1. 【VOCEベストコスメ】上半期メイク部門1位まとめ【大発表!!】

2017.06.23

【VOCEベストコスメ】上半期メイク部門1位まとめ【大発表!!】

2017年上半期、美容のプロの心をわし掴みにしたコスメがついに決まる! 美容業界の顔ともいうべきプロ中のプロ53名が、VOCE読者のためにゼロから選んで厳正に採点。プロが感服した、今期を代表する珠玉のコスメはどこのブランドのどれ!?

【VOCEベストコスメ】上半期メイク部門1位まとめ【大発表!!】

【口紅部門◆第1位】

ディオール ディオール アディクト ラッカー スティック 877 ¥3900 /パルファン・クリスチャン・ディオール

ディオール アディクト ラッカー スティック

可愛さと女性らしさが共存するオシャレ色が王座に
鮮烈なリップが登場! とろけるように広がるツヤ、ポップでありながらエレガントな発色、フルイドのようななめらかさ……ディオールのエッセンスが存分に楽しめる口紅だ。1位を受賞したのは、広告ビジュアルで使用された877。「ターン ミー ディオール」という色名を持つ鮮やかなラズベリーレッドで主役級の唇が手に入る。

【グロス・リキッドルージュ部門◆第1位】

シャネル ルージュ ココ グロス 774 ¥3600

シャネル ルージュ ココ グロス

一本でも重ねても美しいグロスの真骨頂が魅せた
ベタつきなくつややかな仕上がりが楽しめる、新作のリップグロスが第1位を獲得。全部で21色がラインナップする中で審査員の心をわしづかみにしたのが774のゴールド。単色でも使えるけれど、オススメは口紅を塗ったあとのトップコート使い。揺らめくように輝くゴールドが唇をぷっくり見せ、品よくセンシュアルに仕立てあげる。

【下地・BB・CC部門◆第1位】

ランコム UV エクスペール BB SPF50・PA++++ 全2品 30ml ¥5800

ランコム UV エクスペール BB

鉄壁のガード力を誇るBBが第1位
大気汚染により、紫外線の中でもとくにUVAによるダメージが3.7倍増幅するというショッキングな知見が今回の商品の根底に。大気汚染、紫外線、酸化ストレス、炎症からきっちり肌を守り抜くアーバン シールド テクノロジーを搭載した。テクスチャーの軽さやカバー力の満足度も高く、文句のつけようのない仕上がりになる点もポイントだ。

【パウダリーファンデーション部門◆第1位】

シャネル ル ブラン コンパクト ラディアンス SPF25・PA+++ 全6色 ¥7500(レフィル¥6200)

シャネル ル ブラン コンパクト ラディアンス

清く正しい白肌が快適に続いていく
最優秀賞を獲得したファンデーション。驚くのは、パウダリーとは思えないしっとり加減。粉っぽさを感じさせず肌にピタリとなじむ使用感は、真夏でも肌を託せる確信が持てるほど。それもそのはず、このファンデはなんと気温や湿度の変化に対応してくれるから! 乾燥、毛穴、赤みが気にならない心地よい肌が続くなんて、幸せ!!

【リキッド・クリームファンデーション部門◆第1位】

アルビオン タイトフィルム ファンデーション PRO SPF32・PA+++ 全6色 30g ¥6000

アルビオン タイトフィルム ファンデーション PRO

小顔矯正ばりの引き締まり感で1位に! !
小顔ファンデ進化の一報に、美容のプロが歓喜! 納得の第1位の座を獲得した。進化のポイントは、肌温を利用して形状記憶効果を発揮するサーモ メモリーフィルミングポリマーを新たに配合した点。従来から配合されていたメモリーフィルミングポリマーとの合わせワザにより、肌を引き締め固定するリフトアップ効果が高まった。

【クッション・ジェルファンデーション部門◆第1位】

ランコム ブラン エクスペール クッションコンパクト H SPF50+・PA+++ 全5 色 ¥6500(レフィル1 個入り¥5200、2 個入り¥7200)

ランコム ブラン エクスペール クッションコンパクト H

大人のツヤ生肌を叶える仕上がりで納得の1位!
昨年の上半期ベストコスメでグランプリを獲得したランコムのクッションファンデーションが、さらに進化。ツヤ肌は欲しいけど、テカって見えそうでちょっと……というためらいを解消するべく、新たに揮発性エッセンシャルオイルを配合、AIRジェリキッドテクノロジーを誕生させた。大人仕様のツヤ生肌が手に入る仕上がりに高評価が集中!

【フェイスパウダー部門◆第1位】

エレガンス フェザー ヴェール SPF10・PA+ 全3 色 ¥7000/エレガンス コスメティックス

エレガンス フェザー ヴェール

軽やかな美肌のヴェールが他を圧倒!
ごくごく細かいパウダーで肌にのせると、まさしく溶け込むようになじんでいく。その触れ心地ときたら、いつまでもこのパウダーをつけていたいと思うほど。キメや毛穴の凹凸、さらにはくすみまでふわっとカバーして、仕上がりはほんのりツヤをたたえたハーフマット肌に。自分で自分の肌に見とれるほどの美肌ぶりで高得点を獲得!

【チーク部門◆第1位】

キッカ フローレスグロウ フラッシュブラッシュ 02 ¥5000/カネボウ化粧品

キッカ フローレスグロウ フラッシュブラッシュ

生命感がジワッとにじむ“体温”チークが勝利♡
まさに“体温”チークと言うべき仕上がりを叶えたキッカのクリームタイプが、堂々の1位獲得。チークはベースメイクの一部と考えるキッカならではの進化した薄膜仕上げや、湧き上がる生命感で頰が染まるようなごくリアルな血色感がプロを夢中に。クリアな色が長時間くすまないから、メイク直しができない日にも頼りになる。

【アイシャドウパレット部門◆第1位】

THREE アイディメンショナル クアッドパレット 03 ¥6000

THREE アイディメンショナル クアッドパレット

ナチュラルに陰影を仕込める4色に支持殺到
もっとも支持を集めたのはTHREEのパレット。4色すべてがまぶたにつややかになじむクリーミーなテクスチャーで、立体感をごくナチュラルに演出できると絶賛の嵐。単品ならヌーディに仕上がるし、ほかのアイカラーの前のベースにも。また、目元だけでなく、ハイライトやノーズシャドウなど、顔立ちの立体感操作にマルチに使える。

【単色アイシャドウ部門◆第1位】

コスメデコルテ AQ MW アイグロウ ジェム BR384 ¥2700

コスメデコルテ AQ MW アイグロウ ジェム

一色でキマる新ブラウンを手放せなくなるプロ続出
指でのばせてムラにもならず、重ねるほど陰影がアップ。そのうえ、一日中ヨレないキープ力まで備える機能性と濡れたような発色で大ブレイク中のアイグロウ ジェムが勝利。受賞したのは、レッドパールがチラチラ輝くモーヴブラウン。ただのブラウンで終わらない絶妙なニュアンスが心を摑んだ。この勢い、まだまだ止まらない!!

【アイライナー部門◆第1位】

シャネル スティロ ユー ウォータープルーフ 932 ¥3000

シャネル スティロ ユー ウォータープルーフ

女性を色っぽく見せる絶妙なオシャレ色
赤みカラー人気は今シーズンも継続中。黒より柔らかく、茶よりも女らしく仕上がる色として定番化。赤がやや控えめなこの色は、繊細な雰囲気だからアラサーでも無理なく使える。ほんのり赤みを感じさせるように全体を囲みラインにしてみても。

【マスカラ部門◆第1位】

ランコム グランディオーズ ウォータープルーフ 01 ¥4200

ランコム グランディオーズ ウォータープルーフ

クセになる使いやすさで見事に1位をゲット!
2015年の上半期、漆黒のスワンネックで美容業界を席巻したグランディオーズ。顔の輪郭に沿う独自設計はそのままに、水にもぐっと強くなった進化タイプが1位をゲットした。強さの秘密は、2種類の疎水性ポリマー。硬度の異なるワックスを組み合わせることで、長さもカールも、ボリュームもひと塗りで叶う。セパレート効果もバッチリ。

【ネイル部門◆第1位】

uka カラーベースコート ゼロ 2/0 ¥2000/uka Tokyo head office

uka カラーベースコート ゼロ

“手がキレイな人”になれる絶妙ヌード色が頂点に
丁寧なケアがポリシーのウカから生まれた美容液成分配合のベースコートがネイル部門を制覇! 爪だけでなく手全体をキレイに見せると大評判なのが、この淡い血色カラー。塗り重ねればカラーポリッシュにもなり、爪を強く健やかにするケア効果ももちろん万全。

【フレグランス部門◆第1位】

ミュウミュウ ロー ブルー オードパルファム 30ml ¥7800、50ml ¥10400、100ml ¥15000/ブルーベル・ジャパン

ミュウミュウ ロー ブルー オードパルファム

オシャレでモテる、無敵の“好感度”香水が誕生
ミュウミュウの2作目となるフレグランスは、みずみずしいすずらんを主役に、透明感あふれるハニーサックルと、パチョリから抽出した香料、アキガラウッドのビターな香りをプラス。清楚で爽やかだけど、ほんのりスパイシーなアクセントが効いたこのバランスは、男女問わずモテそうと注目の的に。今日はイイことありそうと心が弾む、ときめきの香りが王座を獲得。

【アイブロウ部門◆第1位】

SUQQU フレーミング アイブロウ リキッド ペン 全4色 ¥3000

SUQQU フレーミング アイブロウ リキッド ペン

リアルなニセ眉をつくるリキッドが大量得点
眉メイクへのこだわりはもはや当然の今期、優秀アイテムが続々登場する中で、1位に輝いたのはSUQQUのリキッドペン。毛の隙間や眉尻など毛の少ない部分にも、とにかく自然に毛流れを描き足せる、筆の細さ、シアーな発色、ツヤのある質感、すべてにプロが太鼓判。リキッドタイプは難しそう……と手が出せなかった人も安心して使える名品が誕生。

【プチプラ部門ベースメイク編◆第1位】

ケイト シークレットスキンメイカーゼロ (リキッド)SPF18・PA++ 全6色 30ml ¥1600(編集部調べ)/カネボウ化粧品

ケイト シークレットスキンメイカーゼロ

あえてのハイカバー発想で生まれた新感覚リキッド
思わず、なるほど!と唸ってしまう逆転発想ファンデが100点以上の大差で勝利。開発のヒントは、薄づきファンデではカバー力に満足できず、結局塗り重ねて厚づきになる、という声。カバー力の高いファンデで"隠したい"欲求を一気に満たし、あとからならせば厚みがゼロに。きちんとカバーされた厚塗り感のない美肌が完成する。

【プチプラ部門リップ&チーク編◆第1位】

ヴィセ アヴァン マルチスティック カラー 001 ¥1800(編集部調べ)/コーセー

Image title

肌にも唇にもなじむ絶妙な色で部門を制覇!
頰に唇に目元に、ほんのり血色感を与えるマルチスティックが1位になった。全6色のどれもが票を集めた中、肌なじみのいいローズカラーが高得点に。パール感がないのでさまざまな部位に使いやすいうえ、ベタッと色がつくのではなく、肌に溶け込むような仕上がりになるから、外出先でも手軽にお化粧直しが可能。美容液成分配合で大人にうれし

【プチプラ部門アイメイク編◆第1位】

ケイト スーパーシャープライナー EX BK-1 ¥1100(編集部調べ)/カネボウ化粧品

ケイト スーパーシャープライナー EX

抜群の描きやすさで文句なしのNo.1!
2位との差、約80点。点数が分散しがちなこの部門で、これだけの票を獲得。その理由は、文句のつけようのない機能性の高さにあったようだ。九角形で、さらにカッティングを施された持ち手。ぺんてる社との共同開発で生まれた、コシがあるのに柔らかな筆先。汗や水、皮脂にも負けない密着感。一度使えば手放せない、絶品ライナーここにあり。

≪2017上半期ベストコスメをチェック!≫

Image title

http://i-voce.jp/cosme/bestcosme/2017ss.html

撮影/菊地泰久(vale./人物)、伊藤泰寛、嶋田礼奈(静物) ヘアメイク/paku☆chan(Three PEACE) スタイリング/川﨑加織 モデル/比留川游、岸本セシル、藤野有理 取材・文/穴沢玲子、丸岡彩子、小池菜奈子 構成/鬼木朋子、与儀昇平