1. エラ張り&たれまぶたにサヨナラ!小顔になる簡単マッサージ

2017.05.30

エラ張り&たれまぶたにサヨナラ!小顔になる簡単マッサージ

デカ顔をつくる5つの顔悪をケアする「顔面筋」トレ。「顔を小さくしたい!」と切に願うなら、全員舌トレを! そして鏡を見ながら、エラ、あご、ほお骨、まぶたのどこが顔を大きく見せているのかを観察して、悩み別のケアを加えよう。1ヵ月後には思い通りの小顔に変身!

エラ張り&たれまぶたにサヨナラ!小顔になる簡単マッサージ

顔に整形級の革命をおこす!! 「顔面筋」トレ

鏡を見ながら、エラ、あご、ほお骨、まぶたのどこが顔を大きく見せているのかを観察して、悩み別のケアを加えよう。1ヵ月後には思い通りの小顔に変身!

「顔面筋」トレのやり方ルール

①デカ顔が気になる人は全員、舌トレを行う
「顔が大きい……」と悩む人の9割は舌筋群が衰えている状態。顔のフレームをキュッと引き締めて、顔のパーツを中央に寄せる舌トレは小顔づくりに必須! 3つのうち1つでもいいので続けよう。

②マッサージは外から内へ行う

Image title

通常の顔マッサージは、内から外へ、が基本。顔面筋トレの場合、笑う、噛む、話す時に、いつも外側に引っ張られている筋肉を内側に寄せてほぐすのが目的。そこで、マッサージは外側から内側へ刺激する。

食いしばりで横に張り出した筋肉をゆるめる【エラとり逆マッサージ】

何かを嚙む時に力が入る、ほおの側面にある咬筋。浅部は顔の表面から、深部は口の中から、ぐいぐい痛気持ちいい圧でさすることで、張りがとれて、エラ張り顔がスッキリ顔に。食いしばりグセのある人はバスタイムの習慣に!

【ココを刺激!】

Image title

①上と下の歯をギュッと嚙み合わせて咬筋を確認

Image title

上の歯と下の歯をギュッと嚙み合わせる。その時ふくらむところが咬筋のある場所。エラとり逆マッサージをする時にはここに手をあてて行う。

②ふくらんだ部分を鼻に向かって強めにさする

Image title

1でふくらんだ場所に両手の指の腹を押しあてる。耳の前から鼻に向かって、指に圧を加えながら動かして、強めに10回さする。硬い部分があれば回数を増やす。

③人さし指を口の奥に入れて咬筋の奥を強めにさする

Image title

1の位置に左手の指の腹を押しあてたまま、右手の人さし指を奥歯のほうまで押し込む。左手と右の人さし指で咬筋を挟んで人さし指で10回内側からさする。

④咬筋の前のほうを人さし指で強めにさする

Image title

3の位置から人さし指を少し手前にずらして、咬筋の前のほうを10回さする。3と4を反対側も同様に。爪が伸びていたら、医療用のゴム手袋をして行って。

目の上にたまった水分をとってデカ目づくり【まぶた寄せパチパチ】

まぶたが腫れて垂れると、目が小さく見え、顔も長く、メリハリのない印象に。目のまわりの筋肉に活を入れて、たまった水分の流れと血行を促進。まぶたスッキリのデカ目をつくる。

【ココを刺激!】

Image title

①眉の下を人さし指で中央に寄せながら押す

Image title

眉の下に人さし指をあてる。眉尻から眉頭に向かって、眉の下を顔の中央に寄せるように押す。指の位置を少しずつずらしながら、5回押す。

②人さし指で眉を持ち上げて目をパチパチする

Image title

眉の中央に人さし指をあて、眉を押しながら上に持ち上げたまま、目を閉じたり開いたり、パチパチ。5回、目の開閉をくり返す。

③人さし指で鼻の根元を挟んで中央にギュッと寄せる

Image title

目頭に両手の人さし指をあて、人さし指で鼻の根元を挟むように、中央に向かって押したら、10秒キープ。ちょっと痛いぐらいの力で。

④人さし指で眉頭を押し上げてキープ

Image title

眉頭に両手の人さし指をあてて目を閉じる。人さし指で眉頭を押しながら上に上げたら10秒キープ。仕上げにホットタオルで温めるのがオススメ。

私がやってみました

VOCEST! 079 辻岡奈保美さん

Image title

エラとり逆マッサージでエラがとれた!
「朝起きて、舌トレをやると顔の筋肉がどんどんほぐれていくのがわかりました。お風呂の中でエラとり逆マッサージを何回もくり返し行ううちに、エラの張りが軽減! まぶた寄せパチパチは仕事中にやると疲れ目がラクになって一石二鳥」

教えてくれたのは

さつま骨格矯正鍼灸整骨院・総院長 薩摩宗治先生
柔道整復師。施術前後でゆがみがとれて顔が変わると評判のさつま式矯正術。多くの著名人から厚い信頼を得ている。

撮影/伊藤泰寛(モデル)、浜村達也(取材) ヘアメイク/田中陽子(roraima) イラスト/河野悦子 デザイン/羽鳥光穂 構成・取材・文/山本美和