1. iPhoneの悩み「容量不足」は簡単に解消できる

2017.02.28

iPhoneの悩み「容量不足」は簡単に解消できる

いつものように写真を撮って保存しようとしたら、突然訪れる「容量不足」。写真を撮るたびにいちいちデータを消すのは面倒。そんなiPhoneユーザーが今すぐに実行できる「容量不足解消」の方法をケータイジャーナリストの石野純也さんに教えていただきました。

iPhoneの悩み「容量不足」は簡単に解消できる
東洋経済オンライン
ビジネスニュースサイト
by 東洋経済オンライン

写真に音楽に動画にと、iPhoneにはデータがたまりがち。最新の機種になればなるほど、取り扱うデータのサイズも上がっている。たとえば、かつては200万画素だったカメラも、iPhone 6s、6s Plusでは1200万画素と、画素数は6倍になった。そのぶん、写真1枚1枚のデータサイズもアップしてしまうというわけだ。

特に、容量の小さなiPhoneを使っていると、ストレージ不足は死活問題になる。iPhone 6s、6s Plusは、最小構成が16ギガバイト(GB)。もともとインストールされているiOSにも容量を必要とするため、実際にユーザーが利用できるのは10GB強といったところだ。4K動画などを撮影していると、あっという間に容量が足りなくなってしまう。

写真や音楽をためすぎて、仕事のデータが保存できなくなるのは本末転倒。いざ使うときに容量が足りなくなり、どのデータを消そうか迷っていると、貴重な時間が過ぎてしまう。急いでいるときなどは、焦って大事なデータを消してしまう心配もありそうだ。

iPhoneは、普段から容量をつねに確保しておくことをオススメしたい。一方で、どうしても必要なデータだけで、ストレージがいっぱいになってしまうこともあるだろう。16GBなど、容量の小さなiPhoneを使っていればなおさらだ。今回は、そんな人のために、空き容量を作る裏技を紹介していく。

1.不要な写真は「一括削除」する

Image title

数あるiPhoneの機能の中で、ストレージを圧迫しやすいのが、写真や動画だ。シャッターを押すだけで気軽に撮れてしまうため、その感覚が薄いかもしれないが、iPhone 6s、6s Plusのカメラの画素数は1200万画素。1枚撮るだけで、データサイズは2メガバイト(MB)を超えることもある。100枚で200MB、1000枚で2GBにもなり、16GB版のiPhoneだとあっという間にストレージがなくなってしまう。動画だと、その傾向に拍車がかかる。

容量を確保するためには、まず、不要な写真を削除するところから始めたい。たとえば、「設定」の「写真とカメラ」にあるHDRに関する項目で、「通常の写真を残す」をオフにすると、HDR撮影時に保存する写真が1枚になる。ここでは、動画のサイズを落とすことも可能だ。

Image title

次ページ
不要な写真の削除方法は?