1. チーク位置がわからない、そんな悩みに目からウロコの驚きの答えが!

2017.04.29

チーク位置がわからない、そんな悩みに目からウロコの驚きの答えが!

「その人らしいキレイ、かわいい」を引き出すことで有名な、ヘアメイクアップアーティストの赤松絵利さん。モデルや女優もその腕に惚れこんで、老若男女問わず、指名が絶えません。そんな赤松さんに、自分のコンプレックスや、メイクへの苦手意識を変えてくれるテクニックを、教えてもらいました!

チーク位置がわからない、そんな悩みに目からウロコの驚きの答えが!

Q.チークを入れる位置がいつもわかりません。(30代・女性・会社員)


A.チークの位置に、正しい位置はありません。そのときなりたい印象で、チークを入れる場所を決めましょう。

「チークを入れる位置がわからない」という悩み、よく聞きます。でも人の顔は100人いたら100人それぞれ。なので、一つの正解はないのです。そのとき自分がなりたい印象に合わせて、位置を決めるのが一番しっくりくるのではないでしょうか? 誰と会うのか、どこに行くのか、といったシチュエーション、お洋服に合ったイメージをチークで作りましょう。

同じ色も入れ方でこんなに変わる!

キュート

Image title

チークは重心を低めにするとかわいい印象になります。小鼻のワキから卵形にいれましょう。

大人っぽい

Image title

かわいいのとは反対に、重心を高くして、頬骨の高いところから扇形に入れましょう。

ヘルシー

Image title

ヘルシーにみえるのは、かわいいと大人っぽいの中間。左右の小鼻のくぼみをつなげるように横長に入れて。

さまざまなメイクのお悩みがこの1冊で解決!

蒼井優さんら、自然体の美しさが魅力のモデル・女優さんを多数手がけている赤松絵利さん。そんな赤松さんのヘア&メイクのテクニックがつまった、まさに「美のバイブル」がこちら。洗顔、スキンケア、マッサージ、基本のメイク、ヘアケア、ヘアアレンジ、さまざまな悩みの解決法など、すべてがこの1冊でわかります。

Image title

『世界一シンプルなナチュラルメイクの教科書』
著者・赤松絵利
定価1500円(税別)