新作コスメ・プロの目チェック

美容ジャーナリスト・齋藤薫が驚愕したプチプラコスメとは?

2021.05.22

新作コスメ・プロの目チェック

最新コスメを美容のプロが徹底解説。ビューティジャーナリスト・齋藤薫さんが自ら新作コスメをお試し&レビュー!

新作コスメ・プロの目チェック

最新コスメを美容のプロが徹底解説。ビューティジャーナリスト・齋藤薫さんが自ら新作コスメをお試し&レビュー!

夏コスメはここからチェック!

教えてくれたのは…
齋藤 薫さん

ビューティジャーナリスト

齋藤 薫さん

美界のご意見番。本誌連載のほか、美容や女性をテーマに数多くの女性誌で執筆中。「You Tubeにあふれている睡眠用の音楽を流しつつ仕事をすると、めちゃ集中できます。お試しを」

QUALITY 1ST(5/22発売)

保湿効果も美容成分も密着性もパワーアップし、ベストセラーシートマスクが大幅リニューアル! さらに優しく、さらに潤い、ゆらぎ肌や敏感肌を徹底ケア。

恐るべきコスパに、トレンド成分贅沢配合でぶっちぎり

「同じクリームでも10万円から1000円まであるコスメ界で、さらなる価格差を感じるのがシートマスク。1枚1万円超えに、50枚1650円=1枚33円じゃ役割も意味もまったく違う、まるで別のアイテムだ。でも最大の驚きは、満足度は高級品とあまり遜色ないこと。大容量マスクとは思えないフィット感にキメの引き締まり感は見事だし、旬のCICAも含めて40成分配合、3分の急速保湿と進化も劇的。俄然本モノ感が増した。ここまでやってくれる化粧品の良心にひたすら感動」

ESTEE LAUDER(5/28発売)

エイジングケア初心者にうれしい、頼れる化粧水が登場! 乾燥やちりめんジワ、毛穴など、あらゆるエイジングサインにマルチに対応する化粧水で、ふっくらなめらかな肌へ。

とろみというより“クリーム的化粧水”。溺れる体験

「とろみのある化粧水は散々試したが、これは従来のとろみとは明らかに違う。単に濃密なだけでなく、とろみの質が紛れもなく進化を遂げている。クリームがローションになったような、今まで体験したことのないテクスチャー。しかも、のばした瞬間から吸いついてそのまま肌が出来上がっていく。その手際、その仕上がりがまさにクリームなのだ。化粧水なのにバリア層をしっかり強化していく働きも、肌で納得。化粧水が一番面白いアイテムである時代を象徴する逸品だ」

RMK(6/4発売)

潤いながら肌を磨き上げる、スパトリートメント発想のジェルスクラブが誕生。爽やかな香りに包まれると、肌も気持ちもアガる! この夏、贅沢なスキンケア体験を。

スクラブなのにこのいたわり感、涼やかさは一体何?

「スクラブの進化が目覚ましいのは承知しているはずなのに、それでも驚いてしまうこの進化。ネイビーブルーの涼やかさは、肌にのせると見た目以上。シトラスの香りも相まって“うっとりクール感”が半端じゃない。30秒パックした後、くるくるマッサージ。冷たいまま体温でとけていく不思議な感覚も新しい。気持ちがザワザワするときなどにあえて使うと心が落ち着く、五感に響くジェルスクラブは、まさにリゾートスパでプロの施術を受けている妄想を運ぶ絶品」

CLARINS(6/18発売)

むくみのエキスパート、クラランスの人気No.1アイセラムが待望のリニューアル! 植物のパワーが詰まった新成分、新アプリケーター、新メソッドですっきりとした目元に。

本気のアイケアはアジア人の厚いまぶた、やつれまぶたにも!

「アイケアもいよいよ細分化の時代。シワもたるみも腫れもむくみも、がアイケアとはいえ、複雑な目元の構造、微妙に異なる個々の悩みに迫るスペシャリストが続々登場。中でもとくに難易度の高い、アジア人特有の厚ぼったいまぶたをすっきりさせる360度ケアが登場。上下のまぶたをひんやりプレスするようなアプリケーターで目元を軽やかにし、逆にやつれたようなまぶたはピンとさせ、生き生きとした印象をもたらす。水循環トラブルにも目の酷使にもぐるりと届く頼もしさ」

夏コスメをもっとチェック!

新作コスメはこちらからチェック!

撮影/高橋一輝(近藤スタジオ) 取材・文・構成/寺田奈巳

Edited by 中田 優子