1. ゆらぎ肌の赤み⇔美白との関係とは?【炎症はシミの原因に!?】

2017.05.15

ゆらぎ肌の赤み⇔美白との関係とは?【炎症はシミの原因に!?】

美白新製品は数多くあれど「何を選べばいいのかわからない」というアラサーの悩みに、美容家・小林ひろ美さんとビューティサイエンティスト・岡部美代治さんが立ち上がった!刑事と署長に扮し……美白事件と立ち向かい、アラサー肌を救う!

ゆらぎ肌の赤み⇔美白との関係とは?【炎症はシミの原因に!?】

美白と関係があるとのタレコミが……【消えない赤み事件】

Image title

ひろ美署長
小林ひろ美。美容家。美・ファイン研究所主宰。音羽警察署に異動し、署長に就任した美貌のキャリア。捜査が行き詰まると、独自の理論にもとづく美肌テクを伝授し、みよじ刑事の事件解決を応援する。
http://be-fine.co.jp

みよじ刑事
岡部美代治。ビューティサイエンティスト。VOCEですっかりおなじみのスキンケア刑事。現場100回を身上に、足で情報を集めつつ、これまでの経験に裏打ちされた鋭い推理で、難事件を解決している。
http://www.beautysci.jp

お悩み証言

◆ 肌にいつも赤みがある
◆ 赤い部分が色ムラになってきた
◆ ちょっとしたことで肌がゆらぐ

ひろ美署長「大気汚染とか環境のせいで肌に赤み=炎症が起きている人、多いわよね。ゴシゴシこすったり、過度に拭き取りするのも×」

みよじ刑事「炎症がメラニン生成指令となって、メラノサイトが過剰にメラニンをつくることも。つまり炎症がシミの資金源になってるんですよね」

ひろ美署長「赤みが消えないということは、美白を受け入れる前段階で肌の働きが止まっているということね。肌の健全な機能が人質にとられているようなもの」

みよじ刑事「一刻も早く、人質を解放しなければ。説得材料として炎症を抑える美白ケアを持って、ただちに立てこもり現場へ向かいます!」

Image title

赤っぽく、炎症を起こしている肌。炎症とはいっても、痛みやかゆみは感じないことも多いので、気がつかずに進行している可能性も。

ひろ美署長「炎症のせいで本来の機能を人質にとられ、美白が効かない状態にある肌を救出。炎症を刺激しない技を!」

みよじ刑事「シミの資金源、炎症を断つケアで組織を撲滅するぞ」

次ページ
→ 赤みは重大シミのもと!どうやってケアすればいいの!?