1. 綾瀬はるか「お尻と胸より、今は二の腕と背中なんです」【『奥様は、取り扱い注意』主演】

2017.10.04

綾瀬はるか「お尻と胸より、今は二の腕と背中なんです」【『奥様は、取り扱い注意』主演】

―オトナっぽさが進化中!ますます目が離せない― 約1年ぶりに表紙を飾った綾瀬はるかさん。透明感を湛えた肌も、その愛くるしい笑顔も、いつにも増して輝くほど。でも同時に、彼女からは周りを圧倒するほどの艶っぽさが溢れ出る―。VOCE読者とまったく同じ世代を生きる綾瀬さんから、その美しさの秘訣を学びたい。

綾瀬はるか「お尻と胸より、今は二の腕と背中なんです」【『奥様は、取り扱い注意』主演】
高橋 絵里子
VOCE副編集長
by 高橋 絵里子

美は一瞬にしてならず。そう気がついたから、ナマケモノは卒業かな(笑)

Image title

綾瀬さんの魅力のひとつに挙げられるのが、何でも包み込んでくれそうなふんわりとした柔らかい印象。でも今回はあえて衣裳に黒いタンクトップ×パンツスタイルを選んで、シャープでクールな"オトナっぽさ"に挑戦してもらった。そこで分かったのは、綾瀬さんの透き通るような美しさと佇まいは、彼女の肌だけでなくボディラインやボディの肌質感、そして姿勢の美しさからも放たれるということ。圧倒的なセクシーさに目が離せない。

Image title

「でも最近、二の腕から背中にかけての肉付きがちょっと30代っぽいかもって思っているんです(笑)。だから今はかなり筋トレに励んでいて。これまでは脚とかお尻、胸を強化していたんですけど、今は二の腕と背中も頑張っているところ。鍛えるだけではなくて、ストレッチもセットでやっています。でもカラダの後ろ側を鍛えようと思ったら前側も大事だから、結局全身って感じになっちゃっていますけど(笑)」と綾瀬さん。

ボディの変化は30代に入って気になり始めたそう。特に背中。「20代の間は筋トレなんてやらなくても背中のラインはシュッとしてキレイじゃないですか?それが急に『あれ、ちょっと丸みが出ておばあちゃんっぽくなってるかも!?』って気づき、コレはマズい!と思いました。美は一瞬にしてならず――。だから、継続が大切ですよね」

Image title

撮影の合間でも、サクッと背中のストレッチを始める綾瀬さん。努力を怠らない人―そんな印象だ。「いえいえ。基本的にはナマケモノです(笑)。作品中にアクションがあるからとか、ポヨポヨの腕だと作品的にNGだからとか、目標があると頑張るんですけど、やらなくていいなら全然やらないタイプ。でももう仕事だけじゃなく、プライベートでも積極的にカラダをつくらないとダメですね。20代と30代ではそこが大きく違っていて、意識しないと衰える一方だと痛感。一生筋トレと向き合う年齢に来ちゃいましたね。頑張ります(笑)」

綾瀬はるか/Haruka Ayase

1985年3月24日生まれ、広島県出身。2001年女優デビュー後、多数のドラマや映画に出演。10月から日本テレビ『奥様は、取り扱い注意』(水曜22:00~)に主演。ワケありの過去を持つ主婦を演じる。写真集『BREATH』(集英社)発売中。

高橋 絵里子
高橋 絵里子
VOCEビューティエディター&美容デスク。ラインナップや表紙レイアウトも担当するVOCEの大黒柱。メイク&取材ページを中心に担当。根っからのメイク大好き!子育ての息ぬきは、深夜の海外ドラマウォッチ♡ 肌質はオイリーに傾きがちな混合肌。