1. 【あなたの会社にも、こんな姿勢悪子はいない?】悪い姿勢を助長する生活習慣を探せ!!

2017.08.28

【あなたの会社にも、こんな姿勢悪子はいない?】悪い姿勢を助長する生活習慣を探せ!!

一日の1/3以上の時間を過ごすオフィス。この時間×最低5日間、悪い生活習慣を続ければ、当然姿勢が悪くなることは間違いナシ。「オフィスの生活習慣あるある」を自分自身の生活と比べてみて。もし思いあたったら、今日からその悪習慣から脱して姿勢美人を目指そう!

【あなたの会社にも、こんな姿勢悪子はいない?】悪い姿勢を助長する生活習慣を探せ!!

1.1日中高いハイヒールをはいて過ごす

Image title

ヒールをはくと体重が前に乗り、体勢を支えようと腰が反ってバランスをとるためにひざが曲がる。長時間の着用でその姿勢が慢性化。

2.ソファに座ってスマホをのぞき見

Image title

お尻が沈むソファは正しい座り姿勢をキープしづらい。そこでスマホをのぞき見れば、背中が丸くなり、内またに。

3.重い荷物をいつも同じ側で持つ

Image title

バッグはもちろん、特に重い荷物をいつも同じ側で持つのは、骨盤を歪ませる原因。バッグや荷物は左右交互に持つように心がけて。

4.腰をひねった状態でパソコン作業

Image title

机の端に資料が積まれ、反対側の隅にパソコンが追いやられて、ひねった姿勢で作業。いつも同じ方向に腰をひねるので骨盤が歪む。

5.背中を丸めてノートパソコンで作業

Image title

パソコンの液晶は目の高さにあるのがベスト。ノートパソコンだと、液晶をのぞき込むように見なければならず、背中が丸まって猫背に。

6.いつも同じ方を向いておしゃべり

Image title

上司にばれないよう、体は前、首だけ相手のほうを向くおしゃべりは体が歪む原因。時にはこっそり同僚と席を入れ替えて話そう。

7.机の下でいつも脚を組んでいる

Image title

脚を組む癖がある人はすでに体が歪んでいる可能性大。脚は組まないのが一番だが、もし組むなら、左右交互に組むようにしよう。

8.立つ時は片脚重心

Image title

どちらか片方の脚に体重をかけて立つ片脚重心は、姿勢を崩すもと。上司にお説教される時も姿勢美人を忘れずに。体の中心に重心を。

撮影/恩田亮一、柏原力 イラスト/ヤマサキミノリ 取材・文・構成/山本美和

《こちらもあわせてチェック!》
【肩こり、便秘、太りやすい】現代人を悩ます不調もみーんな悪い姿勢のせい!正しい姿勢で体が変わる!