1. 【小顔革命を起こす!】さつま流マッサージ&セルフケア全まとめ

2017.12.19

【小顔革命を起こす!】さつま流マッサージ&セルフケア全まとめ

鏡を見ながら、エラ、あご、ほお骨、まぶたのどこが顔を大きく見せているのかを観察して、悩み別のケアを加えよう。1ヵ月後には思い通りの小顔に変身!

【小顔革命を起こす!】さつま流マッサージ&セルフケア全まとめ

小顔になれる「顔面筋」トレのやり方ルール

①デカ顔が気になる人は全員、舌トレを行う
「顔が大きい……」と悩む人の9割は舌筋群が衰えている状態。顔のフレームをキュッと引き締めて、顔のパーツを中央に寄せる舌トレは小顔づくりに必須! 3つのうち1つでもいいので続けよう。

②マッサージは外から内へ行う

Image title

通常の顔マッサージは、内から外へ、が基本。顔面筋トレの場合、笑う、噛む、話す時に、いつも外側に引っ張られている筋肉を内側に寄せてほぐすのが目的。そこで、マッサージは外側から内側へ刺激する。

小顔の大敵!二重あご、短い首はこのマッサージで解決!【あご寄せ 逆 マッサージ】

首の筋肉が硬くなると、あごが下に引っ張られ、あごが首に埋まって、首は短く、たるんだ二重あごに。体が細くても、太って見えてしまう。あご&首のケアでシャープなフェイスラインに!

【ココを刺激】

Image title

①首筋の筋肉と筋膜を横と縦に細かくつまむ

Image title

首を横にひねった時に浮き出る筋肉と筋膜の上を両手の人さし指と親指で横につまむ。上下に指の位置を動かして10回つまんだら、さらに縦に10回つまむ。

②手のひらの付け根であごを挟んで押し上げる

Image title

あごを上げ、手のひらの付け根であごを挟む。あごを持ち上げるように力を入れながら、両手のつけ根であごを斜め前に押し上げて10秒キープ。

③ほおの側面に両手をあてフェイスラインを中央に押す

Image title

ほおの側面に両手をあてる。手のひら同士を近づけるようなイメージで、フェイスラインを鼻に向かって押し込んで、10秒キープ。

④首の後ろを指の腹で押す

Image title

首の後ろに両手の指の腹をあてる。首の皮を真ん中に寄せるように、指の位置をずらしながら、首の後ろを5回押す。ホットタオルで温めるとさらにほぐれる。


小顔にはほお骨押し込み!張り出したほお骨を前に出して立体顔

横に張り出したほお骨の位置を中央に寄せると、顔の幅が狭くなって小顔に!ほお骨を中央に寄せる逆マッサージと、ほお骨の位置を左右するそしゃく筋群を動かす耳のマッサージで、目指せ卵形フェイス!

【ココを刺激】

Image title

①指の腹でほお骨を押しながら指を内側へスライドする

Image title

ほお骨の上に両手の指の腹をあてる。ほお骨を押したまま、皮膚を鼻のほうに寄せるように外側から内側に向かって、5回指をスライドする。

②手のひらの付け根でほお骨を中央に押し込む

Image title

両手の付け根をほお骨の側面にあてたら、顔の前で両手の指を組む。手のひらの付け根で、左右のほお骨を鼻に向けて押し込んだら、10秒キープ。

③耳を引っ張って前後に大きく回す

Image title

両手で耳をつかんだら、耳を引っ張りながら、前に大きく10回回す。同様に大きく後ろへ10回回す。顔の血行がよくなり、むくみもとれる。

④耳をつかんで前後に大きく倒す

Image title

両手で耳をつかんで引っ張る。そのまま、耳を前と後ろに交互にゆっくり倒す。できるだけ大きく動かしたほうが、顔面筋を効率よく刺激できる。

私がやってみました

VOCEST! 068 佐々木美穂さん

Image title

手で触った時の顔の大きさが小さくなった!
「あごを引きすぎて首が短くなっていると薩摩先生から言われ、あごを上げる姿勢を習慣に。ほお骨押し込みとあご寄せ逆マッサージを中心に行っていたら、顔を手で包み込んだ時に手の中に顔がおさまる感じ。顔が小さくなった気がします」

小顔にはベロを動かす!舌を動かして筋肉をほぐす【舌トレ】

舌をできるだけ大きく外に出して動かすのがコツ。最初は少ししか舌が出なくても、徐々に舌がぐっと伸びるようになる。顔あごを上げて、視線 の血行もよくなり肌に透明感も!

●行う時の姿勢も大事

Image title

片手で反対側の手首を持って、両手を後ろに引いて胸を張る。この姿勢のまま舌ストレッチや舌ぐるりんを行うと首と胸の筋肉が伸びて、より効率よく舌筋群がストレッチされる。

①軽くあごを上げて舌を前に出す

Image title

あごを上げて、口を軽く開けたら、舌をできるだけ前にギューッと伸ばす。出しきったところで、10~30秒キープ。はじめは短めの秒数から、徐々に時間を延ばしていこう。

②あごを上げて舌を上に伸ばす

Image title

あごを上げて、視線を斜め上に向けながら、舌を上に向けて、ぐーっと伸ばす。舌先でできるだけ遠くをタッチするように伸ばしたら、10~30秒キープ。

③目と舌を右へ動かす

Image title

舌を右に向けて、できるだけ遠くへ伸ばす。その時、目も右を見るように動かそう。舌を伸ばしきったところで10~30秒キープ。

④舌を左にできるだけ遠くに伸ばす

Image title

次に舌を左に向け、できるだけ遠くに伸ばして、同時に目も左側の遠くを見るように動かしたら、10~30秒キープ。1~4を1日に何回やってもOK。

小顔にみせる!ほうれい線の予防に効果を発揮!【舌スイング】

小鼻の横と、口まわりの重要な筋肉が集まる口角の横とほおの間のポイントを舌先でタッチ。顔面筋が刺激されて、フェイスラインの引き締めに!

●舌をあてる位置はココ

Image title

ほうれい線のはじまりの小鼻横と、ほうれい線が深くなる口角横を舌で押すように左右に動かすことで、舌筋群刺激とほうれい線ケアが同時にできる。できるだけ遠い位置にタッチするのがポイント。

①口を閉じたまま、舌先を右の小鼻横にタッチ

Image title

口を閉じて、右の小鼻の横に人さし指をあて、そこを舌先でタッチするように舌を右上に動かす。口の中から指を持ち上げるようなイメージで。

②口を閉じたまま、左の小鼻の横に舌先をタッチ

Image title

次に人さし指を左の小鼻の横にあてる。その指を押し上げるように、口の中で舌を斜め左上に伸ばして、舌先で指をタッチ。右、左と交互にゆっくりと30回舌を動かす。

③口の中で舌を右ほおに向かって伸ばす

Image title

ほおをふくらまし、口角の延長線上で、右ほおのいちばんふくらんだところに人さし指をあてる。そこに向かって口の中で舌を右に伸ばし、舌先で人さし指をタッチ。

④口の中で舌を左ほおに向かって伸ばす

Image title

次に左の口角の延長線上で、左ほおのいちばんふくらんだところに人さし指をあてる。そこに向かって舌を左に伸ばして、舌先で人さし指をタッチ。3と4を左右交互に30回。

小顔にゆがみはNG! 歯茎を舌でなぞってあごのゆがみとり【舌ぐるりん】

口を閉じたまま、舌先で歯茎の表面をぐるりとなぞるように動かし、舌筋群をしっかりトレーニング。舌と一緒に目も動かすことで表情筋も刺激されてむくみとりに。

①舌と目を右回りに動かす

Image title

口を閉じ、舌を歯茎の外側にあてる。舌で歯茎をなぞるように動かし、舌と同じ方向に目も動かす。ゆっくりと右回りに10回動かそう。

②舌と目を左回りに動かす

Image title

口を閉じたまま舌で歯茎をなぞるように、左回りに10回舌をぐるりんと動かす。目の動きも舌の動きと同様に。10回がラクにできたら、徐々に回数を増やそう。

私がやってみました

Image title

エラがスッキリ!小顔になってやせた?と言われた
「はじめは舌トレ後のあごの疲労感にびっくり! 時間がある時に続けていたら、顔を触った時にエラのボコボコ感がなくなって、体重は変わっていないのに、「やせた?」って言われました。二重の幅も広がって、いろんなアイシャドウを試すのが楽しいです」

教えてくれたのは

さつま骨格矯正鍼灸整骨院・総院長 薩摩宗治先生
柔道整復師。施術前後でゆがみがとれて顔が変わると評判のさつま式矯正術。多くの著名人から厚い信頼を得ている。

撮影/伊藤泰寛(モデル)、浜村達也(取材) ヘアメイク/田中陽子(roraima) イラスト/河野悦子 構成・取材・文/山本美和