1. パリジェンヌ御用達、花粉で敏感になった肌のレスキューコスメとは?

2017.03.19

パリジェンヌ御用達、花粉で敏感になった肌のレスキューコスメとは?

なぜか「ヨーロッパは花粉症が出ない」と思われがちですが、いえいえ、思いっきり花粉、飛んでます!春先、アレルギーで敏感に傾いた肌を、パリジェンヌたちはどうやってケアしているのか……実は誰もが持っていると言っていい、国民的3ブランドの存在がありました!

パリジェンヌ御用達、花粉で敏感になった肌のレスキューコスメとは?
井筒 麻三子
ライター・エディター
by 井筒 麻三子

パリジェンヌも花粉症には悩まされている!

Image title

パリコレが開催されるこの時期は日本からも人が多く渡仏するのですが、よく耳にするのは「パリに来たら花粉症から解放されると思ったのに、全然治らない?」というコメント。そうなんです、残念ながらパリでも春先から花粉が飛び始め、アレルギー反応がある人は下手をすると、9月くらいまで続くそう。フランスではマスクをする人がほとんどいないので、イメージがないだけかもしれませんね。

敏感肌にも支持される、フランス3ブランドとは

Image title

もともと日本より乾燥の激しい気候のため、肌はどうしても敏感になりがち。さらに花粉の影響も加わると、赤みやかゆみが出たりと、肌の調子がグンと悪くなる人が増加します。そんな時パリジェンヌたちが頼るのが、どんな田舎のファーマシーでも売っている、アベンヌ、ユリアージュ、そしてラ ロッシュ ポゼです。

医師の信頼度No.1
アベンヌ

Image title

日本でも、敏感肌用のコスメとしてお馴染みのブランドばかりだと思いますが、中でもアベンヌの頼られ度はかなりのもの。湿疹やアトピーなどの症状が出て皮膚科で受診しても、多くはアベンヌのアイテムが処方されるほどです。

乾燥とかゆみ対策には
ユリアージュ

Image title

対してユリアージュは、ミネラル成分が豊富に含まれているということで、乾燥度合いが激しく、かゆみが出がちな人に人気。ニキビケアにも有効なので「敏感になっているけれど吹き出物も心配」だからと使う、若い女性も多いそう。

敏感肌でも機能を追求したい人は
ラ ロッシュ ポゼ

Image title

そしてラ ロッシュ ポゼは、抗酸化力がより高いとされているので、敏感肌をケアしつつも、アンチエイジング力も欲しいという欲張りさんからの支持を集めています。

実際筆者も、乾燥と花粉のせいか全身から湿疹のようなものが出来たのですが、医者から処方されたアベンヌを使ったら数日で収まって、ビックリ。
イヤ~な花粉の時期を少しでも快適に過ごすには、正直地味だけれど安心な3ブランドを、お守りコスメ的に持っておくと安心かもしれません!

井筒 麻三子
井筒 麻三子
エディター&ライター。もとは美容中心だったものの、今や旅や著名人のインタビューページと、何でもアリのオールラウンドに活躍。25ans編集部等を経たのち独立。さらにヨーロッパに移住すべく、2011〜2013年に英国で生活、2014年よりパリ生活をスタート。VOCEを始め、さまざまな雑誌でゆるりとお仕事中。ミモレブログ(http://mi-mollet.com/category/blog-izutsu)随時更新。インスタグラム(@mamigorota)でも日々のことをUPしています。

記事ランキング

あなたにオススメの記事

最新号

VOCE 1月号

1月号を立ち読みする!

最新号の内容を見る

VOCEアプリ

VOCE APP

記事をサクサクCHECK!

ダウンロードはこちら