1. 【人気ヘアメイク・千吉良恵子さん発】肌色別!秋のブラウン攻略法

2017.08.24

【人気ヘアメイク・千吉良恵子さん発】肌色別!秋のブラウン攻略法

大好きなブラウンだからもっと似合わせたい! そのためには肌色によってベストなメイクを知ることが大切。あなたに合うブラウン、みつけてみませんか?

【人気ヘアメイク・千吉良恵子さん発】肌色別!秋のブラウン攻略法
藤平 奈那子
VOCEエディター
by 藤平 奈那子

肌色別の“似合わせブラウン”とは?

濃いブラウンシャドウだと、目元だけが強い印象になってしまう色薄肌。顔全体のメイクがつながっている感じを出すよう心がけて。今秋なら、シルバーなどの寒色系を合わせると、肌の透明感が際立ってステキです。一方、色によってはくすんで見えがちな健康肌は、ツヤを強調することで生き生き。黄み系カラーと相性がよく、また、黄緑など個性的な色との合わせがハマるのも健康肌の特権。

色薄肌の最旬ブラウンメイク攻略法

Image title

【色薄肌のお悩み】
✔ ブラウンをつけると影が濃く出て、虚弱な印象に
✔ ガッツリブラウンが肌から浮いてしまう
✔ 肌色が白くて、甘くなりがち

色薄肌のお悩みにアンサー!ブラウンメイクのための推しコスメ

Q.肌の透明感を強調するには?

Image title

A.シルバーと組み合わせて
「ブラウンにシルバーを合わせて、透明感や知的さを主張。その際、ラインは強くなりすぎないブラウンで」(千吉良さん)
サンク クルール 567 ¥7600/パルファン・クリスチャン・ディオール

Q.ハイライトやチークは何色がいい?

Image title

A.やはり青みを含むカラーを
「ブルーが混じったチークで美肌感をアップ。ハイライトに使うのも◎」
プリズム・ブラッシュ 08 ¥6300/パルファム ジバンシイ(9/1発売)

Q.ブラウンのなじみを上げたい!

Image title

A.締め色にネイビーをセレクト
「ネイビーなどのブルー系=ブラウンの黄みを打ち消すカラーで引き締めてみて」
オンブル プルミエール クレーム 818 ¥3900/シャネル(8/25発売)

Q.ブラウンリップが浮いてしまう

Image title

A.赤含みのボルドーブラウンを
「コントラストがつきすぎないボルドー系を。アイメイクも強めにしてバランスよく」
ラプソリュルージュ C 1988 ¥4000/ランコム(限定発売)

Q.薄肌ならではの色ってある?

Image title

A.色香漂う赤みブラウンにトライ!
「青み系を着こなせるのが色薄肌の特権! パープルがかった赤系ブラウンがオススメ。にじんだように入れると今風に」
リボンクチュール アイズ 19 ¥5000/ジルスチュアート ビューティ(9/1発売)

健康肌の最旬ブラウンメイク攻略法

Image title

【健康肌のお悩み】
✔しばしば顔全体がくすんで見える
✔色をのせても、うまく発色しないことがある
✔淡いトーンの色が似合いづらい

健康肌のお悩みにアンサー!ブラウンメイクのための推しコスメ

Q.くすまないブラウンを教えて

Image title

A.ツヤあり黄み系がベスト
「マット質感はくすむのでNG。パールが効いたイエロー寄りブラウンなら肌になじみやすく、肌色も美しく見えます」
ケイト ブラウンシェードアイズN BR-2 ¥1200(編集部調べ)/カネボウ化粧品

Q.肌はどんな質感に仕上げる?

Image title

A.とにかくツヤを意識すべし
「健康肌の鬼門はマット。だから肌質もつややかに。パールコスメで光をまとって」
マスターストロビングスティック 01 ¥1000/メイベリン ニューヨーク

Q.定番ブラウンをランクアップしたい

Image title

A.黄緑などの遊びカラーを加えてみては
「実は個性的な色がなじむのが健康肌のよさ。黄み含みのグリーンやオレンジをプラスして」
フューチャーアイズ TH-02 ¥3000/RMK Division(限定発売)

Q.カラーラインを使うなら何色がいい?

Image title

A.カーキなどツヤがかった色を差して
「引き締めつつニュアンスを感じさせる黒っぽいカーキを」
ラスティング ソフト ジェルペンシル N ダークエメラルド ¥2600/シュウ ウエムラ(限定色)

Q.絶対似合う鉄板ブラウンは?

Image title

A.ブロンズ系のクリームシャドウ
「大胆なブロンズもやりすぎ感なくつけこなせます」
ディオールショウ メタライザー 548 ¥3100/パルファン・クリスチャン・ディオール(限定発売)

教えてくれたのは

千吉良恵子さん
cheek one主宰。独自の美意識に貫かれたメイクは本誌でもおなじみで、ハッピー感のある仕上がりと技の提案が読者に大人気。

撮影/天日恵美子(人物)、伊藤泰寛(静物) ヘアメイク/千吉良恵子(cheek one) スタイリング/川﨑加織 モデル/スミス楓、垣内彩未 取材・文/入江信子

藤平 奈那子
藤平 奈那子
インナードライのオイリー肌なのでスキンケアは保湿と油分のバランスに注力しつつ、根っからの小麦肌ゆえ、健康美肌道を模索&邁進中。メイクはファッションに合わせてリップの色で遊ぶのが好き。海外旅行とアウトドア、街歩きが好きなアクティブ派。