1. 【モテる子は全員香水を使っている!?】イケメン香水プロデューサーが語る「香水でモテる」ワザ

2017.10.30

【モテる子は全員香水を使っている!?】イケメン香水プロデューサーが語る「香水でモテる」ワザ

香水と「モテ」は切っても切れないもの。香水のプロであるフレグランスプロデューサーの石坂将さんに、一歩進んだ香水の使いこなし方や、男性視点のテクニックを伺いました。目から鱗の「モテ香水」論、必見です!

【モテる子は全員香水を使っている!?】イケメン香水プロデューサーが語る「香水でモテる」ワザ
佐野 桐子
VOCEエディター
by 佐野 桐子

安易なモテテクニックでは『サラダバーな女』に!?

「前編(【イケメン香水プロデューサーが斬る!】みんなの「モテ」はただの「万人受け」!?)では深みのある香水についてお伝えしましたが、モテるための香水選びは、ファッションに通じる部分があります。僕は男性なので、男性誌を読むことがあるんですが、例えば白シャツにデニムって、昔から王道のモテるコーディネートとして長年紹介されているスタイルなんですね。シンプルだからすぐマネできるし、誰にでも好印象を与えられる。女性で言うなら、ひと昔前の『白ワンピ』などは、そういう位置づけかもしれません。とりあえずそれを着ていればモテる、と言われるアイテムです。でも僕は、仮にそれで最初モテちゃったとしても、『その先どうするの?』って思ってしまう。ずっといろんな白シャツといろんなデニムを、永遠にローテーションしていくつもりなの?って。つまり、型どおりのモテテクニックに頼りすぎると、清潔感があって第一印象はいいのに、その先の『その人らしさ』や『奥深さ』が感じられない存在になってしまう可能性があるということです。料理に例えるなら、サラダがあって、前菜があって、メインディッシュがないイメージ。サラダや前菜は大切だけど、メインディッシュがないと物足りないですよね? だから、ただ好印象なだけの『サラダバーな女』じゃなくて、芯に個性を感じさせる『メインディッシュのある女』を目指すことが、恋愛において重要。香水も、その観点で選んでみてはいかがでしょうか」

香水のレイヤードで深みを出そう!

「そこで僕が提案しているのが、“レイヤード”と呼ばれるテクニックです。日中、職場や友人と会うときは、服に軽めで爽やかな香りをつけておく。そして、アフター5に大切な人と会うときは、体にコクのある香りを付け足す。つまり、香りの層を作って、立体的に香らせるということですね。製品にもよりますが、軽めのものは上着のよく動く部分など、揺れ動くところにやや多めにスプレーしてみましょう。(※)誰からも好印象が得られる、柑橘などの軽く透明感のある香りを選んでみてください。そして夕方以降に選ぶべきは、ムスクなどの濃厚さを含んだ香り。甘さや深みがあると、異性を強く惹きつけることができます。これから会う人が顔を近づけそうなところに、1〜2プッシュほどつければOK。時間とともに香り立ちが柔らかくなるので、会う30分くらい前につけるのがベストです。このレイヤードテクニックは、奥深さだけでなく、清潔感も演出できるんですね。一日の終盤で、清潔感が失われがちなアフター5という時間帯だからこそ、フレッシュな印象をキープしている女性に、男はグッとくるという仕掛け。ぜひ一度やってみてほしいテクニックです」

レイヤードフレグランス ボディスプレー レモンピール,セントネーションズ

「爽やかなレモンの香りは男女問わず使え、シーンを選びません」フレッシュで清涼感のある香り。酸味と甘さも含まれ、香りの立体感を楽しめる。レイヤードフレグランス ボディスプレー レモンピール 100ml ¥3800/セントネーションズ

レイヤードフレグランス ボディスプレー ホワイトムスク,セントネーションズ


「ややしっかりめにつけると、体温で甘い香りが引き立って濃厚さを楽しめます」ホワイトムスク、バニラ、ジャスミンが織りなす穏やかな香り。レイヤードフレグランス ボディスプレー ホワイトムスク 100ml ¥3800/セントネーションズ

結局、「柔軟な人」が一番モテる!

「個人的な話になりますが、僕は幼稚園から香水に興味を持ち始めるような、ちょっとませた子供でした。人からどう見られるか、幼い時から意識してきた部分があるので、モテている女の子のこともよく観察してきた方だと思います。そこで発見したのは、モテる人は『柔軟な人』だってこと。トライ&エラーを重ねて、自分を変化させている人はいつまでも素敵なんですよね。異性を惹きつける人に共通しているのは、変化を楽しんだり、周りの人の意見を素直に受け入れる柔軟性。頑なだったり、変化を拒んだり、昔のスタイルに固執している人は、モテからは遠くなりがち。そして、『モテている子は全員、香水を使っている』という事実もあります。僕の周りの魅力的な女の子で、香水を使っていない人はほとんど見たことないくらい。香水を使うことは、恋愛において強い武器をひとつ持つようなもの。だからこの記事を読んで、紹介されている香水をチェックしている人は、『柔軟性があって香水に興味がある』ってこと! 『モテ』を手に入れる日は近いかもしれません(笑)」

既存のテクニックとは一線を画す、石坂さんのモテ論はいかがでしたか? 香水を味方につければ、魅力的な女性になれる日は遠くないはず!

<<教えてくれたのは>>

石坂 将さん

Image title

フレグランスプロデューサー。セントネーションズ代表。香水ブランド「レイヤードフレグランス」の企画・開発に携わる。著名人とのコラボや講演、個人向けカウンセリングなどを通して、香水の魅力を伝えるべく活動中。

※シミになる可能性があるので衣類に香水を付けるときは目立たないところで試してから行ってください

佐野 桐子
佐野 桐子
オイリー寄りの普通肌。むくみや肌荒れ、赤みが気になる。コツコツ派で、本気のエイジングケアやオーガニック系も興味あり。趣味は音楽鑑賞、動物とふれあうこと。

記事ランキング

あなたにオススメの記事

この記事に登場したコスメ

最新号

VOCE 1月号

1月号を立ち読みする!

最新号の内容を見る

VOCEアプリ

VOCE APP

記事をサクサクCHECK!

ダウンロードはこちら