1. 【マヨネーズはダイエットの救世主⁉︎】エリンギ、もち麦……目からウロコのヤセる食べ物

2017.05.31

【マヨネーズはダイエットの救世主⁉︎】エリンギ、もち麦……目からウロコのヤセる食べ物

ヤセるには糖質オフがいいことはわかっていても、なかなかできない、やり方がわからないという人、多いのでは? そこで簡単に実践するためのルールを公開!

【マヨネーズはダイエットの救世主⁉︎】エリンギ、もち麦……目からウロコのヤセる食べ物

【1】もし糖質を食べたいなら当然順番を最後に!

Image title

糖質を最後にすれば血糖値の急上昇と食べ過ぎが防げる
糖質を食べたい場合、食べる順番に気をつければ多少太りにくくなる。「まず最初に野菜など食物繊維の多いものを摂って、次に肉や魚、卵などタンパク質の主菜、最後にごはんやパンなどの糖質を食べます。この順番なら血糖値の上昇が緩やかになり、糖質を食べる頃にはお腹がいっぱいになっているので食べ過ぎ防止効果も」(柳澤さん)

【2】残念ながらむしろフルーツは積極的に摂る必要なし

Image title

フルーツの果糖は体への吸収が早く、脂肪に変わりやすい
美容にいいからと朝食をフルーツだけにしている人も多いと思うが、これも逆に太る習慣。「フルーツに含まれる果糖は血糖値は上げにくいのですが、体への吸収が早く、中性脂肪として蓄積されやすい。ヤセたいときに積極的に摂る必要はありません。どうしても食べたいなら糖質の少ないアボカドを」(森さん)

【3】オーガニックは「糖質オフ」なわけではない

Image title

オーガニックの砂糖も小麦粉も糖質は糖質
オーガニックはとにかく体にいい!と思いがちだが、“オーガニック=ヤセる”ではない。「オーガニックの砂糖も、オーガニックの小麦粉も、糖質なので太ることに変わりはありません。地球には優しくても自分には優しくないのです。健康や環境のことを考えて摂るならいいですが、ヤセはしないのでそこを間違えないように」(森さん)

【4】ごはんにもち麦、パスタにエリンギ。ごまかされる価値あり

Image title

白米や麺の量を減らして、低糖質食材でかさ増し!
糖質をがっつり食べたいなら、白米や麺の量を減らし、代わりに糖質少なめの食材を加える“かさ増し”テクを。「白米に混ぜるならもち麦が◎。血糖値の上昇が緩やかになるうえプチプチした食感で満足感も大。パスタなら麺を半量にしてエリンギを混ぜれば普通のパスタと変わらない味と食感ながら糖質減に」(柳澤さん)

Image title

もち麦の場合は白米1合に40g程度のもち麦をミックス。パスタなら麺を半量にし、その分細く裂いたエリンギを混ぜる。意外と普通のごはんやパスタと変わらない味に。

【5】マヨネーズ万歳!!

Image title

糖質がゼロに近く満足度も高い優秀調味料!
マヨネーズというと、高カロリーなので太るイメージがあるが、それは古い認識。「マヨネーズは、実は糖質がゼロに近い優秀調味料。コクがあって満足感も高いのでむしろダイエット中におすすめです。ただしカロリーハーフのマヨネーズは糖質が加えられているので、普通のマヨネーズを選んで」(柳澤さん)

教えてくれたのは

管理栄養士 足立香代子さん
料理研究家・編集者 柳澤英子さん
フィットネストレーナー 森 拓郎さん

撮影/伊藤泰寛(静物)、五十嵐真(料理) 取材・文/和田美穂 構成/芦田夏子