1. 【奥二重の悩み克服】美のプロが実践するシャドウ技とは?

2017.02.10

【奥二重の悩み克服】美のプロが実践するシャドウ技とは?

奥二重、一重のお悩みを解消すべく美のプロに徹底取材!メイクのプロ、コスメのプロが自ら努力して生み出した目からウロコのテク&優秀すぎる相棒コスメをチェック。

【奥二重の悩み克服】美のプロが実践するシャドウ技とは?
鬼木 朋子
VOCEエディター
by 鬼木 朋子

シャドウ技で克服!

「アイメイクの勝負どころは、目尻と下まぶたです!彫り深な印象になれるパレットの新色は、本当に奥二重さん全員に猛プッシュできるほど優秀です」

教えてくれたのは

Image title

資生堂 PR 唐川舞奈さん
製品の情報を編集者やライターに紹介する、PRを担当。目の形は全体的に二重幅が狭く、目頭側がつぶれている末広がりの奥二重。

使ったのはコレ!

インテグレート,スポッツコンシーラー,資生堂

A 目もとを明るく。インテグレート スポッツコンシーラー ①SPF13・PA++ ¥800(編集部調べ、2/21発売)/資生堂

ベネフィーク,セオティスマートアイライナー,資生堂

B くっきり発色。ベネフィーク セオティスマートアイライナー BR88 ¥2500(編集部調べ)/資生堂

マキアージュ,ドラマティックムードアイズ,資生堂

C 赤みブラウンのパレット。マキアージュ ドラマティックムードアイズ BR616 ¥3000(編集部調べ、3/21発売)/資生堂

HOW TO

1.目元を明るくする

Image title

コンシーラーでクマとくすみをカバーしたあと、パレット上を上下のまぶたに。ツヤ感をプラスする。

2.目尻側はシャドウを広めに

Image title

アイホールにパレット中央左のベージュを。ツヤによる立体感を引き出すべく眉尻ラインまで広めに。

3.下まぶたも広めにのせる

Image title

同じ色を下まぶたに。ここは涙袋よりもやや広めにのせるのがカギ。光の効果でぷっくり感がアップ!

4.カゲ色を目尻中心に

Image title

パレット中央右のブラウンを目尻から目頭に向けてすっとのせて、上まぶたの引き締め効果を狙う。

5.まつ毛のすき間を埋める

Image title

ジェルライナーでインサイドラインを。まつ毛のすき間を念入りに埋めることで目の輪郭を強調する。

6.クリームライナーを長く

Image title

パレット下のクリームライナーを黒目の上から目尻に向けてのせる。骨にあたるところまで長めに!

BEFORE→AFTERはこちら!

Image title

目の輪郭はキレイ。目頭側が切れ込んで見えるので、すっぴんだとシャープな印象に。

Image title

目が全体的に横長に広がった。上下まぶたを明るくしたのでふっくら。ほんのり色っぽく。

撮影:押尾健太郎(人物)、伊藤泰寛(商品)、取材・文:丸岡彩子、構成:鬼木朋子

鬼木 朋子
鬼木 朋子
VOCEの美容班在籍。メイク記事のほか、ベストコスメ企画などを担当。「"朝型人間"目指してます」が、追い詰められると始発で出社することも。オイリードライ。ニキビができやすく、肌荒れ、毛穴……と悩み多き肌質です。