痩せるためには脳を変えろ!

失敗しない【痩せ】の鍵は脳にあり!最新【脳ダイエット】BEST2

2021.06.08

失敗しない【痩せ】の鍵は脳にあり!最新【脳ダイエット】BEST2

痩せられないのは脳のせいだった!? 痩せ成功者と脳ダイエットの専門家が語る、絶対に成功するカラダも心も軽くなるダイエット!

失敗しない【痩せ】の鍵は脳にあり!最新【脳ダイエット】BEST2

痩せられないのは脳のせいだった!? 痩せ成功者と脳ダイエットの専門家が語る、絶対に成功するカラダも心も軽くなるダイエット!

【脳ダイエット・目次】

【デブ脳】に勝つ、たった3つのコツ!【痩せ脳】を味方にするダイエット

ひとは脳に豚を飼っている!?【痩せ脳】で絶対成功する【整形級ダイエット】

お話を伺ったのは…
 奥田弘美先生

精神科医

奥田弘美先生

多数の健康スリムな人々のインタビューをもとに「脳ダイエット」の理論を確立。著書は『何をやっても痩せないのは脳の使い方をまちがえていたから』(扶桑社)ほか。

悪いのはあなたじゃない! 痩せられないのはぜ~んぶ脳のせいだった!

「根性がないから」と自分を責める必要はない。痩せられないのは脳に棲む悪者のせい!? 脳ダイエットの専門家と大量痩せ成功者から読み解く、心が軽くなる脳ダイエットを公開。

春輝さん

まちがい脳が引き起こすデブ行動の正体はこれ!

【デブ行動1】甘いものがやめられない

●WHY?→血糖値が急上昇し一瞬幸福な気分になる

「甘いものを食べると血糖値が急上昇し、脳の快楽を感じる部分が刺激されて、一瞬ですが幸福な気分を感じます。そのハイな気分がクセになってストレスのある人ほど、甘いものにはまりやすい傾向に」(奥田弘美先生・以下同)

【デブ行動2】口さみしいから食べちゃう

●WHY?→空腹の感覚を忘れている

「『口さみしい』はニセの食欲。お腹が空いた感覚に鈍感になっているので、少し血糖値が下がると何かを口にしないと落ち着かなくなります。ニセ食欲を感じたら、すぐに食べるのではなく、運動、歯磨き、歌を歌うなどして数十分ほど我慢すると収まるでしょう」

【デブ行動3】イライラを食べることで紛らわせる

●WHY?→てっとり早い解決法食欲に逃げているから

「人間の3大快楽は、睡眠欲、食欲、性欲。ストレスをてっとり早く解決できるのが食べること。また、ストレスを抱えるほど、コルチゾールという抗ストレスホルモンが放出され、無性に食べたい衝動にかられると同時に脂肪をため込みやすくなるという悪循環に」

【デブ行動4】食べちゃダメと思うほど食べずにはいられない!

●WHY?→脳は禁止するほど逆にそれが気になる仕組み

「人間の脳は『〇〇しちゃいけない』と思うほど、〇〇が気になって仕方なくなるという奇妙な性質を持っています。『食べちゃダメ』と、食べたい欲求を我慢すればするほど、食べ物のことが気になるのは仕方がないのです」

脳を変える解決法

食べる自分を離れて見る

「衝動的な食欲を感じたら、『胃袋さん本当にお腹が空いている?』、とその食欲と自分を分けて考えて。自分の感情から一歩離れ、理性から働きかけると対処しやすくなります」

本当の“空腹”を知る

「健康スリムな人は、お腹が空いていないのに『時間だから』『みんなが食べるから』という理由で食べません。空腹を感じてから食べる習慣を身につけると、圧倒的に太りにくく」

食事は制限よりバランスに気をつける

「極端な糖質制限、断食など偏った食事は、禁止が強すぎて食べ物への執着が増える原因に。野菜→タンパク質→糖質の順に食べ、緩やかな糖質少な目のバランス栄養食がおすすめ」

こちらの記事をチェック▼

【デブ脳】に勝つ、たった3つのコツ!【痩せ脳】を味方にするダイエット

【デブ脳】に勝つ、たった3つのコツ!【痩せ脳】を味方にするダイエット

こちらの記事をチェック▼

ひとは脳に豚を飼っている!?【痩せ脳】で絶対成功する【整形級ダイエット】

ひとは脳に豚を飼っている!?【痩せ脳】で絶対成功する【整形級ダイエット】

撮影/岩谷優一(vale.) モデル/春輝(VOCEST!) 取材・文/山本美和 構成/山本美和、鬼木朋子

Edited by 岡部 奈央子