1. 【インラインが必ず落ちる!!】落ちないアイメイクは〇〇ぎりぎりを狙って!!

2017.08.12

【インラインが必ず落ちる!!】落ちないアイメイクは〇〇ぎりぎりを狙って!!

「くずさないテク」のマエストロと言えば、今美界でも最も話題のHM長井かおりさんの右に出るモノなし。あらゆる手法を伝授してもらいました!

【インラインが必ず落ちる!!】落ちないアイメイクは〇〇ぎりぎりを狙って!!
河津 美咲
VOCEエディター&ライター
by 河津 美咲

Q.インラインが必ず落ちてしまいます!

A.粘膜ギリギリを下から狙って

Image title

「粘膜は落ちやすいので、その一歩手前ギリギリのまつ毛ギワを下から狙って描くのがコツです。下まぶたなら先にフェイスパウダーを重ねておけば、絶対に落ちない!」(長井かおりさん)

Image title

長井さん絶賛。圧倒的なロングラスティング効果。
ダブルウェア ステイイン プレイス アイ ペンシル 04 ¥2800/エスティ ローダー

Q.クマを隠したくて塗ったコンシーラーが気づけばシワシワに……。予防法や直し方は?

A.コンシーラーを使うからくずれるんです!

Image title

「コンシーラーを使う必要ナシ。ココだけ塗れば絶対にキレイに見える目の下の“美肌ゾーン”に二重、三重にファンデを盛って。くずれることもなく、クマもしっかり隠れます」(長井かおりさん)

Q.スポーツをする日はアイメイクを諦めるべき? 落ちないメイクってできますか?

A.ただのせるのではなく、圧をかけて密着させましょう

Image title

「普段はブラシを使う人もスポーツときはチップでメイクを。チップを縦に持ち、ペタペタと色を“置く”ように圧をかけながらのせるとしっかりフィックス可能」(長井かおりさん)

Q.上まぶたのアイシャドウが薄れてしまうのはどうすればいい?

A.クリームシャドウの上に同色系のパウダーを重ねて
「ウェット×粉体という重ねワザは発色をきちんと出すための鉄板テク。だからアイシャドウもクリームの上にパウダーを重ねて。落ちにくく、発色もUP」(長井かおりさん)

Image title

マルチアイカラー。
フィト アイ ツイスト 9 ¥4700/シスレージャパン

Image title

ふわりとまぶたに密着。
オンブル プルミエール プードゥル 10 ¥3900/シャネル

Q.アイシャドウのお直しってどうすればいい?

A.下は綿棒で取り除き、上は指でなじませるのが正解。

Image title

「上まぶたは薬指を横から当て、左右に動かしてくずれた土台をなめらかに整えるのがベスト。下はやはり綿棒でオフするのが◎。その上から新たにシャドウを塗って」(長井かおりさん)

Q.アイシャドウのお直しに最適な質感ってありますか?

A.マットは絶対にNG!パール入りの柔らかいパウダーが便利です
「パール系の淡いカラーを用意しておくとアイシャドウをなじませるのに便利。ピンク系がいいのでチークもおすすめ」(長井かおりさん)

Image title

カルト的人気を誇るナーズのチーク。ゴールドのきらめきを纏ったピーチピンク。
NARS ブラッシュ 4013N ¥3400/NARS JAPAN

Q.眉尻が必ず消えるのですが、どうすれば一日キープできますか?

A.1種類のアイテムで仕上げようとしないことが重要です!
「毛がないところはリキッドアイブロウ+パウダーを重ねて、スクリューブラシでぼかす+トップコート。それぞれの役割で3層重ねに。それで絶対に落ちない!」(長井かおりさん)

Image title

繊細な筆先。
フレーミング アイブロウ リキッド ペン 02 ¥3000/SUQQU

Image title

Wエンドで使いやすい。
アイブロー ディファイナー/アイグルーマー デュアルブラシ ¥4300/ボビイ ブラウン

Image title

汗・水・皮脂・こすれなど全方位ガード。
アイブローコート ¥1000/オルビス

Q.カラーライナーって落ちやすい気が……。落ちないための工夫ってできますか?

A.アナ スイがおすすめです
「コレはズバリ、モノ選びが重要です。おすすめのカラーライナーはアナ スイ。どうしても落ちる人はペンシルライナーの上に同系色のパウダーを重ねるとベスト」(長井かおりさん)

Image title

発色も輝きも抜群なうえ、落ちない!
ラスティング カラーアイライナー WP 400 ¥2200/アナ スイ コスメティックス

Q.落ちないメイクって肌への刺激が強そうだけど、オーガニックコスメは落ちやすい気がします……。

A.オーガニックでもテクニック次第で落ちにくくなります
「本気で長持ちさせたいなら、落ちにくいアイテムに頼るのがやはりベターです。でも工夫も大事。クリーム×パウダーという重ねワザなどは鉄板だから、トライしてみて」(長井かおりさん)

教えてくれたのは…

Image title

ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん

撮影/当瀬真衣(TRIVAL/人物)、武藤誠(静物) ヘアメイク/長井かおり モデル/田辺かほ 取材・文/前田美保 構成/河津美咲

河津 美咲
河津 美咲
すぐにゆらぐ肌質で、疲れやストレスがトラブルとして表れがちだけど、どんなコスメも臆さずトライするのがモットー。メイク、スキンケア、インナービューティまで美容全般が大好きで、最新コスメを試す瞬間が至福。読書と運動、そして寝ることが趣味の編集部最年少です!

記事ランキング

あなたにオススメの記事

この記事に登場したコスメ

最新号

VOCE 12月号

12月号を立ち読みする!

最新号の内容を見る

VOCEアプリ

VOCE APP

記事をサクサクCHECK!

ダウンロードはこちら