吉岡里帆のポジティブトーク!

「実は太りやすいタイプです」【吉岡里帆】カラダも心も満たすのが、幸せオーラの秘訣!

2021.05.22

ハッピー感あふれる吉岡里帆さんの美ボディ。どうすればそんなカラダに?の秘密に迫ります!

ハッピー感あふれる吉岡里帆さんの美ボディ。どうすればそんなカラダに?の秘密に迫ります!

「細い=正義」から自由になろう! 今より“ちょっと”いいカラダ

ストイックなダイエットで自分を追い詰める必要なんてないんです。自分のありのままのカラダと向き合って、今より“ちょっと”頑張って、“ちょっと”好きになれたら充分! 心もカラダも健やかになれるメソッドをご紹介!

VOCE2021年7月号 吉岡里帆

自分を肯定してあげる、が秘訣! 吉岡里帆のボディポジティブ

見ているだけでハッピーになれる。吉岡里帆さんのボディにはそんな、ポジティブなオーラが宿ってる! いいところもダメなところも全肯定することで生まれるその魅力を徹底取材。

VOCE2021年7月号 吉岡里帆

“女性らしいけどスタミナのあるカラダが理想”

女性らしいフォルムとスタミナの共存がテーマ。柔らかさをキープするためにバッキバキに鍛えたりはしませんが、時間を見つけては30分~1時間のランニングを。スタミナがつくだけでなくむくみも驚くくらい取れるので、今日みたいなボディラインが出る衣装を着る前にもできる限り走ります。ただ“やらねば”と義務化するとストレスになるので、あくまでもできる範囲で。自分を追い込みすぎないことが大事!

VOCE2021年7月号 吉岡里帆

太りやすいのも個性。許してあげるダイエットをしてます

私って太りやすいタイプなんです。食べたらきちんと肉になっちゃう(笑)。でもだからといって「太りやすいから、食べちゃダメ」とは思いません。私は太ももやお尻はお肉がつきやすいけど、それも個性と許してあげて、痩せやすいウエストのケアを重点的に行いメリハリ強化。ボディメンテも絶対にココに行かねば!となるとストレスなので、ジム、整体、鍼、お家での自主トレなど選択肢をいくつも用意しておいて、そのときストレスなくできることを選ぶようにしています。

VOCE2021年7月号 吉岡里帆

食べたいものは食べる。その代わり、できる範囲の努力を

ストイックに節制するより幸せオーラを放っていたい

ダイエットをめちゃくちゃ頑張った時期もありました。3~4年くらい前かな、糖質、脂質、塩分、カフェインの4つをかなり制限した時期があったんです。そのかいあって、カラダのラインそのものはけっこうソリッドにはなれたけど、とにかく体力がもたない。疲れやすいし、なんだか貧相にもなってしまって……。そのときに思ったんですよね。VOCE読者の皆さんも同じだと思うのですが、お仕事とかいろいろ毎日頑張りながら私は生きてるのだから、もうそれだけで偉い! だからたとえ願った通りには痩せなくても、自分で自分のことを認めてあげればいいんだって。それに好きなものを食べてるときって、カラダも心も満たされて肌ツヤがよくなるし、表情だってイキイキと明るくなります。どんよりしてるよりずっといい。

もちろん、できる範囲の努力はします。常にちょっと細めのパンツを2~3本用意しておいて、それがキツくなってきたらちょっとだけ節制する、みたいな(笑)。あとは毎日のお風呂をひと工夫。せっかちゆえ、ぬるめのお湯にゆっくり……は絶対できないので、トレーナーさんに教えていただいた交代浴を毎日。43度くらいのあっつあつのお湯に1分浸かる、冷水シャワーを1分浴びるを何回も繰り返します。疲れが取れ、血行もめちゃくちゃよくなり、代謝も上がって自律神経も整い、いいことずくめ。これからも気持ちがヘルシーでいられることを優先して、カラダと向き合っていきたいですね。

VOCE2021年7月号 吉岡里帆

撮影/中村和孝 ヘアメイク/北原果(KiKi inc.) スタイリング/長張貴子 モデル/吉岡里帆 取材・文/中川知春

Edited by 松本 薫