1. 【糖質×〇〇の組み合わせはデブまっしぐら⁉︎】あなたの食べ方は太るかも?

2017.04.25

【糖質×〇〇の組み合わせはデブまっしぐら⁉︎】あなたの食べ方は太るかも?

難しいルールがあるダイエット法にチャレンジして挫折を繰り返している人に朗報! 実はいつもの生活習慣をちょっとだけ変えるだけで、十分にヤセることは可能。そんな簡単ヤセ習慣をダイエットの達人たち指南します!

【糖質×〇〇の組み合わせはデブまっしぐら⁉︎】あなたの食べ方は太るかも?

ヤセるには糖質オフがいいことはわかっていても、なかなかできない、やり方がわからないという人、多いのでは? そこで簡単に実践するためのルールを公開!

【1】低糖質×高タンパク質×高脂質の組み合わせが鉄則

糖質を減らすと脂肪が燃えやすくなり、ヤセやすい!

Image title

ヤセたいならやはり減らすべきは糖質。「体内で糖質が不足すると脂肪がエネルギーとして使われる脂質代謝モードになるのでヤセやすくなります。ですから糖質を減らし、その分筋肉の材料となるタンパク質と、ホルモンの材料の脂質はしっかり摂るのが正解」(森拓郎さん)。写真のようにタンパク質と脂質が多い食事を。

【2】糖質×脂質は最悪コンビ。食べるな

糖質と脂質を一緒に摂るとどちらも体脂肪に!

Image title

糖質を摂り過ぎていると体が糖質をエネルギーとして使う糖質代謝モードになり、体脂肪は燃えずに蓄えられる一方に。「ですから糖質と脂質を一緒に摂ると、どちらも体脂肪として蓄積されるだけなので最悪。ケーキやパスタ、ラーメンなど、糖質と脂質が一緒になった食べ物は最も太るので避けること」(森さん)

【3】積極的にサラダは食べなくていい! 野菜神話から脱却せよ!!

野菜でお腹を満たすとタンパク質不足に

Image title

女性に多いのが、野菜を食べていればヤセると思い、野菜だけでお腹を満たしている人。「これでは代謝アップに必要なタンパク質が不足し、逆にヤセにくくなります。ビタミンやミネラルは代謝を助ける成分として欠かせませんが、肉、魚、卵などからも摂れます。野菜は付け合わせとしてとる程度でOK!」(森さん)  

【4】食べるときは水(=水分)を飲まない

水を飲みながら食べると満腹感が得られず過食する!

Image title

太っている人ほど、食事のときに水をたくさん飲んで、食べ物を流し込むように食べる傾向が。「これだと嚙む回数が減り、食べているという満足感が得られません。また、嚙む回数が減ると、脳の満腹中枢を刺激する働きがある唾液の分泌も減り、満腹感も感じにくいので食べ過ぎることに。食事中は水分をとらないようにしましょう」(森さん)

【5】一日、手のひら2枚分の肉や魚を摂ること

一日に自分の体重1㎏あたり1gのタンパク質摂取を

Image title

筋肉はエネルギーを大量に消費する器官で、その材料となるのがタンパク質。だからヤセるには不可欠。「摂る量は一日に自分の体重1㎏あたり1gが最低ライン。体重が50㎏なら最低50gは摂取を。肉や魚介類を一日に手のひら2 枚分(約200g)とるのが目安です。さらに卵や納豆や豆腐などからもタンパク質を摂ると理想的」(森さん)

教えてくれたのは

管理栄養士 足立香代子さん
料理研究家・編集者 柳澤英子さん
フィットネストレーナー 森 拓郎さん

撮影/伊藤泰寛(静物)、五十嵐真(料理) 取材・文/和田美穂 構成:芦田夏子