これがワタシの生きる道

【ぼる塾・田辺智加】好きなものを突き詰めたら、仕事も友達も増えた

2021.06.04

【ぼる塾・田辺智加】好きなものを突き詰めたら、仕事も友達も増えた

人気急上昇中の「ぼる塾」のメンバーのひとり、ボケ担当の田辺智加さん。努力はしないけれど、好きなことにはどんどん突き進める、と語る田辺さんから、「好き!」や「推し」との向き合い方が見えてきます。

【ぼる塾・田辺智加】好きなものを突き詰めたら、仕事も友達も増えた

人気急上昇中の「ぼる塾」のメンバーのひとり、ボケ担当の田辺智加さん。努力はしないけれど、好きなことにはどんどん突き進める、と語る田辺さんから、「好き!」や「推し」との向き合い方が見えてきます。

「ひとりでも前に出られる」ことを
評価してもらえた

――ぼる塾って、現在、テレビでは3人で出ている姿を観るけれど、 実は産休中の酒寄さんとの4人組なんですよね。猫塾としんぼるが合流した話はけっこう聞くんですが、猫塾の相方となる酒寄さんとの出会いはどんなものだったんですか?

田辺「酒寄さんとの出会いについては、はっきりと覚えてますね。NSC(吉本興業が運営するお笑い養成所)に入りたての頃、私はあんまり群れてなかったので、友達もいなくてコンビも組んでなかったんです。ネタ見せの授業のときも、ひとりでネタを見せたほうがいいのか、もう少し待って相方ができてからのほうがいいのか悩んだんですけど、ひとりでも一旦、ネタ見せしてみようと思って、その授業に参加したんですね。でも、始まったらものの10秒でネタを忘れてしまって、先生に怒られてしまったんです。その様子を酒寄さんが見ていて、『この人はひとりでも前に出られる子なんだ』って思ってくれたみたいで、それで声をかけてくれたんです」

「ひとりでも前に出られる」ことを
評価してもらえた

――そのとき、酒寄さんもネタ見せをしていたんですか?

田辺「別のコンビでネタ見せしてました。ただ、そのときの相方が、別の学校に行きながらお笑いをやっていて、お笑いに集中できなかったみたいで。その解散をきっかけに、私と組むことになったんです」

酒寄さんは、旦那さんより
私を助けると言ってくれる人

――酒寄さんは、同期の中でどんなタイプでしたか?

田辺「すごく大人しいんですけど、内に秘めたものがあるというタイプでした。私たちがコンビを組んだときから、酒寄さんはお笑いに対してストイックで、『組んだからには一番になろう』って言ってました。私にはそういうところがなかったので、『この人についていこう』って思いました。最初のうちはクラスでの飲み会とかも多かったんですけど、私も酒寄さんも、あんまり行ってなくて。私と酒寄さんは、二人の絆を作ろうとしてたところが大きかったのかもしれないですね。それと、たぶん私たちだけ浮いてたということもあったのかも……」

――二人の絆のほうがNSCのときから重要だったんですね

田辺「そうですね。今も、私たちは誰よりも仲がいいと思います。前に、私と旦那さんが崖から落ちそうになったら、酒寄さんは迷わずに私を助けるって言ってました。その頃、私がまだ実家で暮らしてて、売れてない頃だったんですけど、酒寄さんが家を建てるときは、屋上に田辺さんの部屋を作るって(笑)。旦那さんもそうだねって言ってくれたみたいです」

次ページ
益若つばささんに憧れて
27歳で109で働くことを決意