1. iPhoneの悩み「容量不足」は簡単に解消できる

2017.02.28

iPhoneの悩み「容量不足」は簡単に解消できる

いつものように写真を撮って保存しようとしたら、突然訪れる「容量不足」。写真を撮るたびにいちいちデータを消すのは面倒。そんなiPhoneユーザーが今すぐに実行できる「容量不足解消」の方法をケータイジャーナリストの石野純也さんに教えていただきました。

アプリのアンインストール(削除)はホーム画面からもできるが、どれが、どの程度のサイズかまではわからない。フォルダの中に隠れていて、探しづらいこともあるだろう。このようなときは、「設定」から、より容量の大きいアプリを削除したい。

「設定」の「一般」にある、「ストレージとiCloudの使用状況」を開き、「ストレージを管理」をタップすると、iPhoneにインストールしているアプリが、データサイズ順に表示される。上のほうにあり、かつ使っていないアプリほど、アンインストールした際に空くストレージの量が多くなる。

Image title


1GB超えのアプリはもちろんだが、数百MBのアプリを数本削除するだけでも、効果は大きい。使わないままになっているアプリがないかどうか、一度、この画面を開いてみるといいだろう。

3.たまった「キャッシュ」を小まめに削除

Image title

iPhoneのアプリには、本体とは別に、データをキャッシュ(ためる)しておく仕組みがある。わかりやすく言えば、Twitterアプリだと、本体はTwitterを閲覧するためのもので、各ツイートや写真などはキャッシュとなる。後者のことを、iPhoneでは「書類とデータ」と呼ぶ。

先に挙げた「ストレージとiCloudの使用状況」にある「ストレージを管理」するからは、この「書類とデータ」がどの程度たまっているのかも確認することができる。Twitterのように、いつの間にか写真などがたまってしまい、サイズが大きくなってしまうアプリもあるため、ストレージが少ないiPhoneを使っている場合は、小まめにここをチェックしておくといいだろう。

アプリによっては、設定からキャッシュを削除することもできるが、残念ながらその方法では削除できない場合もある。そのようなときは、原始的な方法だが1回アプリをアンインストールした後、再インストールすればいい。

また、Safariのように、どのようなデータがアプリに残されているのかが細かく表示される場合もある。Safariに関しては、リーディングリストのデータサイズが大きくなりがち。Webサイトを丸ごと保存して、オフラインでも見られるようにするからだ。

Image title


このリーディングリストのキャッシュを削除するには、「ストレージの管理」でSafariを開き、「編集」をタップした後、リーディングリストを削除すればいい。それぞれのデータサイズはそれほど大きくないかもしれないが、文字通り「チリも積もれば山となる」はずだ。

【著者プロフィール】
石野 純也(いしの じゅんや)


ケータイジャーナリスト。ウェブサイトや雑誌を中心に、執筆活動を行う。ネットワークから端末、コンテンツまで、モバイルに関する全レイヤーをカバーする。iPhone、スマートフォン関連の解説書なども、多数手がけている。

【関連記事】
iPhoneのネット接続を今より速くする裏技
iPhoneとiPadは「連携」すると真価を発揮する
iPhoneの最新通話機能は、知らないと損する

この記事のカテゴリー