ベースメイクは下地で決まる!

くすみオフ、赤み対策etc.【お悩み別化粧下地】まとめ!

更新日:2021.07.15

化粧下地、普段は1本使いという人も、くすみや赤みが気になるならそのお悩みに合わせた下地をもう1つ追加してみるのがおすすめ! 一見手間がかかりそうだけれど、肌の仕上がりは格段にレベルアップ。メイクアップアーティストの佐伯裕介さんがレクチャーします。

化粧下地、普段は1本使いという人も、くすみや赤みが気になるならそのお悩みに合わせた下地をもう1つ追加してみるのがおすすめ! 一見手間がかかりそうだけれど、肌の仕上がりは格段にレベルアップ。メイクアップアーティストの佐伯裕介さんがレクチャーします。

目的に合わせて、いつもの下地にプラスオン

教えてくれたのは…
佐伯裕介さん

メイクアップアーティスト

佐伯裕介さん

Beauty Direction所属。美しい肌づくりに定評が。著書に『自分のままで圧倒的に美しい』(ダイヤモンド社)。

【トーンアップ】 “色”を感じないくらい極薄でつけて

「血色が悪く見える人や、乾燥肌でくすんで見える人はピンク系の下地をプラスしてトーンアップ。全体に重ねると白浮きして見えるので、目のまわりなどカサつきがちな部分に限定を」

A. エスプリーク エッセンス グロウ プライマー
B. THREE アドバンスド エシリアルスムース オペレーター プライマー

A. みずみずしいツヤ感とテカりにくさが両立した下地

B. 肌表面の細かい凹凸を整えて透明感と血色感をプラス

【赤み対策】 小鼻などピンポイント使いで赤み消し

「赤みは広範囲というよりも、小鼻や口角といった部分的に目立つ色ムラ。グリーン系の下地を必要に応じてプラスを。その場にとどまらせるイメージで、タップしながらのせて!」

C. N by ONLY MINERALS ミネラルトゥルーベース
D. イヴ・サンローラン トップ シークレット
インスタント トーンアップ

C. グリーンパールを配合して赤みやくすみを目立たせない

D. 顔料フリーでもグリーンの効果でクリーンな肌に!

【くすみオフ】 黄みの強い肌におすすめ

「肌が焼けやすい人やイエローベースの人は、影っぽいくすみが出がち。オレンジ系下地を、目のまわりのクマっぽく見える部分を中心にプラスすることで、血色がよく見えます」

E. カネボウ イーブンフィット プライマー
F. ジルスチュアート イルミネイティング セラムプライマー

E. 肌を暗く見せる青みの影をコントロールできる

F. ありそうでなかったコーラル系のカラー下地

【ハイライト使い】 ハイライト代わりに使うとメリハリ顔

「肌に透明感をもたらすラベンダー色は、ハイライト使いでメリハリ感を引き出す役目をまかせましょう。目の下にのせるのがおすすめです。目頭より内側から目尻に向けて塗って」

G. シュウウエムラ アンリミテッド ブロック:ブースター 
H. UVプラス 5P モイスチャライジング マルチ デイ スクリーン

G. アジア人特有の黄みを調整してきれいな素肌に見せる

H. 黄みを抑えながらパッと明るくトーンアップ

撮影/三宮幹史(人物)、藤本康介(静物)取材・文/丸岡彩子 構成/佐野桐子

Edited by 佐野 桐子

公開日:2021.07.13