくれるもの。体内でも作られますが、年齢を重ねるにつれて量は減っていきます。


メラニン色素の過剰な生成を抑える、薄くする、排出する。シミに効果を発揮!

友利先生
友利先生

まず一番うれしい働きは、シミの改善。紫外線を浴びると肌に炎症が起こり、シミをつくってくださいという指令が出ますが、「L-システイン」はその指令自体を抑えてくれます。さらに、指令が出るとシミの元であるメラニン色素がつくられます。メラニン色素には色の濃いものと薄いものの2種類があるのですが、「L-システイン」は色の濃いものがつくられそうになったら薄いものに変換してくれる働きもあるんです。


美夢ひまり
美夢ひまり

黒っぽいシミができにくくなるということですか?


VOCEST! 美夢ひまり
友利先生
友利先生

そうです。さらにターンオーバーも促進してくれるので、メラニンがつくられたとしても肌の外にきちんと排出してくれます。メラニン色素をつくらせない、つくられても色の薄いものに変える、そして色の薄いものでもつくられてしまったら外に出す。すごく賢くて、多機能な成分なんです。


宮崎真梨子
宮崎真梨子

キレイな肌には本当に欠かせないものですね!


友利先生
友利先生

大人になると、シミ以外にも、くすみや肝斑など、なんとなくの“肌のモヤモヤ”が増えますよね。肌の代謝を上げることは美肌には不可欠だし、トーンアップにもつながる。最近の美白は“透明感”が大きなトレンド。時代にも合った成分です。


肝臓に働きかけるから、デトックスにも◎。二日酔い対策にも役立ちます!

美夢ひまり
美夢ひまり

肌以外にも効果はありますか?


友利先生
友利先生

肝機能の改善が期待できます。体内から毒素を出す「デトックス」を行うのは、実は肝臓なんです。


あさ
あさ

デトックスって、汗をたくさんかけばいいのかと思っていました!


友利先生
友利先生

それも大切ですが、肝機能をきちんと整えたほうが、断然デトックスになります。そしてアルコールの代謝も肝臓で行われるので、二日酔いの緩和にもひと役買ってくれます。


皮膚科医・内科医 友利新先生

体の代謝を上げてエネルギー産生が促進されるから、疲れにくい体が手に入る!

友利先生
友利先生

あとは、みなさん最近、疲れていませんか?


美夢ひまり
美夢ひまり

すっごく疲れています! 何をしても疲れがとれないし、夜は何もやる気が起きません。


友利先生
友利先生

「L-システイン」は、実は疲れにも効果的。私たちは普段、食事をエネルギーに変えていて、エネルギーがあるから体も動くし、疲れにくい状態をつくることができる。ただし、年齢を重ねると、細胞レベルでも栄養をエネルギーに変える力が衰えてきます。「L-システイン」は体の代謝を上げてエネルギー産生を後押ししてくれるから、疲れにくくなるんです!


宮崎真梨子
宮崎真梨子

私も毎日疲れているので……。今すぐ飲むしかないという気がしてきました(笑)。


友利先生が注目している「L-システイン」の働き

  1. メラニン色素の生成を抑えて排出を促進
  2. 肌の代謝(ターンオーバー)を正常化
  3. 肝機能の改善による解毒
  4. 二日酔い症状の緩和
  5. 体の代謝(エネルギー産生)をサポート

「L-システイン」にまつわる、さまざまな疑問を友利先生に直撃!

透明感UPを狙うならビタミンCと組み合わせて。私も必ず摂っています!

美夢ひまり
美夢ひまり

食事よりもサプリで摂ったほうが効果的ですか?


友利先生
友利先生

食事だと、何にどれぐらい「L-システイン」が含まれているかわからない。そういう意味でも、量がきちんとわかる医薬品やサプリメントなどで摂るのがおすすめです。


宮崎真梨子
宮崎真梨子

いつ飲めばいいですか? 最近、いったん日焼けすると腕なども全然日焼けあとがとれなくて……。せっかくならベストなタイミングで摂って全身にしっかり効かせたい!


友利先生
友利先生

こまめに飲んだほうがいいので、基本的には朝昼晩の食後に飲むのがおすすめ。ビタミンCと一緒に摂ると美白効果がより高いという研究結果もあるので、透明感が欲しいのなら組み合わせて飲むのがいいですね。


あさ
あさ

エビデンスがあると言われると、すごく信頼できます。たくさん飲むほど、効果が出るものですか?


VOCEST! あさ
友利先生
友利先生

用量や用法は必ず守ってください。たくさん飲むとまっ白になるわけではないし、飲んですぐに効くわけではないので、コツコツ続けることが大事。紫外線を浴びるなら、その後に飲むのもいいと思います。きちんと日焼け止めを塗る、美白のスキンケアを使うこと以外に、内側からもアプローチすることで、より鉄壁になります。夏の間はもちろんですが、できれば一年中、摂ってほしいですね。


「L-システイン」を摂って、白髪が増えるという実証はありません!

宮崎真梨子
宮崎真梨子

「L-システイン」を摂ると白髪が増えるというウワサをSNSで見たのですが、それは本当ですか?


友利先生
友利先生

これは本当によく聞かれますが、医学的には根拠がありません。ではなぜそういったウワサが出るかというと、「L-システイン」は最初にお話しした通り、濃い色を薄くする働きがあります。私たちの髪色はメラニン色素によるものなので、濃い色が薄くなる=白髪になるという発想のようですね。


皮膚科医・内科医 友利新先生
友利先生
友利先生

白髪についてはメカニズムがまだ解明されていないことが多いんです。たとえば、肌は紫外線を受けるとシミができたりするけれど、髪は紫外線が当たっても黒くはなりませんよね。肌と髪では色の機序(物事が起きるメカニズムのこと)も異なるので、「L-システイン」を摂ると白髪になるという実証はありません。


美夢ひまり
美夢ひまり

妊娠中や授乳中も、飲んでもいいですか?


友利先生
友利先生

胎児に影響があるといったデータはないですが、妊娠中や授乳中は何が起こるかわからないので、少しお休みしておいたほうが安心できると思います。


30代40代は今が始めどき。忙しい女性にこそ積極的に摂って欲しい!

あさ
あさ

何歳から始めても効果はありますか?


友利先生
友利先生

代謝が落ちてくる30代40代は、今こそ始めどき! スキンケアや美容医療も含めて、どれか1つだけをやって100%という美容法はないし、インナーケアを組み合わせて全方位からケアすることで美肌や健康は手に入る。そして、せっかく飲むのなら、1つで二度、三度おいしい成分のほうがいい。30代を10代にはできないけれど、30代のベストな状態に近づけると思います。


美夢ひまり
美夢ひまり

先生のお肌、本当にキレイ! 説得力もバツグンですね。


友利先生
友利先生

私たちはクリニックで常に肌を見られているし、どの成分がどう効くのか、キレイになるためには何が必要かという知識もあります。効果を正しく理解していれば、飲みたくなりますよね。女医さんは、「L-システイン」を摂っている人が多いんじゃないかなと思います。


あさ
あさ

クリニックの患者さんにも処方するんですか?


友利先生
友利先生

もちろん! レーザー治療を受けた患者さんには必ず内服してもらいますし、飲むことで色素沈着の回復が早まります。レーザーを使わずにトーンアップしたいという方もいますし、おすすめすることが多いです。「L-システイン」はすごくベーシックな成分ですが、その分、研究が進んでいて安全性も確立されている。インナーケアを始めてみようかな、何を摂れば良いかなと迷ったら、基本からスタートするのがいいと思います。


宮崎真梨子
宮崎真梨子

年齢を重ねるほど、本当に私たちに必要な成分だと感じました!


VOCEST! 宮崎真梨子
友利先生
友利先生

スキンケアの時間がなかなかとれなくても、食後にパッと飲むことはできる。忙しい女性にこそ、積極的に摂ってほしいですね!


一同

すごく勉強になりました。ありがとうございます!


美肌でも健康でも、大人にとって味方になってくれる「L-システイン」は、今すぐ始めなきゃもったいない! 毎日しっかり続けることで、内側からの透明感、そして疲れにくい健やかな体を目指しましょう。

L-システインに興味が湧いたら

提供/ハイチオール
https://www.ssp.co.jp/hythiol/

撮影/当瀬真衣(TRIBAL) ヘアメイク/鈴木京子(友利先生分) 取材・文/橋場鈴里 構成/西村美名子

Edited by VOCE編集部