1. 【ヘアメイク河北裕介×川口春奈】秋の定番ネイビーニットにはボルドーリップが美人見え!

2017.09.02

【ヘアメイク河北裕介×川口春奈】秋の定番ネイビーニットにはボルドーリップが美人見え!

どんなに外が暑くても心はもう、次の季節へ。この秋の注目ファッションにはどんなメイクを合わせるべきか? おしゃれと美しさを両立させる天才、河北裕介氏がその秘訣を伝授。

【ヘアメイク河北裕介×川口春奈】秋の定番ネイビーニットにはボルドーリップが美人見え!
藤平 奈那子
VOCEエディター
by 藤平 奈那子

ネイビータートルニット×印象プラム色リップ

タートルのネイビーに合わせて、リップに青みカラーであるボルドーを投入。こういうくっきりとした強い色を唇に持ってくることで、人をハッとさせる鮮烈な印象を作れるし個性的なボトムとも好相性。

ネイビーとボルドー。“青み”で繋いだ色合わせなら女の格が一段と上がる

Image title

使ったのはこちら!

オンブル プルミエール クレーム

◆発色を自在に操れるクリームシャドウ
さらりと塗ればシアーに、ブラシでのせれば深みも出せるクリーム系。814はピンク系の
ブラウン。
オンブル プルミエール クレーム 814 ¥3900/シャネル

ルージュ ディオール

◆こっくりとした色みで淑女な印象を作るリップ
鮮やかなボルドーに唇を染め上げる。直塗りすればまろやかなツヤも。
ルージュ ディオール 781 ¥4200/パルファン・クリスチャン・ディオール(限定発売)

ピンク系ブラウンでまぶたに深みを出す

「唇に強い色を使うときに、目元をヌーディにすると夏っぽくなっちゃう。秋冬はピンク系ブラウンのクリームシャドウをアイホールのキワから上にむかってワイパーみたいに動かしながら広げて深みを出そう。繊細なラメが入っているからほどよいヌケ感も出せるんだ」

血色は唇オンリーノーチークで潔く!

Image title

「今回みたいなメイクのときにチークを効かせると、ヘルシーになりすぎちゃうし、肌がくすんで見える恐れも。そもそも、リップの強い色が美白効果をもたらすから、チークを塗らずとも顔色は冴える。メイクの"こうでなきゃ"という常識を取っ払うことも、時には必要だよ」

ダークなボルドーはくっきり塗るが正解!

Image title

「こういったドラマティックなカラーは、臆さずくっきりと塗った方が絶対にかっこいい。ちなみに、濃いリップははみ出すとすごくだらしなく見えるから、ブラシを使ってきちんと唇の輪郭を取ること。内側は直塗りしてツヤを出して、スカートの光沢とさりげなくリンク」

撮影/竹内裕二(BALLPARK /人物)、伊藤泰寛(静物) ヘアメイク/河北裕介 スタイリング/木津明子 取材・文/中川知春

藤平 奈那子
藤平 奈那子
インナードライのオイリー肌なのでスキンケアは保湿と油分のバランスに注力しつつ、根っからの小麦肌ゆえ、健康美肌道を模索&邁進中。メイクはファッションに合わせてリップの色で遊ぶのが好き。海外旅行とアウトドア、街歩きが好きなアクティブ派。