笹本恭平のコンサバメイク革命

ニキビ・シミ・クマ【トラブル別】コンシーラーの使い方

更新日:2021.07.15

ニキビ・シミ・クマ【トラブル別】コンシーラーの使い方

数々の女性誌にて引っ張りだこの人気ヘアメイクアップアーティスト・笹本恭平氏。今回は「ニキビ・シミ・クマ、トラブル別コンシーラーの使い方」レクチャー。

ニキビ・シミ・クマ【トラブル別】コンシーラーの使い方

数々の女性誌にて引っ張りだこの人気ヘアメイクアップアーティスト・笹本恭平氏。今回は「ニキビ・シミ・クマ、トラブル別コンシーラーの使い方」レクチャー。

「トラブルはピンポイントで隠せ」

教えてくれたのは…
笹本恭平

ヘアメイクアップアーティスト

笹本恭平

1982年生まれ、熊本県出身。2013年よりilumini.incに所属。卓越したセンスとオリジナリティ溢れる抜け感の作り方に定評があり、「笹本さんがヘアメイクをすると誰でも圧倒的にお洒落になる」と、ビューティ誌、ファッション誌ともにひっぱりだこの大人気ヘアメイクアップアーティスト。愛称はささにぃ。http://www.ilumini.jp/artist/kyohei_sasamoto.shtml

メイクで大事なのは、トラブル等、とにかく気になるところだけ触ること。気にならないところはわざわざ触らないことが重要です。やらなくていいことは徹底してやらなくていいのです。その最たるものは、ニキビ・シミ・クマ等のトラブルをやみくもに隠そうとすること。

ぽつんとできた頬のシミをカバーしようと、そのシミを中心とした広範囲にコンシーラーやファンデーションを重ねまくっていませんか? クマを隠したいからと、目のキワからクマにかけて、逆三角形にベッタリとコンシーラーを塗ってしまっていませんか? しかし、その方法だと、必然的に厚塗りになり、クマをキレイに隠すどころか、逆に目を小さく見せてしまっているとご存知でしたか? クマだけではなく、下まぶたのキワまでべったりコンシーラーでカバーしてしまうと、目が縮こまった印象になってしまうわ、立体感のないペタッとした顔つきになってしまうわ、あれこれ大変な事態に陥ってしまいます。

いくら悩みをカバーしたいからとベースメイクが分厚くなってしまっては、老けた印象を助長するだけ。肌は薄く、ツヤっぽく仕上げた方が圧倒的にフレッシュ。肝心なのは、ニキビ、シミ、クマなどは超ピンポイントでカバーして上げるだけでいいのです。

そこで、ニキビ、シミ、クマのトラベル別の効果的なコンシーラーの使い方をご紹介します。

【ニキビ、シミ、クマのトラブル別の効果的なコンシーラーの使い方】

01 ボコニキビは点と面で消す

肌の表面にボコッと飛び出ている3Dのニキビは肌に近い色のコンシーラーで撃退。炎症の周辺をカバーしたらニキビの上にダイレクトに“追い”コンシーラー!

ボコニキビは点と面で消す

1.スポンジで肌色に近い色を作る
水で濡らして絞ったスポンジでコンシーラーをブレンド。肌色に近いトーンを目指そう。

2.でっぱりが気になる部分にのせよう
肌色に近い色ができたら、スポンジの先端でニキビの上に面でチョンチョンとなじませる。

3.1と同じ色を綿棒でニキビの上に
1で作った色を綿棒の先端にとってニキビの上にチョンと点でなじませて、帳消しに!

02 赤ニキビはイエローで補整

できたての赤いニキビを見事に消し去ってくれるのは黄色のコンシーラー。補色だからこそできる見事な目くらましで、ニキビなんてなかったみたいな肌に。

赤ニキビはイエローで補整

1.黄色を細チップの先端にとる
使うのは黄色のコンシーラーのみ。カバーしたい部分にピンポイントでのせるには、細チップの先端が便利。

2.ニキビの上に小刻みになじませる
1を赤ニキビの上にチョンとのせて、まずはくるくる。そのあと、トントン。小刻みにチップを動かして一掃。

03 ニキビ跡には“首色”が効く

ニキビが治ったあと、悲しいかな色素沈着してしまった部分は周囲の肌色よりワントーン暗くなるのがお決まり。首の色に合わせた色みが補整にはちょうどいい。

ニキビ跡には“首色”が効く

1.混ぜて首の色と同じ色を作る
首の色に溶け込むように、パレットの色をブレンドしよう。濃い色:薄い色=2:1くらいが目安。

2.消したい部分に筆でのせる
筆の先端でニキビ跡の上を優しくトントン。溶け込む寸 近い色を作る前で動きを止めるとキレイに留まる。

04 シミは明るさで飛ばせ

憎きシミは、がっつりカバーするよりも光でカモフラするのが効果的。肌色より明るいトーンのコンシーラーをなじませれば存在感が驚くほど帳消しに。

シミは明るさで飛ばせ

1.シミの上に直接チョンとのせる
シミのカバーにオススメなのが、ちょっと明るめのスキントーン。シミが悪目立ちする部分にチョンとのせよう。

2.指でなじませて肌との境目をならす
シミとそのまわりの肌色の境目が自然になじむように、指でトントン。完全に溶け込む前に手を止めることが大切。

05 青グマはオレンジをクマの上にだけ!

色がはっきりしたトラブルは補色で迎え撃つのが正攻法。青グマのリーサルウェポンはオレンジ系のコンシーラーと心得ておけば、寝不足の朝も安心。

青グマはオレンジをクマの上にだけ!

1.チップでクマの上になじませる
コンシーラーをチップにとって手の甲で軽くしごく。量が調整できたらクマが一番濃い部分にチョンとのせよう。

2.指で広げて肌との境目をならす
コンシーラーをのせた部分を指でトントンなじませて肌に溶け込む寸前でストップ。目のキワまでは広げない。

06 茶グマは肌色より暗めの色で攻略せよ

肌色よりワントーン暗く、茶グマよりワントーン明るいコンシーラーを選ぶのが正解。あくまでナチュラルにカバーできるのがいいんです。

茶グマは肌色より暗めの色で攻略せよ

1.コンシーラーを手の甲でならす
コンシーラーを手の甲でなじませる。テクスチャーを緩めながら色を調整。

2.ブラシでクマの上に薄くなじませる
茶グマの上をコンシーラーで色づけていくようなイメージで繊細にトントン。

3.指でなじませたらフィニッシュ
2のコンシーラーが肌色にほどよく溶け込むように指でトントンなじませる。

笹本恭平さんのメイク論をもっと知りたい方はこちら!

<書籍紹介>コンサバメイク革命

撮影/菊地泰久(モデル)[vale.]、山口恵史(物) スタイリング/高木千智 ヘアメイク/笹本恭平[ilumini.inc] モデル/佐々木希(カバー)比留川游、佐藤晴美、井桁弘恵

Edited by VOCE編集部

公開日:2021.07.14